Now Loading...
ログイン
Cart

Wool Cotton Stripe Ramie Sleeve Jacket / Tabrik

Tabrikらしさ溢れるジャケット。

いつも通りの「らしい」切り替えデザイン。

でもいつも以上に不思議で「?」な切り替えですが

あまり深く考え込まずに色々着てみましょう。

 

 


Tabrik

Wool Cotton Stripe Ramie Sleeve Jacket

brown

Free ( one ) size

¥39,000+tax

 

 


今回の切り替えはどこにTabrik「らしい」があるのか。

身頃はTabrikオリジナルのコットンウールのストライプ。

秋冬らしい比較的地厚なアウターよりの生地厚です。

切り替えの袖にはなんとラミーを使用しています。

そうリネンよりも薄手のラミー麻です。

 


秋冬に殆ど見かけることの無いラミー使い。

なぜこの切替にしたのか?

いつも通りTabrikにそれは愚問というものです。

 

ただ色々とコーディネートしてみると意外にも

このラミー袖はとても有効な生地使いだと判ります。

 


INEER:humoresque Arashan Cashmere Knit Onepiece

INNER:Tabrik AWA-SHOAI Dyed 3Layer Sleeveles Onepiece

SHOES:R.U. 「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

Tabrikデザイナー手島さんのイメージで重ね着を。

 



インナーはこんな感じで重ね着をしています。

10月〜11月 まだ厚手のアウターを着るほどでも無い秋。

日によって気温が上がったり下がったりを繰り返す時季。

インナーの厚みや温かさを変えながら重ね着を。

ここではhumoresqueのカシミアニットワンピースを

一番下に着てレイヤードするために作られたTabirikらしい

ワンピースを上から更に重ねています。

 


上半身はこんな感じです。

袖の肌寒さは薄手のカシミアで充分な温かさです。

 


ちなみに足元はこんな感じです。

 


INNER:Fabrique en France 1×1 Rib Cotton Turtle L/S T

DENIM:minä perhonen「always」Denim

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

いつものメンズライクな雰囲気のお洋服に。

シンプルですが一枚の存在感が際立ちます。

 

 


インナーにはまもなくご紹介予定の何もかもが「ちょうどいい」

フランスメイドのコットンタートルの長袖Tシャツ。

少し温かい日の日中ならこれくらいでもちょうど良さそうです。

 


OUTER:Honnete FOR poefu Italian Melton Baloon Coat

DENIM:minä perhonen 「always」Denim

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

そのまま冬はワードローブにあるコートを羽織るだけです。

Honneteに別注したチャコールカーキのコートで。

 


ラミー袖は印象的なボリュームスリーブですが

生地が薄手なため余程タイトシルエットのものを除いて

殆どのコートが羽織っていただけるのです。

つまりベストのような使い勝手の良さです。

 


このジャケットはフックボタン。

ベスト使いにした際にとてもスッキリとした見た目と

アウターのボタンやジッパーとも被りません。

 


INNER:ゴーシュ Baby Alpaca Knit Onepiece

SHOES:R.U.「Sue」Long Vamp Shoes

ザックリとした風合いのニットワンピースで。

 


インナーにはこんなシルエットのニットワンピースを着ています。

ラグランで切り替えたラミー袖は大きくアームホールをとり

またボリュームスリーブはインナーの厚みや形状をを問わずに

色々なアイテムをインナーに重ねることが可能で

冬近くまでこのジャケットを主役にしていただけます。

 

展示会で見た時にも「?」

店頭に入荷した際にも「?」

ただコーディネートを始めてみると

アウターとしてインナーとして重ね着の利便性の高さに

ラミー袖だからこその良さを感じるばかり。

 

この不思議な切替えのジャケットをデザイナー手島さんは

果たしてどこまで考えてデザインしたのか。。。

 

ちょうど先日展示会で手島さんにお会いした際は

「あれ?ほんまに?寒かった?」

いつものはんなりした京都弁で笑いながらそう答えてました。

 

ラミー袖にした理由。

きっとTabrik(手島さん)にそれは愚問です。

あまり深く考えずに色々と楽しみながら重ね着を楽しみましょう。

 
Material
main-Wool65% Cotton35% sleeve-Ramie100%
Color
brown
Size
Free ( one ) size
Model
153cm
Other
Wool Cotton Stripe Ramie Sleeve Jacket

着丈:約65cm 身丈:約68cm
バスト:約128cm 天幅:約13cm
ゆき丈:約68cm
袖幅:約35cm 袖口幅:約11cm

手洗い表記

Tabrikらしい切り替えデザインのジャケット。
オリジナルテキスタイルのウールコットンストライプの身頃、ラミーの袖、ふたつの相反する生地の切り替えと、ブラウンとブラックの配色。
全てはデザイナー手島紋さんのセンスによって作り出される独自のバランスです。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

フロントは小さな真鍮製のフック式で3つのフックで留めるタイプです。
アウターとしてだけだけでなく、インナーとしても重ね着の利便性の高いジャケット。
このジャケットがインナーの際に上から羽織るアウターのフロントデザインを邪魔しないとてもスッキリとした見た目を演出します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

秋冬には殆ど用いられないラミー麻の生地を袖に採用しています。
首元から大きく身頃までの距離を持たせたラグランスリーブと、袖そのもののボリューム感で、インナーに厚手のニットも容易に重ねて頂くことが可能です。
またリネンよりも薄手のラミー生地のため袖のボリュームに関係なく、このジャケットの上から更にアウターを羽織りやすくしてくれます。
必然なのか、偶然のなのかは別としてとても便利な生地選びだと感じます。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ギャザーで綴じた袖口のバインドカフには共布のボタン。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ウエストのギャザー部分はインドローシャーリング仕様。
春秋はオープンフロントの際に絞りを加えての着こなしにも対応します。
裾周りに裏地を付属することでふっくらとしたヘムラインに仕上げています。
*ラミー部分が青く写っていますが全て黒になります。
画像をクリックしていただくと別画像でご覧いただけます。

Wool Cotton Stripe Ramie Sleeve Jacket / Tabrik

Sold out
brown ×

○ In stock / × Sold out

Recommend

OFFICINE CREATIVE lace up boots

OFFICINE CREATIVE lace up boots

70,200〜72,360 yen
more
OFFICINE CREATIVE lace up boots