Now Loading...
ログイン
Cart

ゴーシュ Reversible Hooded Down Coat / ゴーシュ

poefuがオープンしてから7年。

実は本格的なダウンウエアーを仕入れたことがありません。

 

モンクレールやデュベチカにカナダグース

タトラスにパタゴニアにノースフェイス。

もしかすると前職場で世界の名だたるダウンブランドが

全て手に入る環境にいたことが原因してアパレルメーカーでは

なかなか眼鏡にかなうものに出会えないからかもしれません。

 

中身の品質が見えない不透明なダウンウエアー。

ダウンの専業メーカーやアウトドアブランドは中身が見えずとも

ダウンのスペシャリストなだけに信用性が高いものです。

 

高品質なダウンはそのものがとても高価すぎるという理由で

一般的なメーカーブランドではなかなか手が出せません。

セレクトしたくてもpoefuで扱うブランドに

元々ダウンジャケットがあまり無いというのも事実です。

 

ただひとつ昨冬の厳しい厳しい寒さが続く2月

「それでもセレクトしておくべきだったかな。。。」

そう何度も思い返したダウンウエアがありました。

 

 


ゴーシュ

Reversible Hooded Down Coat

black / navy

2(one)size

¥75000+tax

 


ヘリンボーン織りのコットンとポリエステル生地のリバーシブル。

(リバーシブルが分かりやすいように大きめに襟を返しています)

 


一見すると無地にも見えるマイクロヘリンボーンの織生地。

約2mmの細かなヘリンボーンを織るためには当然の事ながら

糸ムラが少ない細番手糸を高密に織り上げるしかありません。

細番手糸コットンの自然な艶感がとても良い雰囲気です。

ダイヤキルトを打ったポリエステル生地のほうにも

ダウンの飛び出しが無いように高密度クロスを使用しています。

もちろんリバーシブルなので両面が表という事になりますが

主立ってはコットンが表になることが多くなると思います。

アパレルブランドのダウンウエアーらしい上質な服地の採用です。

 




ボディと一体型のフーデッドコート仕様です。

立体的な襟周りとフード部分にはスナップボタン。

スナップボタンを閉じるだけでひと回り小さくなるフード。

着用時の背面にくるコンパクトなフードの見た目は

女性らしい華奢な雰囲気を印象付けてくれます。

またフード着用後にスナップを閉じることで

厳寒の風雪が侵入しづらくなる機能面を果たします。

パタンナー出身のデザイナーらしい

立体的なフード成形ももちろん流石ですが

最低限のデザインで見た目と機能の二役をこなす

さりげないスナップボタン使いが実にゴーシュらしい。

 



本格的なダウンウエアーに欠かせない防風性。

ジップフロントを境にインアウトのストームフラップで

前方向だけでなく横方向からの風の侵入も

完全にシャットアウトしてくれる心強さです。

 



小さなバッグぐらいの収納力のエンベロープポケット。

横からかじかんだ手を入れるハンドウォームポケット。

スマートフォン収納に最適な玉縁のチェンジポケット。

(チェンジポケットは左前身頃のみ)

3つのポケットがそれぞれの役目を機能的に果たします。

 





マイクロヘリンボーンコットン面での着用時には

ダウンウエアーらしからぬスッキリとした見た目です。

適切なダウン量の配分はもちろんのことですが

ゴーシュのデザイナーは元パタンナー出身。

ダウンと同じ綿(わた)量をトワルに実際に入れ

試作を何度も繰り返した秀逸なパターンメイクです。

この袖シルエットの美しさは「実にゴーシュらしい」

 




秀逸なパターンメイクが生み出す美しさと動きやすさ。

もうひと工夫を加えるのは背面ウエスト部のベルクロです。

フロントを開けた際に広がる身幅を美しいままキープ出来ます。

リバーシブル仕様のためスピンドルなどを使用せずベルクロ。

手袋をしたまま着用をしたままでも想いのままに片手で

サイズ感を瞬時に変えていただくことが可能です。

 



black

フロントはダブルジップ仕様です。


navy

リバーシブルに柔軟に対応する回転ジッパー。

 


ポリエステル面の方は横段や縦段のダウンステッチよりも

スポーティな印象が薄れるダイヤキルトのダウンステッチ。

キルティングマシーンで作られるものではなく

国内の職人が慎重に地縫いしています。

ダイヤキルトステッチは生地の地の目に対して

バイヤスにステッチを入れるので実は難しい。

ましてや滑りやすいポリエステルにバイヤスステッチ。

更にはダウンをそれぞれのダイヤ型の部屋に

振り分けながらの作業になるので大変です。

 

きっと皆さんが一番に心配されるダウンの抜け

「生地からダウンが飛び出てこないのか?」

このダウンウエアー実は同じポリエステル布を

もう一枚内側に張り巡らせるダウンパックをしています。

そのためダウン(厳密にはダウンよりもフェザー)が

出てくることは殆どありませんがミシンの針穴から

時折だ1片が出てきたりすることがあります。

地縫いを続けることで針の先端が摩耗しほんの僅かに

少しずつ針穴が大きくなることを防ぐために

頻繁に針を新しいものに替えるという徹底ぶりです。

 

 




コットン面に比べるとダウンウエアー感は否めませんが

リバーシブルとして両面それぞれの生地に合わせて

パターンやディテールをミニマルに落とし込んでいます。

 




ポリエステル面で一番の「実にゴーシュらしい」は

ゴーシュのデザインアイコンのひとつである

メンズライクな胸ポケットと脇のパネルパターンです。

身体の立体を二面ではなく四面で包み込むパネルと

前側のシームに沿えたポケットで脇面の膨らみを抑えます。

 

さてダウンウエアーの肝心要は中身のダウンです。

ここはこのダウンに付属するチケットを転載してみます。

 

*************************

最高品質のダウンと言われているのは、極寒地に棲む水鳥から採取されるものです。

これは一羽から、たった12〜13gしか採れない貴重品でもあります。

このダウンの毛足は長く、空気を大量に含むため、抜群の保温力を誇ります。

又、湿気を良く吸収し同時に空気層へ侵入する水滴を素早く吐き出す“天然のエアーコンディショナー”としての機能も併せ持っています。

更に、原毛にダウンとしての生命を与える精毛工程(洗浄・乾燥・脱水・殺菌・除菌等)は最新の技術を導入し、日本国内において丁寧に仕上げられています。

当社の製品には、このように優れた機能を持つ羽毛の特性を長く保持し、いつまでも快適にお召しいただくため、世界で最も厳しいといわれる、日本羽毛教会の品質基準をクリアーした羽毛のみを使用しております。

その素晴らしさは、袖を通した瞬間にお分かりいただけることでしょう。

ゴーシュ

**************************

中身の見えないダウンウエアーに自らの言葉で

その中身のダウンの素晴らしさの透明性を謳った品質チケット。

お洋服そのもののようにあまり多くを語らないゴーシュが

このような品質チケットを付帯させることは極めて稀な事です。

 

補足すると今回のダウンコートにはダックダウンを使用しています。

ダウンの元となる羽毛は羽の下の腋周りにあるわずかなもので

目には見えない何万もの枝葉に別れた繊毛に空気が滞留し

その絶大な保温効果を発揮してくれます。

そして精毛工程を行う業者が縫製までを一貫して行います。

その全行程を行えるのは日本国内で1社のみです。

 


背面のフード下を見るとダーツが入れられています。

ゴーシュのアウターに入れられる象徴的なダーツ。

やや前傾に触れる背筋に沿う立体的な後肩を描きます。

見えていないところにも一片の妥協もなく

「実にゴーシュらしい」は貫かれています。

 

 

冒頭で書いた喉につかえたようなひと言

「それでもセレクトしておくべきだったかな。。。」

実は昨年のフーデッドダウンコートには

個人的に気になる箇所が2点あり発注を見送ったのです。

 

1つ目は生地

昨年のものはキャンバス生地が採用されていました。

生地のタフさはアウターのそれとしては申し分ありません。

ただ見た目がややハードでメンズライク過ぎるという処と

着衣時にガッチリとした印象に個人的には見えたこと。

 

2つ目は袖口

昨年のものは袖口にもベルクロが採用されていました。

もちろん機能的ですが私見としてはタウンユースにはToo Much。


今秋冬は内側にゴムを通し込んでフィットするシンプルな仕様です。

 

中身の見えないダウンウエアーに誠実に向き合い

一切妥協すること無く「実にゴーシュらしい」を貫く。

 

バイヤーとしてその誠実さに向き合うには

もちろん誠実さでしか向き合えない。

何か気になるところがあればセレクトはやはり出来ない。

 

あの日我慢して極寒の昨冬があって

一年待った甲斐があって

7年目のpoefuでセレクトすることが叶ったダウンウエア。

 

モノ作りに一切の妥協が出来ない「譲らない」デザイナー

セレクトする上で妥協が出来ない「譲らない」バイヤー

「譲らない二人」のモノ作りとバイイングのせめぎ合い。

2018秋冬「実にゴーシュらしい」ダウンウエアー。

 

 


black

PANTS:ゴーシュ カツラギワイドパンツ

SHOES:DANSKO Professional Patent black

 


navy

INNER:Fabrique en France 1×1 Rib Turtle Neck L/S T

PANTS:susuri Boar Pants

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

 

 
Material
Surface-Cotton 100% Lining-Polyester100% Down90% Feather10%
Color
black / navy
Size
2 ( one ) size
Model
153cm
Other
ゴーシュ
Reversible Hooded Down Coat

着丈:約94cm
バスト:約112cm(ダウンウエアーは着用時に内側で密着するもののため、平置き実寸計測になりますので、あくまでも目安とお考えください)
肩幅:約41cm
袖丈:約62cm
袖口幅:約13cm
アームホール:約55cm

クリーニング表記

ヘリンボーン織りの高密度コットンとポリエステルのリバーシブルダウンコート。
約2mmのマイクロヘリンボーンは無地っぽい印象の中、細番手糸の素材そのものがもつ鈍い光沢感が高級感と、静かめの織表情がとても良い雰囲気です。
ポリエステル面も控えめな艶感とダイヤキルトにダウンステッチを走らせているので、スポーツウエアやアウトドアウエア然とせずにタウンユースに着用しやすい仕様になっています。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

black

マイクロヘリンボーンコットンblackの生地色はこちらの色合いが一番近いものになります。
ジッパーはダブルジッパー仕様です。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

navy

マイクロヘリンボーンコットンnavyの生地色はこちらの色合いが一番近いものになります。
ジッパーはダブルジッパーで回転式仕様なのでスムーズにリバーシブルに対応します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

包まれるような立体的なフード。
スナップボタンを閉じることでかぶる際には風の侵入を防ぎ、かぶらない際はコンパクトな佇まいが女性らしい見た目の華奢な美しさを保持します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ダウンウエアらしからぬスッキリとした見た目が一番の魅力です。
元パタンナー出身のデザイナーらしさにあふれるダウンウエアですが、特にこの袖シルエットの美しさがゴーシュらしさを物語っていると思います。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

背面ウエスト部にはベルクロが付属します。
フロントを開けた状態に横方向の広がりを抑えたり、シェイプシルエットを作ることが出来たりなどのサイズ可変を瞬時に行うことが可能です。
より身体に密着させることで高い保温効果を得ることが出来ます。
ベルクロを採用することで、グローブ(手袋)をしたままでも簡単に付け外しが可能になります。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

とても機能的なポケット構造。
エンベロープポケットはお財布くらい入りそうなくらいの大きめのデザイン。横方向に手口があるハンドウォームポケットの二重構造です。
フラップ下にはスナップボタンが付属します。
左前のみスマートフォンポケットを収納するのに最適な玉縁チェンジポケットが付属します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

平易に異なる生地を使用したリバーシブルではなく、それぞれの生地面に合わせたパターンやデザインディテールを盛り込んでいます。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

同生地のポリエステルを内側で一枚挟み込んだダウンパックにより、ダウンの飛び出しを防ぎます。
このダウンウエアは羽毛からダウンに至る洗浄や除菌を行う工場で、縫製まで一貫で行われています。この一貫生産が行えるのは日本国内で一社に限られます。
ダイヤキルトはキルティングマシーンではなく、職人の地縫いによるものです。ダウンをそれぞれの小部屋に分けながら、生地の地の目に逆らうバイヤスにステッチを入れていく熟練の業が見えます。
また針穴からのダウンの飛び出しが極力起こらないように、ミシン針を頻繁に交換しながら細心の注意を払い縫製されています。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ゴーシュ Reversible Hooded Down Coat / ゴーシュ

Sold out
black navy
2 × ×

○ In stock / × Sold out

Recommend

ゴーシュ カツラギワイドパンツ

ゴーシュ カツラギワイドパンツ

25,920 yen
more
ゴーシュ カツラギワイドパンツ
DANSKO Professional Patent

DANSKO Professional Patent

25,920 yen
more
DANSKO Professional Patent