Now Loading...
ログイン
Cart

kaval Cotton Linen Poncho Blouse / kaval

お洋服を作るための

教科書が無かった時代。

 

平面である布を

身体という立体に

結びつける試行錯誤。

 

自らの手で全ての

サンプル制作を行う

kavalデザイナーの

お洋服の知識量と

造詣の深さは

別次元のレベルです。

 

それはお洋服を作る

ノウハウや教科書を

たくさん持っている

証明書に他なりません。

 

私にはこのお洋服が

それらの教科書を

一旦捨てて創造された

ように見えるのです。

 

 


kaval

Cotton Linen

Poncho Blouse

offwhite

dark navy

pin stripe

S(Uni sex) size

off white

dark navy

¥36,000+tax

pin stripe

¥38,000+tax

 

 

 


前回ご紹介した

オープンギャザーワンピースと

同じく経糸100番双糸コットンに

100番単糸リネンを緯糸に使用し

平織り組織に変えた生地です。

デザイナー自ら糸1本を

選別することから始まる

kavalオリジナル生地。

経緯ともに超細番手

とりわけ緯糸の100番リネンは

国内でも数社の限られた

機屋さんでしか織ることが

出来ないくらいの細番手糸です。

細番手糸を織機にかける際に

経糸だけでも約8000本という

途方も無い糸本数をかけます。

経緯に超細番手糸を使う平織り。

適度な生地厚を保持するため

前回の綾織りと異なるのは

経糸の100番双糸コットンを

更に約1000本の糸を

追加しているところです。

デザイナーがどうしても緯糸に

100番単糸リネンを使用したい

その理由は生地を見れば

一目瞭然の違いがそこにあります。

本来であればマットな面持ちの

細番手糸リネンにのみ許された

美しい自然な光沢感が

コットンリネン特有の

良い意味でのゴワつきの中に

唯一無二の存在感を宿します。

 

 


off white

まるで100年の眠りから

目を覚ましたばかりの

デッドストックの

手織り布のような

黄色みを帯びたoff white 。

 


右前合わせ

前立ての無い

フレンチフロント。

 




ネックラインを中心に

放射状に広がるギャザー。

肩口から背面へと全周に

ギャザーが寄せられます。

 



首元のギャザーから

開放された布が広がる

Aラインシルエット。

ヘムラインの波打つ

ドレープが美しい。

 





Aラインシルエットを

いかした長め丈は

約84cmと

ブラウスとワンピースの

中間くらいの長さ。

 


ニットやカットソーのような

脇面に縫い目の無い仕立て。

「わさ」と呼ばれる

布帛では珍しい仕立てです。

 


実は肩線にも

縫い目がありません。

 



長めの着丈は

タックインすれば

お好みのブラウジングを

お楽しみいただけます。

 


(off white モデル身長154cm)

PANTS:FIR MUM

Linen Viyella Sarrouel Culottes

SHOES:Atelier d'antan(R.U.)

「Sue」

Long Vamp Shoes

メンズライクな着こなしも

中性的な雰囲気が

とても良いブラウスです。

 

 

さて本日のタイトル

「書を捨てよ 服を作ろう」。


紙を布に見立ててみます。

長方形の布を

横向きに使用します。

 


横に広げた布を

前で合わせます。

ここがフロントの

合わせ部分になります。

 


このままでは

衣服として

着ることが出来ません。

そこで合わせ部分を

ボタンで留めていきます。

上部は首周りの大きさで

全周をギャザーで寄せて

襟なるものを

付けていきます。

 


手を通す場所が

必要だと気付きます。

両端に穴を開けて

袖なるものを付けます。

 

こうして図解すると

1枚の布を渡された子供が

夏休みに作った

自由研究のようです。

 

 


dark navy(sold)

黒にほど近いネイビー。

生地の自然な光沢感と

光が当たるごとに見せる

陰影が美しい1色です。

 





3つのサイズカテゴリー

UNISEXラインのSサイズ。

男女兼用サイズのため

裄丈がやや長めになります。

 


(dark navy モデル身長154cm)

SKIRT:humoresque

Silk Gather Skirt

SHOES:Atelier d'antan(R.U.)

「Jo」

Ribbon Lace Long Vamp Shoes

Aラインシルエットは

夏の主役スカートや

ワイドパンツにも。

ウエスト位置まで

ボタンを開けて

ボトムスの存在感を

アピールする着こなし。

 

 


pin stripe(sold)


off whiteと同じ色ベースで

殆ど見分けがつかないほどの

ヘアラインストライプ。

一定の間隔で

時折2本並びの

ストライプが現れます。

「どうしても作ってみたかった」

デザイナーの拘りが

繊細に描かれています。

 








HAT:coeur femme

BAO Porkpie Hat

INNER:SANFRANCISCO

Dot Reversible T-Blouse

PANTS:FIR MUM

Linen Viyella Sarrouel Culottes

SHOES:Vialis FOR poefu

Pointed toe T-strap Shoes

もちろん日除けや

冷房対策用の

夏の羽織としても

丈感が珍しいので

着慣れてくると

重宝する長さです。

 

 

膨大な知識を得た

kavalデザイナーが

無邪気に制作した

実験的な衣服。

 

先人が初めて作った

穴を開ただけの貫頭衣や

纏うという概念で作った

マントやポンチョと

同様の原始的発想です。

 

寄せて 寄せて 寄せてを

繰り返しながら

先人はギャザーを

自然に発見したのでしょう。

襟は個性を求めた

進化の過程に

生まれたのかもしれません。

 

「コンセプトもテーマもない」

「ただその時々で

作りたいものを創っている」

初めてkavalに出逢った

5年前デザイナーが言った

その言葉をこのブラウスは

思い出させてくれます。

 


*****

ONLINESHOPでの

掲載はしておりますが

ブランドの意向により

「カートに入れる」

行為をお断りしております。

 

ご購入ご希望のお客様は

お手数ですがお電話にて

03-6913-9212(fūga)

もしくは

poefuホームページ

「contact」より

お問い合わせ下さい。

 
Material
Cotton50% Linen50%
Color
off white / dark navy / pin stripe
Size
Small(Uni sex)size
Model
154cm
Other
kaval
Cotton Linen Poncho blouse

バスト:約108cm
身丈:約84cm
裄丈:約80cm
アームホール:約49cm
袖口幅:約10.5cm
裾周り:約195cm

手洗い表記ですが、洗濯機でもお洗濯は可能です。
必ず洗濯ネットをご使用ください。

自らの手で全てのサンプル制作を行うkavalデザイナー。
衣服への知識量と造詣の深さは別次元のレベルです。
それはお洋服を作るノウハウや教科書を、たくさん持っている証明書に他なりません。
敢えてそれらの教科書を一旦捨てて創造された、デザイナーの意欲的な作品性の強いブラウスです。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

Men’s・Women's・Unisexの3カテゴリーの内、Unisexシリーズとしてリリースされているポンチョブラウス。
前下がりと台襟の立ち上がりを抑えたレギュラーカラーに、フレンチフロント。
一見メンズライクなシャツの見た目も、フロントの前たてを無くしたり、縫製糸を極力外側に出さないことにより、中性的な立場のブラウスに仕立ててあります。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

襟周りの全周囲を覆い尽くすギャザー仕立て。
1枚の長方形の布を余すこと無く、首周りを全てギャザーで綴じ込めているため、肩線の無い状態が生まれます。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

視覚で追えないほどの細かなミシン運針ステッチは、国内でも類を見ない高度な縫製技術です。
1800年代のアンティークウエアの手縫いに見るような、既製服を超越した縫製基準が生み出すギャザーに目を奪われます。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

カットソーやニットのホールガーメント仕様のような見た目は、布帛では珍しい「わさ」仕立て。
1枚の長方形布を裁断せずにフロントで合わせるため、脇ハギがありません。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

経糸100番双糸コットンに、100番単糸リネンを緯糸に使用した、平織組織の生地です。
デザイナー自ら糸1本を選別することから始まるkavalオリジナル生地。
経緯ともに超細番手、とりわけ緯糸の100番リネンは国内でも数社の限られた、機屋さんでしか織ることが出来ないくらいの細番手糸です。
デザイナーがどうしても、緯糸に100番単糸リネンを使用したかった理由は、生地を見れば一目瞭然の違いがそこにあります。
本来であればマットな面持ちのリネン。
超細番手糸リネンにのみ許された美しい自然な光沢感が、唯一無二の存在感を宿します。
うっすらと気になるほどでは無い透け感があります。
1年を通して着用が可能で、洗濯強度もある優れた生地です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

kaval Cotton Linen Poncho Blouse / kaval

Sold out
pin stripe dark navy off white
S × × ×

○ In stock / × Sold out