Now Loading...
ログイン
Cart

kaval Cotton Linen Twill Open Gather Onepiece / kaval

愛してやまない1着。

このワンピースに出逢って

もう何年になるのでしょう。

ふと気がつけば

1年のうちの大半を

このワンピースと過ごしています。

 

春は羽衣のように

風に舞う羽織として

夏には一枚での

美しさを存分に楽しんで

秋はお好みの重ね着で

いつもとは違う表情を

冬になればインナーとして

春を待ちわびて

 

四季の移ろいを

愛おしく感じながら

そうしてまた

1年を共に

愛おしみながら

過ごしていくのでしょう。

 

愛してやまない

1着のワンピース。

アンティークが

お好きな方に

おすすめな生地で

ご用意いたしました。

 

 


kaval

Cotton Linen Twill

Open Gather Onepiece

dark navy / off white

Free(one)size

¥78,000+tax

 


dark navy

青みが垣間見える

ニュアンスあるネイビー。

フレンチアンティークで

時折見られる

羊飼いが着ていた

藍染のスモック

「ビオード」を

想起させる色合いです。

 


ブランドデビュー以来

生地や縫製仕様を

少しずつ変化させながらも

その他は一切変わらない

ブランドを象徴するワンピース。

 


贅沢な生地要尺を使用しながら

分量感を感じさせない

完璧なまでのパターンメイク。

 



ドロップショルダーと

バランスの良い

スリーブシルエット。

デザイナーが愛してやまない

フレンチアンティークの

佇まいを残しつつも

現代的な衣服としての

アプローチをサイズ感などに

巧く混在させています。

 


縫製の痕跡を

視覚で追いきれないほど

細やかなミシンステッチは

1800年代に多く見られる

手縫いの衣服と同レベルです。

 


襟は1枚仕立て。

各所に旧きに倣った

美しい痕跡が見られます。

 





(モデル身長154cm)

INNER PANTS:susuri

Cotton Silk Khadi Flutter Pants

SHOES:Atelier d'antan(R.U.)

「Sue」

Long Vamp Shoes

白アイテムとの

コーディネートは

夏らしさが伴う。

季節に応じて順応する

ネイビーの万能性。

個人的な経験値からは

洗いざらして行くと

ギャザー部分から

アタリが出始めて

ますます愛着が

湧いてくる魅力色です。

 

 


デザイナー自らが糸一本の

選別をする事から始まる

kavalオリジナルの生地制作。

経糸には100番双糸コットン。

緯糸には100番単糸リネン。

経緯ともに超細番手

とりわけ緯糸の100番リネンは

国内でも数社の限られた

機屋さんでしか織ることが

出来ないくらいの細番手糸です。

細番手糸を織機にかける際に

経糸だけでも約8000本という

途方も無い糸本数をかけます。

デザイナーがどうしても緯糸に

100番単糸リネンを使用したい

その理由は生地を見れば

一目瞭然の違いがそこにあります。

本来であればマットな面持ちの

細番手糸リネンにのみ許された

美しい自然な光沢感が

コットンリネン特有の

良い意味でのゴワつきの中に

唯一無二の存在感を宿します。

 

 


本格的な夏の訪れ

日除けや冷房対策用の

羽織としてもおすすめです。

 


off white

ひと口に「白」と言っても

僅かながらも差異があります。

糸一本の選別から仕立てる

kavalオリジナル生地。

「白」にはデザイナーの

繊細で特別な想いが込められます。

素材の表情に合わせて

最良な「白」の追求。

素材そのものが持つ

美しい細番手糸の掛け合わせ。

コットンリネン手織り布が

時を経て微かに黄みを帯びた

そんな色合いをデザイナーは

目指したのかも知れません。

 











(モデル身長154cm)

INNER:maison de soil

Block printed Pintuck Op

INNER PANTS:humoresque

Silk Shirring Pants

SHOES:beautiful shoes

Barefoot Sandals

ワンピース同士の重ね着は

このオープンギャザーの

一番の楽しみ方のひとつ。

本物のアンティークにも見紛う

飽きることなき

クラシカルな佇まいが

合わせるものを問わない

尊さも持っています。

個人的には生地違いで

最も愛用する「白」の

オープンギャザー。

皆様も同様に

愛してやまない

1枚となってくれますように。

 

 


*****

ONLINESHOPでの

掲載はしておりますが

ブランドの意向により

「カートに入れる」

行為をお断りしております。

 

ご購入ご希望のお客様は

お手数ですがお電話にて

03-6913-9212(fūga)

もしくは

poefuホームページ

「contact」より

お問い合わせ下さい。

 

 

 
Material
Cotton60% Linen40%
Color
dark navy / off white
Size
Free ( one ) size
Model
154cm
Other
kaval
Cotton Linen Twill Open Gather Onepiece

バスト:約120cm
肩幅:約47cm
着丈:約107cm
袖丈:約52cm
アームホール:約50cm
袖口幅:約10.5cm
裾周り:約255cm

手洗い表記ですが、洗濯機でもお洗濯は可能です。
必ず洗濯ネットをご使用ください。

ブランドスタート時から6年に渡り続く、kavalを象徴するオープンギャザーワンピース。
毎シーズン生地や色やディテールを少しずつ変えながらリリースされていることもあり、poefuでは最も愛される一品です。
フレンチアンティークを彷彿とさせる佇まいや雰囲気を巧く残しながら、現代的な衣服としての着やすさをバランス良く仕上げています。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

デザイナー自らが糸一本の選別をする事から始まる、kavalオリジナルの生地制作。
経糸には100番双糸コットン、緯糸には100番単糸リネン。
経緯ともに超細番手糸、とりわけ緯糸の100番リネンは、国内でも数社の限られた機屋さんでしか織ることが出来ないくらいの細番手糸です。
細番手糸は織機にかける際に、経糸だけでも約8000本という途方も無い糸本数をかけます。
デザイナーがどうしても緯糸に100番単糸リネンを使用したい、その理由は生地を見れば一目瞭然の違いがそこにあります。
本来であればマットな面持ちの、細番手糸リネンにのみに許された美しい自然な光沢感が、コットンリネン特有の良い意味でのゴワつきの中に、唯一無二の存在感を宿します。
コットンリネン特有のゴワつきはありますが、細番手糸の柔らかさを同時に備えています。
ご自宅でのお洗濯も容易で、洗濯強度もあります。
1年を通しての着用が可能です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

デザインはもとより全てのサンプル制作を、デザイナー自らが全て行うkavalのお洋服。
視覚で追うことが出来ないほどの細やかな、ミシンステッチが生み出す圧巻のギャザー寄せ。
1800年代から1900年代初頭頃の、ハンドステッチの衣服に見紛うほどの美しさは、他ブランドには決して真似の出来ない縫製基準です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

小ぶりなワイドスプレッドカラーのシャツ襟は一枚仕立て。
シャツカラーをそのまま楽しむことはもちろん、立てた状態での着用もおすすめです。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

一枚のワンピースとしてはもちろんですが、シンプルなシャツワンピースのデザインはインナーとして、また春夏秋は軽い羽織りとしてアウター代わりに活躍します。
インナーとしてもアウターとしても利便性の高いスリーブシルエットとドロップショルダーデザイン。
肩当てや、前身頃脇下に入るデルタピースガゼットは、ビンテージやアンティークウエアに造詣の深いデザイナーらしい、旧きに倣うディテール。
それらのディテールを各所に散りばめることで、どこかアンティークのような佇まいを感じてもいただけます。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

kaval Cotton Linen Twill Open Gather Onepiece / kaval 85,800yen

こちらのITEMはメーカーの意向によりONLINESHOPでの「カートに入れる」が出来なくなっております。
メールやお電話にてお問い合わせください。
dark navy off white
F

○ In stock / × Sold out