Now Loading...
ログイン
Cart

Tabrik Pullover Blouse Mud and Pure Indigo Dyed / Tabrik

どうして私たちは青のお洋服に惹かれるのだろう。

 

 


細番手のラミー平織り布で仕立てた製品を

職人が泥染→本藍染の順に手染めを施しています。

本藍ブルーの底に潜む泥のブラウンの気配。

手染めならではのムラ感はひと処して同じものはなく

天然染料の豊かな表情性は唯一無二の存在感です。

その美しき布はまるで海を見るように私たちを魅了してくるはずです。

本(正)藍は色落ちがしずらく移染リスクも低い染色ですが

真夏は汗をかいたりすることで白いお洋服やお鞄などに

移染リスクが伴いますので予めご留意ください。

お洗濯は手洗いをおすすめいたします。

お洗濯の際に色の出具合などを確認しながら

少しずつコーディネートの幅を広げてお楽しみください。

 

 


Tabrik

Ramie Pullover Blouse Mud and Pure Indigo dyed

blue

Free (one)size

¥36,000+tax

 



スキッパースタイルのプルオーバーシャツ。

大きく刻んだVネックの深さを調整する華奢なフックボタンは

デザイナー自らが手付けした手間を惜しまない作りです。

小さなアンティークビーズをチカラボタン代わりに渡します。

 



オリジナリティあふれる袖付けはTabrikを象徴するデザイン。

poefuでは通称「二段袖」と呼んでいます。

機能的かつ女性らしい曲線を描くラグラン袖に

肘部辺りから別添えでボリュームスリーブを備えます。

スッキリとして欲しい肩周りや二の腕を

分量感のある下袖が更にそう見せてくれています。

 


背面はノーヨークでネックラインにギャザーを寄せています。

ギャザーが開放した適度に余裕のあるAラインシルエット。

 





SKIRT:humoresque Silk Rayon Linen Gather Skirt

SHOES:Vialis Pointed Toe Raffia Mule

お洗濯を繰り返し移染リスクが無くなれば

是非白のボトムスを合わせてみて欲しい。

青の美しさを更に際立てる白の存在を待ちわびながら。

 

 


細番手のラミー平織り布で仕立てた製品を

職人が泥染→本藍染の順に手染めを施しています。

本藍ブルーの底に潜む泥のブラウンの気配。

手染めならではのムラ感はひと処して同じものはなく

天然染料の豊かな表情性は唯一無二の存在感です。

その美しき布はまるで海を見るように私たちを魅了してくるはずです。

本(正)藍は色落ちがしずらく移染リスクも低い染色ですが

真夏は汗をかいたりすることで白いお洋服やお鞄などに

移染リスクが伴いますので予めご留意ください。

お洗濯は手洗いをおすすめいたします。

お洗濯の際に色の出具合などを確認しながら

少しずつコーディネートの幅を広げてお楽しみください。

 

 

どうして私たちは青のお洋服に惹かれるのだろう。

 

もしこの世界を神が作ったとするならば

初めに最も大きな空には無限の青を与えたと私は夢想する。

次に大きな海には透明を与えたはずが空の青を映し出すという

自ら思いも寄らない大きすぎる誤算が起きてしまう。

時に青以外の色を知りたがった空に対して

海は空よりも美しい青を知りたいと願った。

世界の大部分が青に埋め尽くされて

神は地上に青を殆ど与えることが出来なくなった。

その中でも青い花や虫や鳥たちは神に選ばれしものたち。

 

万物の中で唯一衣服を纏い様々な色に身を包む私たち。

地上に最も少ない青に惹かれるのはそんなせいかもしれない。

この世界で最も美しい青を知るはずの海のような布のお洋服。

 
Material
Ramie100%
Color
blue
Size
Free ( one ) size
Model
153cm
Other
Tabrik
Ramie Pullover Blouse Mud and Pure Indigo Dyed

着丈:〜約64cm
バスト:約116cm
裄丈:約74cm
袖幅:約21cm
袖口幅:約9.5cm
袖切替部の幅:約17cm

手洗い表記
一点ずつ天然染料(泥藍)で手染めを施しているため、製品それぞれに個体差があります。
着用に際しては他の衣類などへの移染のリスクがあります。
特に濡れた状態では色移りしやすいので予めご留意ください。
柑橘果汁が付着した場合、その部分が色落ちする可能性があります。
お洗濯は優しく押し洗いの手洗いをおすすめいたします。

細番手のラミー平織り布で仕立てています。
デザイナーが愛してやまないラミーは自然な光沢を備えた麻素材。
着用感を殆ど感じないほどの軽さと、シャリ感があり真夏も快適に過ごすことが出来ます。
春夏のイメージが強いラミーですがデザイナーは一年を通して着用していますので、真冬以外の季節に良いかなと思います。
職人が泥染→本藍染の順に製品手染めを施しています。
本藍ブルーの底に潜む泥のブラウンの気配。
手染めならではのムラ感はひと処して同じものはなく、天然染料の豊かな表情性は唯一無二の存在感です。
その美しさは布であることを忘れてまるで海を見ているようです。
本(正)藍は色落ちがしずらく移染リスクも低い染色ですが、真夏は汗をかいたりすることで白いお洋服やお鞄などに、移染リスクが伴いますので予めご留意ください。
お洗濯は手洗いをおすすめいたします。
お洗濯の際に色の出具合などを確認しながら、少しずつコーディネートの幅を広げてお楽しみください。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

スキッパースタイルのプルオーバーシャツ。
キャミソールやタンクトップなどをインナーに着て、ボトムスのデザインやシルエットを気にせずに、サラリと着こなせるクセの無いデザイン。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

大きく刻んだVネックの深さを調整する華奢なフックボタンは、デザイナー自らが手付けした手間を惜しまない作りです。
襟は立てたままでも、返して襟を作っても。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

デザイナー自らが手付けしたフックボタンは、表面に小さなアンティークビーズをチカラボタン代わりに橋渡ししています。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

Tabrikの象徴的なスリーブデザイン、poefuでは通称「二段袖」と呼んでいます。
一旦ラグランで付けた袖の途中に別袖を付属させる特異な袖付けです。
肩幅を問わない利便性とともに、女性らしい柔らかな肩曲線を描く、ベーシックなラグラン袖にTabrikらしいボリュームスリーブが付属します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

「二段袖」に添える別袖は分量感のあるギャザー袖。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ノーヨークの背面は、首元からギャザーで開放する緩やかなAラインシルエットです。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

Tabrik Pullover Blouse Mud and Pure Indigo Dyed / Tabrik 39,600yen

size①

color

quantity

blue
F

○ In stock / × Sold out

Recommend

humoresque Rayon Linen Silk Gather Skirt

humoresque Rayon Linen Silk Gather Skirt

49,500 yen
more
humoresque Rayon Linen Silk Gather Skirt