Now Loading...
ログイン
Cart

NO CONTROL AIR COREBRID™️ Zip up Coat / NO CONTROL AIR

今回は2024年最初の投稿ということに加え

バイヤー育成講座みたいになってしまい

いつも以上に長い序文になっております汗

 

今冬店頭で最も人気のアウターが早く見たい

もしくはバイヤーになりたく無い方は

1枚目の画像までスクロールしてください。

 

 

「3年ぶりにアウターを新調したい方が多いはず」

そんな想像のもと臨んだ今秋冬の展示会。

 

秋立ち上がりのHonnete別注コートとは異なる

多くの方に自信を持っておすすめ出来る

冬アウターのメインとなるpoefuでのセレクト。

 

バイヤー注目視点を要約すると

 

①ワードローブのアウターと被らない雰囲気

(生地感や着丈などの見た目+雰囲気)

②秋から春まで季節幅の広い立ち回り

③とは言え越冬も可能な保温性あるもの

④単体が暑くなりすぎないインナー調整型

⑥肩の凝らない軽さやサイズ感はマスト条件

⑦長期愛用出来るシンプルデザイン

⑧物価高騰を感じさせない価格と製品バランス

 

数着オーダーのニッチなアウターとは違い

厳しいハードルが課せられたメインアウター。

 

3年ぶりのアウター新調に最も重要な鍵となる①

「もう収納場所が無いからアウター買いません」

そう発言していたはずの常連さんたちにも

「この感じのアウターは持ってないなあ...」

素敵な言い訳をさせてしまうくらいが目標。

 

②③④はこんな感じでしょうか。

「寒い!これはいかん!」と思った翌日には

「あれ?やっぱりいつもより暖かいかも...」

年明けから例年最も寒くなるはずの2月を前に

暖冬なのかそうでないのか未だ悩ましい今冬。

更に悩ましいのは一旦寒くなってしまうと

電車に乗ったり商業施設に入ったりすると

むしろ暑いくらいに感じる室内環境に

「果たしてちょうどいい冬アウターとは?」

バイヤーながらに思ったりするのです。

 

⑥⑦はpoefuセレクトアウター全ての共通視点。

 

⑧は本来ここで触れるべき内容ではないのですが

今秋冬はかなり意識したバイヤー視点です。

気兼ねなく毎日着る上で選びやすい価格面と

ヘビーユースに対応可能な素材や生地感など

コスパが高くヘビロテワードローブになる1着。

 

新年から序文長過ぎとお叱りを受けそうですが

バイヤーを志していただける皆さんは笑

バイヤー視点を復習しながらお楽しみください。

 

 


NO CONTROL AIR

COREBRID™️ Zip up Coat

steel grey / blue / light grey / black

XS・S size

¥60,500(tax in)

 

 



化繊っぽく見えないポリエステルタフタ。

超極細繊維のポリエステル糸を高密に織り

表面をわずかに微起毛加工する事で

天然素材調なマットな見た目に仕上げる拘り。

(steel grey・blackは僅かにツヤ感があります)

 

 




モデル身長154cm XS size

緩やかなAラインのシンプルデザインコート。

 

 




着衣時の佇まいはシンプルな見た目ながら

ポイントを押さえたお気に入りが多いこのコート。

その1つ目がこのMA1を彷彿とさせるこの襟周り

メンズっぽい雰囲気に絶妙な前下がりの融合。

 

 



ショートブルゾンには敢えてのシャツボタンで

このコートにはWジップフロントという

双方が逆転している点もお気に入り理由ですが

ショート丈もワードローブに無いはずだし

ジップフロントのコートも無くて新鮮だなあと。

 

 



シルエットを作りやすい機能的なWジッパー

黒のジッパープルがスポーティになり過ぎず◎。

 

 



袖口はテンション緩めなゴムシャーリング仕様。

 

 




インナー分量を問わないドロップショルダーに

側面に走る面白い位置の袖シームとパターンで

肘周りが膨らむように強調された

特徴的で可愛いスリーブシルエットは

NO CONTROL AIRの新たなアイコンです。

 

 


お馴染みのアイコン背面のクロスダーツ

背中心で上下左右立体を描くオリジナルパターン。

大学で建築を専攻し独学でパターンまでを引く

兼業デザイナーらしいオリジナリティです。

 

 



突き合わせのCOREBRID™️キルト総裏仕様で

余す事なく暖かい魅力的なコートです。

 

 


冬のメインアウター候補を決定付けた理由は

「COREBRID™️」を採用しているから。

芯鞘構造の導電性・光吸収発熱性繊維の中綿

芯部に高濃度の導電・光吸収発熱粒子を練り込み

高い性能を発揮する新繊維...らしいのですが

いまいち意味が分かりません笑。

分かりやすく解説しますとコアブリッドは

吸収した光を熱に変える性質を持った中綿。

可視光線だけでなく生地通過しやすい赤外線も

熱に変換出来るため裏地でも大丈夫なのです。

また放電しやすい単繊維で静電気が起きづらく

薄手なのに超高性能で優れた裏地というわけです。

 

 



steel grey XS size着用 モデル身長154cm

INNER1:Fabrique en FRANCE FOR poefu

1×1 Cotton Rib Turtle L/S T

INNER2:eleven 2nd

Wool Yak V Neck Chunky  Knit Cardigan

PANTS:Needles

H.D. Pants Tartan Check(sold)

SHOES:ONE TWO & CO.

Velvet One Strap Shoes

(2024SSよりONLINESHOPでもご紹介予定)

ミリタリーでもスポーツウエアでも無い

中庸な雰囲気がNO CONTROL AIRらしい。

ザックリニットや素材感あるウールパンツで

サラリとしたマットなコートとのコントラスト。

 

 

 

 




モデル身長154cm S size着用

 

 














blue S size着用  モデル身長154cm

INNER:NO CONTROL AIR

Cashmere Loose de Kawaii Knit

(this color sold)

PANTS:ゴーシュ

カツラギ VERY ワイドパンツ

個人的にワードローブに加えたサックスブルー。

理由はCOREBRID™️性能の興味とモニタリング

ダウンではないジップコートを持っていない事

冬アウターとしても着れるのに寒色使いが

なかなか無い面白い色選びだと感心したので。

(という可愛い言い訳を述べてみます)

ライトグレーやアイボリーホワイトは

絶対的に相性の良い空のイメージで。

秋冬らしからぬ淡色使いがとても新鮮です。

 

 

 






light grey S size着用 モデル身長154cm

INNER1:kaval

Wool Cashmere Crew Neck Over T

(this color sold)

INNER2:NO CONTROL AIR

Hyper Stretch Blouson

PANTS:NO CONTROL AIR

Polyester Balky Double Knit

Tapered Pants

11月以降店頭では今期1番人気の冬コート。

もちろん軽量さやインナー調整での季節幅に

かなりの重ね着にも着膨れしない点があります。

春コートとしても流用しやすいライトグレー。

 

 

 






black XS size着用 モデル身長154cm

INNER1:kaval

Wool Cashmere Crew Neck Over T

(this color sold)

INNER2:NO CONTROL AIR

Hyper Stretch Hooded Coat(sold)

PANTS:NO CONTROL AIR

Melange Polyester Tapered Pants(sold)

使い勝手が良い炭黒っぽいマットブラックは

このコートが持つニュートラルさだけでなく

デザイナーズやハイブランドっぽいモード感

色々な表情を見せてくれる1番の人気色。

 

 

店頭では何度も色欠けをしながら

再入荷を繰り返してきた今冬の大本命アウター。

 

暖冬かどうか未だ分からない今冬。

というよりこれから先の冬はどうなるのか?

そんな不安もきっと安心に変えてくれるはず。

新年早々序文から熱くなりすぎましたが

暑くなり過ぎないのが自慢のアウターです。

ワードローブに無さそうでしたら是非とも。

 

 
Material
Polyester100%, PADDING:Polyester95%・Acryl 5%, LINING:Polyester100%
Color
light grey / blue / steel grey / black
Size
XS / S size
Model
154cm
Other
NO CONTROL AIR
COREBRID™ Zip up Coat

XS
バスト:約134㎝
身丈:約108㎝
裄丈:約77㎝
アームホール:約44㎝
袖口幅:約15〜20㎝(ゴム仕様)
裾回り:約144㎝

S
バスト:約140㎝
身丈:約113㎝
裄丈:約84㎝
アームホール:約48㎝
袖口幅:約15〜20㎝(ゴム仕様)
裾回り:約150㎝

両側ポケット・左側内ポケット付

ドライクリーニング表記

緩やかなAラインシルエット、シンプルデザインのコート。
ミリタリーやスポーツウエアともまた異なるNO CONTROL AIRらしい中庸であくまでも洋服的なアプローチがとても気に入ったメインアウターの1着です。
個人的にも今秋冬ワードローブに加えた1番の理由は、ダウンとは異なる軽くて暖かいアウターが欲しかった事とジップフロントが気に入ったため。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

化繊っぽく見えないポリエステルタフタ。
超極細繊維のポリエステル糸を高密に織り、表面をわずかに微起毛加工する事で、天然素材調なマットな見た目に仕上げる拘りです。
(steel grey・blackは僅かにツヤ感があります)
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

今秋冬poefuでセレクトするメインアウターとしてこの1着を選んだ何よりの理由は「COREBRID™️」を採用しているから。
コアブリッドは吸収した光を熱に変える性質を持つ、近年開発された高性能な中綿。
可視光線だけでなく生地通過しやすい赤外線も熱に変換出来るため、裏地でもその効果が得られます。
また放電しやすい単繊維で静電気が起きづらい。
薄手高機能中綿で秋から春までの長期間とインナー次第で越冬可能、体温調整もしやすい点が大きなセレクト理由となっています。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

着衣時の佇まいはシンプルな見た目ながら、ポイントを押さえたお気に入りが多いこのコート。
MA1を彷彿とさせる襟周りはメンズっぽい雰囲気に、絶妙な前下がり具合で女性らしく仕上げています。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

シルエットを作りやすい機能的なWジッパー。黒のジッパープルがスポーティになり過ぎず良いですね。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

COREBRID™️キルティング総裏仕様、突き合わせで張り巡らされているので余す事なく暖かい。
内ポケットが付属します。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

両サイドにハンドウォームポケットが付属します。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

側面に走る面白い位置の袖シームとパターンで、肘周りが膨らむように強調された特徴的で可愛いスリーブシルエットは、NO CONTROL AIRの新たなアイコン。袖口はテンション緩めのゴムシャーリング。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

お馴染みのアイコン、背面のクロスダーツは背中心で上下左右立体を描くオリジナルパターン。
大学で建築を専攻し、独学でパターンまでを引く器用な兼業デザイナーらしいオリジナリティです。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

NO CONTROL AIR COREBRID™️ Zip up Coat / NO CONTROL AIR 60,500yen

NO CON・FIR MUM Color

NO CONTROL AIR size

quantity

XS S
light grey × ×
blue × ×
steel grey ×
black ×

○ In stock / × Sold out