Now Loading...

NEWS

11月の入荷情報とONLINESHOP

2018.11.16|Blog

11月はアウターとニットに

「あの手袋」をはじめ冬小物が勢揃いします

 

11月16日(金)

poefu

○GLEN GORDON

・「あの手袋」

たくさんのお問い合わせをいただいておりました「あの手袋」

今秋冬はショート10色 FOR poefuロング6色でのご紹介です

 

11月10日(土)

ONLINESHOP

○ゴーシュ

・ベビーアルパカアシンメトリーギャーンジーニット

・ベビーアルパカクルーネックニット

 

fūga

○kaval

・カシミアリネンツイルフィッシュテールコート

・カシミアリネンツイルオーバージャケット

・カシミアセーブルロングニットカーディガン

・カシミアセーブルニットストール

・ソフトウールカシミアドローストリングパンツ

・ソフトウールカシミアフレアースカート

・ソフトウールカシミアAラインコート(sold)

・メランジカシミアストールコート(sold)

今秋冬入荷予定のkavalが全て届きました

カシミアセーブルのニットシリーズも是非お早めにご覧ください

○beutiful shoes

・ワンストラップオールマイティシューズ

今秋冬よりお取り扱いが始まるビューティフルシューズ

その名の通り美しい佇まいと素晴らしい足入れをお楽しみください

 

poefu

○humoresque

・シルクワイドギャザーブラウス

 

 

11月8日(木)

ONLINESHOP

○GASA*

・「SARA」レースバッスルスカート

・「SARA」レースローブガウン

 

fūga

○NO CONTROL AIR

・コクーンコート

とてもスタイリッシュなコクーンコート

nitcaのものと併せて是非ご覧ください

 

poefu

○Honnete

・イタリアンラムズウールメルトンショールカラーコート

たくさん重ね着しやすくて何だかお洒落なアウター

今秋冬は新色のエクリュベージュと姉妹伴でチャコールグリーン

ベーシックなネイビーにチャコールの4色展開です

○Johnstons of Elgin

・カシミアニットベレー

憧れのカシミアのニットベレー

形もとても良くかぶりやすいです

TOKIHO 2019 S/S Order Exhibition

2018.11.16|Blog

TOKIHO 2019 S/S Order Exhibition

11月16日(金)〜20日(火)at fūga(2F)

TOKIHO2019春夏コレクションの全サンプルをいちはやく

ご覧いただけるご予約会となります

デザイナー吉田季穂氏のライフワークである油絵や写真も

同時にご覧いただける機会となりますので

皆様のご来店を楽しみにお待ちしております

 

 

 

 

11月お休みのお知らせ

2018.11.14|Blog

11月お休みのお知らせです。

1日(木)・7日(水)・14日(水)の3日間

25日(日)はpoefu(1階)のみ営業となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

「実にゴーシュらしい」〜あなたは理系、私は文系〜

2018.11.10|Blog

「実にゴーシュらしい」

今秋冬コレクションの中で最もその「らしさ」が爆発した一枚。

そしてこの「実にゴーシュらしい」は筆舌に尽くし難い一枚です。

 

ゴーシュ

Baby Alpaca Asymmetry Guernsey Knit

light grey / grey / black

2(one)size

¥42,000+tax

 

 

ベビーアルパカ100%を使用したニット。

ペルーを中心に高地に住むアルパカは柔らかな毛質でとても温かい。

個体の小さな赤ちゃんの毛だけを使用しているため

膨大な毛糸量が必要ですが高品質で美しい毛質が特徴です。

4年前までリリースされていたベビーアルパカシリーズよりも

格段にクオリティが高くなっていることに気付きます。

以前のものはペルー紡績のラフさのある毛糸を使用していましたが

今回のものは日本国内で紡績した毛糸を使用しているので

毛質が格段に滑らかになっているためです。

敏感肌の方は着始めにややチクチクするかもしれませんが

お洗濯を繰り返していく事で更に肌なじみが良くなっていきます。

 

 

light grey(sold)

ニットの温かみある素材感と寒色のライトグレーのマッチング

淡色ニットのストールを羽織るような感覚で。

 

はい…。

全く何のことだか分かりませんね。

それでは着画像ではなく平置き画像で見てみましょう。

 

はい……..。

ますます分からなくなってきましたね。

店頭で「これは洋服ですか?」とご質問をいただくほどです。

もちろんお洋服なのでまず着方だけでもお伝えしようかと思います。

 

右下部に見えているこのリブ部分から侵入してください。

 

次に左手をこちらから出してください。

 

なんとなくモゾモゾと左角を目指しながら上方に進んでいってください。

 

こちらが頭の出口です。

 

あとは右手を出すだけです。

 

お疲れ様です。

無事に着ていただけて少しお分かりいただけましたでしょうか。

それではもう一度着画像と置画像を見ながら強引に筆舌してみましょう。

 

 

袖や裾リブ部分を除けばおおよそは正方形です。

入り口と出口

左袖と右袖

それぞれは対角線上にあることが分かります。

身体はそれぞれの対角線を結ぶ交点の中心にいることになります。

おおよそ正方形の対角線を身体は通っていくので

約45°くらい(実際の見え方は約30°くらい)の角度で

傾斜した状態で着ることになります。

 

近付いて見てみるとニットの編み地が斜めになっています。

 

 

正方形を斜めに着ているような状態のため

片側にボリュームが集まっていきます。

片側の袖は覆いかぶさるように隠れて

もう片方の袖リブはスッキリと姿を現します。

 

手を広げてみると更に分かりやすいかもしれません。

 

?????

右袖と左袖が入れ替わったように見えますね。

 

実はこのニット前後差が無くネックラインに下がりも無いので

リバーシブルのように前後どちらでも着ることが可能なのです。

まるでイギリスとフランスの間に位置するギャーンジー島で生まれた

漁師が早朝の漁に出かける際に真っ暗闇で着ることを理由に

前後どちらでも着ることが出来るようにしたギャーンジーニットのようです。

 

強引に筆舌に尽くしがたい「らしさ」に抗ってみましたが

少しはお分かりいただけましたでしょうか。。。

 

OUTER:nitca FOR poefu Wool Cashmere Beaver Cloth Cocoon Coat

SKIRT:Pois E「OPERA」Skirt

SHOES:R.U.「Jo」One Lace Long Vamp Shoes

シンプルなアウターのインナーとして「実にゴーシュらしい」

表情豊かで異彩なドレープを魅せてくれます。

 

 

grey

ニットならではの多色使いでメランジ感のあるグレーは

着用時のねじれや傾斜が目に見て取れます。

 

OUTER:evam eva Press Wool No Collar Coat

PANTS:ゴーシュ Soft Wool Serge Wide Pants

SHOES:R.U.「Jo」One Lace Long Vamp Shoes

BAG:poefu Almighty Leather Bag Large

evam evaで最も象徴的なプレスウールのアウターに

マニッシュなスーツ生地のウールサージと

秋冬らしいさまざまなウールアイテムとのコーディネート。

 

 

black

わずかに白糸が見える程度のソリッドなブラック。

ドレープ陰影が美しい一色はまるで布帛のような佇まいで

モード感のあるこのニットを一段と良く見せてくれます。

 

OUTER:Andrew Driftwood Hospital Coat Tea Dye

INNER:Itoi Collection by Yuri Park「FUJI」Cashmere Cardigan

SKIRT:humoresque Silk Polyester Mix Tuck Skirt

SHOES:NORIEI Unfinished Cordovan Derby Shoes

淡色の中にソリッドなブラックをさし色として効かせて。

ドレープ感やねじれのあるアイテムたちとの共演です。

 

 

ゴーシュデザイナーの泉夫妻は元パタンナー。

名作カツラギワイドパンツやポケット付きシャツなど

どちらかというとシンプルで着心地の良いベーシックな

お洋服を作るブランドという印象が強いかもしれませんが

実は誰もが知る世界的なハイブランドのパタンナー出身です。

 

その出自を知ると彼らの本質はここが原点とも言える気がします。

「変わっているけど本当に面白いニットですね」と問いかけても

「そうですかねぇ。。。普通だと思いますよ」と事も無げに答えます。

 

パタンナーは身体とお洋服の関係性を数学のように操ります。

言わばそれは究極の理系が作り出すお洋服です。

私はそれを読解するお洋服の学校を出ていない文学部出身のバイヤーです。

 

「実にゴーシュらしい」

あなたは理系

私は文系

 

ONLINESHOPでもご紹介しております。

是非ご利用ください。

 

「実にゴーシュらしい」〜らしさの所以〜

2018.11.09|Blog

「実にゴーシュらしい」

 

ゴーシュデザイナー泉さん夫妻はお二人ともに

誰もが知る超一流ブランドのパタンナー出身です。

彼らにかかればニットもこんな風になってしまう。

とてもシンプルな見た目にはゴーシュにしか作り得ない

「実にゴーシュらしい」ニットのご紹介です。

 

 

ゴーシュ

Baby Alpaca Crew Neck Knit with Pocket

2 ( one ) size

¥42,000+tax

 

 

ベビーアルパカ100%を使用したニット。

ペルーを中心に高地に住むアルパカは柔らかな毛質でとても温かい。

個体の小さな赤ちゃんの毛だけを使用しているため

膨大な毛糸量が必要ですが高品質で美しい毛質が特徴です。

4年前までリリースされていたベビーアルパカシリーズよりも

格段にクオリティが高くなっていることに気付きます。

以前のものはペルー紡績のラフさのある毛糸を使用していましたが

今回のものは日本国内で紡績した毛糸を使用しているので

毛質が格段に滑らかになっているためです。

敏感肌の方は着始めにややチクチクするかもしれませんが

お洗濯を繰り返していく事で更に肌なじみが良くなっていきます。

 

 

light grey

ぽわんとした淡い色合いが混じり合うメランジライトグレー。

メリハリの強くない柔らかなモノトーン。

 

 

ドロップショルダーの袖付けと長めのリブ袖が

絶妙なバランス感で様々な表情を描き出します。

 

見た目には詰まっているように見えて着てみると詰まっていない。

首元を縁取るように描く円形のネックラインと小さな胸ポケット。

ゴーシュというブランドを象徴付ける静かなアイコンディテールです。

 

プルオーバーニットにはとても珍しいハンドウォームポケット。

非実用性な胸ポケットとの対称が互いの存在を高め合います。

 

 

身体に沿い温めるというニット本来の機能目的よりも

時に寄り添い時に離れる布帛のようなドレープは

着る人の身体と布とが対話をすることを目的にしているかのようです。

 

 

OUTER:susuri Donor Onepiece

PANTS:ゴーシュ カツラギワイドパンツ

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

スッキリとした袖シルエットなので

シャツワンピースなどのインナーとしても。

 

 

 

grey

何色もの糸を使い1つの色を作り出す

ニットならではの色合いと温かみが魅力のグレー。

ミックスされた色調がとても奥行きのある仕上がりです。

 

OUTER:minä perhonen「tambourine」Down Vest

PANTS:SANFRANCISCO Mole Skin Tapered Pants(sold)

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

ダウンベストの裾からひらひらとドレープする

ニットらしからぬ表情が「実にゴーシュらしい」。

メンズライクな雰囲気のアイテム同士なのに

女性らしく可愛さを感じるおすすめのコーディネート。

 

 

 

black

わずかに白糸が見える程度のソリッドなブラック。

ドレープ陰影が美しい一色はまるで布帛のような佇まいです。

 

OUTER:TOWAVASE「Permanent TOWAVASE」

Silk Hand Stitched Quilt Robe Coat

SKIRT:minä perhonen「rosy」Silk Embroidery Skirt

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu Lace up Boots cenere

 

 

「実にゴーシュらしい」

そのらしさたる所以はニットなのに型紙を用意しているところです。

ニットは糸のゲージや色や編み立ての仕方を書いて

絵型をもとに指示書だけで専業の工場さんへ依頼する場合が多く

布帛のように型紙を用意するということの方が少ないのです。

パタンナー出身のデザイナー泉夫妻は型紙を用意し

デザイナーが思い描いた形のニットを寸分違わず作り出しているのです。

まるでテーラードジャケットを仕立てるかのように

細部に至るまでが計算しつくされたパターンデザインになっています。

 

「実にゴーシュらしい」

一見シンプルすぎるくらいなお洋服ばかりのゴーシュ。

あまり多くを語られることのないブランドなのに

たくさんのファンが多い理由とは。

元パタンナーにしか作り得ないニットは

その「実にゴーシュらしい」を静かに雄弁に語りかけてきます。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用ください。

 

 

123...102030...