Now Loading...
ログイン
Cart

Tabrik Frill Sleeve Op Mud and Pure Indigo Dyed / Tabrik

どうして私たちは青のお洋服に惹かれるのだろう。

 


細番手のラミー平織り布で仕立てた製品を

職人が泥染→本藍染の順に手染めを施しています。

本藍ブルーの底に潜む泥のブラウンの気配。

手染めならではのムラ感はひと処して同じものはなく

天然染料の豊かな表情性は唯一無二の存在感です。

その美しさは布であることを忘れて、まるで海を見ているようです。

本(正)藍は色落ちがしずらく移染リスクも低い染色ですが

真夏は汗をかいたりすることで白いお洋服やお鞄などに

移染リスクが伴いますので予めご留意ください。

お洗濯は手洗いをおすすめいたします。

お洗濯の際に色の出具合などを確認しながら

少しずつコーディネートの幅を広げてお楽しみください。

 

 


Tabrik

Ramie Frill Sleeve Onepiece Mud and Pure Indigo Dyed

navy

Free(one)size

¥50,000+tax

 


Tabrikでは珍しいハーフスリーブデザインのワンピース。

 


襟を返さずに着るトップボタンの無いVネックデザイン。

 


Tabrikのワンピースデザインディテールの象徴

2つ並びのボタンが不思議な間隔をあけて並びます。

 


Tabrikの象徴「二段袖」にアレンジを加えた袖付けは

袖口に向け花のように開いたフェミニンなフリルスリーブ。

半袖に付属し二の腕を覆い隠す長さのハーフスリーブ丈。

 



画像では確認することは難しいかもしれませんが

まるでスカートを仕立てるかのように

背中心にハギを加えたオリジナリティある背面は

燕尾服のように長くなっていることが分かります。

 



縫製工場泣かせな全方位が異なるイメージのヘムライン。

ラミーやリネンを多用するブランドらしいディテールは

透け感のある素材感のワンピースにレイヤードする

レギンスやタイツをはじめパンツやスカートなどが

裾から見せる表情を全方位で様々に変化させます。

またアウターを着た際にも全方位異なる長さが

見えたり隠れたりするという楽しみもそこに加わります。

 





HAT:Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat

BAG:TACHINO CHIE「M.F.B」Hand Bag small

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

「何処の国のものとも知らぬ」

「何時の時代のものとも知らぬ」ようなTabrikは

真夏にも心地よいラミーの素材感とともに

色々な場所へ夏旅に出かけたくなる そんなお洋服。

 

 

 

どうして私たちは青のお洋服に惹かれるのだろう。

 

もしこの世界を神が作ったとするならば

初めに最も大きな空には無限の青を与えたと私は夢想する。

次に大きな海には透明を与えたはずが空の青を映し出すという

自ら思いも寄らない大きすぎる誤算が起きてしまう。

時に青以外の色を知りたがった空に対して

海は空よりも美しい青を知りたいと願った。

世界の大部分が青に埋め尽くされて

神は地上に青を殆ど与えることが出来なくなった。

その中でも青い花や虫や鳥たちは神に選ばれしものたち。

 

万物の中で唯一衣服を纏い様々な色に身を包む私たち。

地上に最も少ない青に惹かれるのはそんなせいかもしれない。

この世界で最も美しい青を知るはずの海のような布のお洋服。

 
Material
Ramie100%
Color
navy
Size
Free ( one ) size
Model
153cm
Other
Tabrik
Ramie Frill Sleeve Op Mud and Pure Indigo Dyed

着丈:〜約118cm(最長部)
バスト:約116cm
裄丈:約48cm
袖幅:約20cm
袖口幅:約30cm
裾周り:約196cm

手洗い表記
一点ずつ天然染料(泥藍)で手染めを施しているため、製品それぞれに個体差があります。
着用に際しては他の衣類などへの移染のリスクがあります。
特に濡れた状態では色移りしやすいので予めご留意ください。
柑橘果汁が付着した場合、その部分が色落ちする可能性があります。
お洗濯は優しく押し洗いの手洗いをおすすめいたします。

細番手のラミー平織り布で仕立てています。
デザイナーが愛してやまないラミーは自然な光沢を備えた麻素材。
着用感を殆ど感じないほどの軽さと、シャリ感があり真夏も快適に過ごすことが出来ます。
春夏のイメージが強いラミーですがデザイナーは一年を通して着用していますので、真冬以外の季節に良いかなと思います。
職人が泥染→本藍染の順に製品手染めを施しています。
本藍ブルーの底に潜む泥のブラウンの気配。
手染めならではのムラ感はひと処して同じものはなく、天然染料の豊かな表情性は唯一無二の存在感です。
その美しさは布であることを忘れてまるで海を見ているようです。
本(正)藍は色落ちがしずらく移染リスクも低い染色ですが、真夏は汗をかいたりすることで白いお洋服やお鞄などに、移染リスクが伴いますので予めご留意ください。
お洗濯は手洗いをおすすめいたします。
お洗濯の際に色の出具合などを確認しながら、少しずつコーディネートの幅を広げてお楽しみください。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

トップボタンの無いVネックデザインに襟が付属しますが、どちらかというと襟は返さずに着ていただくタイプです。
襟下に細かく寄せたギャザーなどが繊細に凝ったデザインです。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

Tabrikの象徴的なスリーブデザイン「二段袖」をアレンジしたハーフスリーブ。
一旦ラグランで付けた袖の途中に別袖を付属させる特異な袖付けです。
別袖はフリルのように袖口に向けて開くデザインです。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ボタンは共布で仕立てた包みボタン。
2つのボタンがで不思議なピッチの等間隔で並びます。
こちらもブランドを象徴するディテールのひとつです。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ノーヨークの背面は、首元からギャザーで開放する緩やかなAラインシルエット。
画像での確認が難しいのですが、前後共にスカートのようにハギがあり、そのハギ部分で長さが異なる凸凹としたヘムラインを作っています。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

ウエスト部分には両サイドにポケットが付属します。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

全方位で長さの異なるヘムライン。
ハギのある箇所は特に強弱があり面白い仕立てですが、面倒な仕立てという意味では縫製工場泣かせなディテールと言えます。
ラミーやリネンを多用するブランドらしいディテールは、透け感のある素材感のワンピースにレイヤードする、レギンスやタイツをはじめパンツやスカートなどが、裾から見せる表情を全方位で様々に変化させます。
またアウターを着た際にも全方位異なる長さが、見えたり隠れたりするという楽しみもそこに加わります。
画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

Tabrik Frill Sleeve Op Mud and Pure Indigo Dyed / Tabrik

Sold out
navy
F ×

○ In stock / × Sold out

Recommend

Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat

Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat

33,000 yen
more
Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat