Now Loading...

NEWS

お詫び

2019.04.01|Blog

Instagramでお伝えしておりました

beautiful shoes

「MARYJANE」

One Strap Heel Shoes

現在サイズが大幅に欠けておりますので

ONLINESHOPでのご紹介は再入荷時

4月中旬から下旬を予定しております。

 

 

 

3月のお休みと入荷情報

2019.03.28|Blog

3月のお休みと入荷情報のお知らせです

 

店休日・・・12日(火)25日(月)26日(火)

poefu(1階)のみ営業・・・16日(土)

 

3月28日(木)

poefu

○susuri

・クラウンドレス

・クラウンブラウス

・タマーロングシャツ

・ドナーワンピース

受注会でも一番に好評をいただきたくさんのご予約をいただいた

クラウンドレスとクラウンブラウスが届きました

○TOKIHO FOR poefu

・「PRESENSE-Ⅱ」グログランワンピースコート

 

3月21日(木祝)

poefu

○TOKIHO FOR poefu

・「NIL-Ⅱ」 ラミーワンピース

名作「NIL-Ⅱ」を夏にも快適なラミーで特別に仕立ててもらいました

○ゴーシュ

・オーガニックコットンブロードワイドパンツ

今春より新しく展開されるワイドパンツ

もちろんのシルエットの美しさでおすすめです

○NO CONTROL AIR

・レーヨンスパンべアテレコ3/4 T

・レーヨンスパンべアテレコ ノースリーブT

おじいちゃんTと同じくらいおすすめのカットソーが届きましたので

ご来店時には忘れずに必ずご覧ください

 

3月20日(水)

ONLINESHOP

○susuri

・ドロシーコート

 

3月17日(日)

ONLINESHOP

○MASQUE FOR STRANGE BOUTIQUE FOR poefu

・比類なきコート

fūga

○MASQUE FOR STRANGE BOUTIQUE FOR poefu

・比類なきコート

2階「fūga」を生みだした例えようも比べようも無いコート

ONLINESHOPでもご紹介しております

○Cardo Fabrica

・カットワークレース刺繍ワンピース

春夏らしい涼感と甘さを控えたカットワークレースのワンピース

ワードローブバリエーションに1着いかがでしょう

 

3月16日(土)

ONLINESHOP

○BLUE BLUE

・リネンデニムコート

完売しておりましたが再入荷いたしました

poefu

○TOKIHO FOR poefu

・「PRESENCE-Ⅱ」コットンリネンツイルコートワンピース

TOKIHOで一番好きなあの生地で仕立ててもらいました

 

3月14日(木)

fūga

○kaval

・リネンリボンパンツ

・リネンウーブンストリングスサロペット

・リネンブランケットステッチフーディーコート(sold)

今春夏のkavalらしい作品性の強いユニークなパンツとサロペットです

○NATIVE VILLAGE

・ネックバックリボンワンピース

・スリーブリボンワンピース

・バックプリーツブラウス

不思議な紐がプラプラとぶら下がるリボンワンピースです

poefu

○susuri

・ポポロワンピース

・ユーリイシャツ(sold)

・ジャニターワンピース(sold)

・トラピーズスカート(sold)

 

3月10日(日)

poefu

○NO CONTROL AIR

・かぼちゃパンツ

毎シーズン色や素材を変えながら展開される名作パンツ

今春夏もぜひお楽しみください

○Ebony Ivory

・体操発泡プリントT

・プリーツコラージュワンピース

poefuのセレクトとしては珍しい愉快で可愛いプリントT

 

3月9日(土)

ONLINESHOP

○minä perhonen

・「rosy」シルクフラワーエンブロイダリースカート

fūga

○LENSE

・解撚リネンスリットノーカラーコート

・解撚リネンインサイドアウトコート

Leyirisに続き本当にすごい新人デザイナーがまた一人現れました

二人の新人にご期待下さい

 

3月7日(木)

poefu

○TOKIHO

・「PRESENCE-Ⅱ」コットンリネンシアサッカーワンピース

○BLUE BLUE JAPAN

・レーヨン絣ギンガムロングカーディガン

・レーヨン絣ギンガムスリットカーディガン

poefuでは珍しギンガムチェックです

JAPANらしいオリジナルの絣(カスリ)のギンガム生地は

とても気持ちの良い生地感でおすすめです

○OTOAA

・タイプライタークロスワイドパンツ

今春よりお取扱が始まるブランドOTOAA

今シーズンはこちらのパンツだけになりますが

是非店頭でご覧ください

 

3月4日(月)

poefu

○UNIVERSAL TISSU

・コットンオーガンジードレス

・タイプライタークロスタックワンピース

 

3月3日(日)

ONLINESHOP

○NO CONTROL AIR

・オールマイティー ウエストギャザーワンピース

 

3月2日(土)

fūga

○Leyiris

・立体裁断アシンメトリーシャツワンピース

今春よりお取り扱いを始める新しいブランドです

何通りにも着こなせる正解の無い興味深いワンピース

是非店頭でご覧ください

 

poefu

○fruits of life

・コットンシルクチャイナドレスコート

スタイリスト大橋利枝子さんが手がけるお洋服

fruits of lifeのお取り扱いが始まりました

 

 

3月1日(金)

ONLINESHOP

○ironari

・FOR poefu サクラコート八千代

・ノーカラーサクラコート

○TOWAVASE

・「Hand Smock」カディコットン ハンドスモックドレス

 

poefu

○susuri

・チルコワンピース

・チルコブラウス(sold)

・チルコパンツ(sold)

○FIR MUM

・イズミールコットン3/4T

・リネンビエラテーパードパンツ

・リネンビエラキュロット

完売しておりましたリネンビエラパンツが再入荷しました

○EBONY IVORY

・ウールポリエステル ランダムプリーツ ジャケット

・ウールポリエステル テーパードパンツ

「可愛いだけじゃ駄目かしら?」なとても可愛いセットアップです

 

 

天邪鬼

2019.03.23|Blog

今春susuriコレクションの中で最も美しいと感じたワンピース。

コレクション毎に8割はデザインを一新する

susuriとしては珍しい昨秋冬シーズンからの継続デザインです。

 

susuri

Parto Dress

navy

1(one)size

¥48,000+tax

 

susuriコレクション約半分ほどの内容を占めるワンピース。

それぞれにブランドの「らしさ」が表現される様々なデザイン。

その中でこのワンピースは少し特別な位置づけかもしれません。

ブランド創業時からsusuriデザイナーが固執し作り続ける

宗教的な衣服のエッセンスを取り入れたものになります。

 

肌の露出を控えたミニマルなデザインや機能的なシルエット。

そこにはシンプルで無駄の無いライフスタイルの修道女が投影されます。

この世界のどこかに存在する教会でいつの日か目にしたような

まるで映画や古い絵画の中から抜け出してきたような

どこかノスタルジックで不思議なデジャブを想起させてくれます。

 

ネックラインからの放射状ダーツによる立体的な上半身と

規則的に並ぶ共布で包んだボタンは正された規律のように。

 

 

ドロシーコートでも使われている80番双糸のオックスフォード。

滋賀県で織られたsusuriオリジナル生地です。

日本全国の機屋(はたや)へデザイナー自ら赴き

地域毎での特異性をオリジナル生地で表現しています。。

見慣れたベーシックなオックスフォード地の痕跡はなく

表面は滑らかで生地そのものに自然なツヤ感があります。

高密度に織り上げた生地表面のコットン毛羽をガス焼きした後に

ハリを持たせる特殊な後加工を二重に施しています。

シャツ地よりもやや厚手でシャリ感があり夏場以外に着用が可能です。

(色目は着画像が実物に近いものになります)

 

上半身ダーツの延長線をそのままに貫き波打つドレープ。

無駄の無いシンプルで最小限のデザインと美しさの連動。

 

宗教的なエッセンスそれは現代服とは少しかけはなれて

何処か縁遠く感じる場合は「アーミッシュ」や「シェイカー」など

今もなお私たちに大きく影響を及ぼしている人々の暮らしや

彼女たちが着ているものを想像すると良いのかもしれません。

 

 

OUTER:fruits of life Silk Cotton Satin China Robe

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

シルクの艶感が麗しいチャイナローブ風の羽織を。

シンプルなデザインながら存在感のある両者が

異素材感のあるワントーンで引き立てあっています。

 

 

 

最もsusuriを象徴する名作ヘムレンシャツワンピースが

初めてコレクションに加わった 確か。。3年半前の秋冬。

用意していた20着のヘムレンシャツワンピースは

店頭でのオーダー会で全て完売してしまうほど

ファーストシーズンから名作を予感させる人気ぶりでした。

 

最終日 打ち上げの席でsusuriデザイナー斎藤さんは

「あのワンピースはそんなに認められるものとしてデザインしていない」

オーダー会でのヘムレンシャツワンピースの予約完売を素直に喜ばず

挙句の果てには「もう作らない」とまで言い出してしまうほどでした。

その天邪鬼感をそこにいた皆で笑いながらも真剣になだめ

以来ずっとヘムレンシャツワンピースは色だけを変えながら作り続けられ

今も多くの方から支持を得るsusuriを代表する名作になりました。

 

 

ファッションデザイナーは勝手なもので

カテゴライズされたり多くの人に認められすぎると

その場から逃げてしまう傾向があるように思います。

 

それはまるで掌からスルリと流れ落ちてしまう形の無い水のように。

 

susuriはエスペラント語で「さらさらと流れる音」を表します。

何気なく無意識のようにそこに当たり前のように佇まう

決まった形が有るようでいて無い水の流れるような音。

留まったかと思えば またさらさらと流れていく。

 

こちらが愛でようとすることを知って恥ずかしがるように

指の隙間からさらさらと悪気なく逃げていってしまう。

 

一年前にご紹介したシンプルで美しいヴォタリーワンピースも

実は宗教的なエッセンスでデザインされた連作です。

その時も「たくさんオーダーはいただかないんですが

個人的には一番のお気に入りだったりするんです」

小声でささやくデザイナー。

 

あまり愛ですぎると いつまた掌から逃げ出すかもしれません。

このワンピースの美しさはこちらを今読んでいる方と

何人かの着てくださる方だけの秘密でお願いいたします。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

君がいない初めての春

2019.03.20|Blog

poefuでsusuriを始めたシーズンから

たくさんの方に愛され続けた名作「ドロシーシャツコート」。

このコートをきっかけにsusuriというブランドを知った

お客様もたくさんいらっしゃるかと思います。

ただ残念ながら今春「ドロシーシャツコート」は展開がありません。

 

7年近くに渡り愛され続けたそのコートは今春より

その面影を宿しながら新たに生まれ変わりました。

 

たくさんの方に愛されてきたものを継続しないということは

デザイナーズブランドにとって商業的な一面だけではなく

とても勇気がいる決断だと思います。

 

7年を迎えたsusuriの勇気ある決断。

そう考えてみるとデザイナーがsusuriの”今”を

最も投影しているのはこのコートなのかもしれません。

 

susuri

Dorothy Coat

navy

0 / 1 / 4

¥50,000+tax

(モデル身長153cm 0 size着用

0 size=約7号〜9号 / 1 szie=約11号〜13号

4 size=約Men’s M sizeに相当します)

 

 

susuri2シーズン目のテーマ「オズの魔法使い」の

登場人物ドロシーが着ているイメージから生み落とされた

シャツワンピースのような一重の軽やかなコート。

「ドロシーシャツコート」は今春から「ドロシーコート」に。

アウターには似つかわしくない小さなボタンがリズミカルに並び

背面にはsusuriのアイコンディテールの誇張されたハンガーループ。

前作に比べサイズ感はやや大きく着丈も7cm長くしながらも

全体の雰囲気はドロシーシャツコートの面影を残します。

今でこそ見慣れたsusuriの「らしさ」がふんだんに盛り込まれた

デザインの外郭はそのままにオリジナルの生地を使用し

立体的で美しいパターンメイキングによる美しいシルエットと

ディテールの細部までを入念に作り込んでいくことで

今現在と未来のsusuriの進もうとしていく新たな物語

第二章のプロローグをお洋服で描きだしているかのようです。

 

 

ここ2・3年でsusuriが大きく変化した一番の理由が

オリジナルテキスタイル(生地)へのあくなき執着です。

日本全国の機屋(はたや)へデザイナー自ら赴き

その地域が得意としている特異な生地を作り出しています。

コレクションの8割ほどが世に出回っていないオリジナル生地。

今回の生地は80番双糸をオックスフォードに織ったもの。

と言っても見慣れたオックスフォード地の痕跡はなく

表面は滑らかで生地そのものに自然なツヤ感があります。

高密度に織り上げた生地表面のコットン毛羽をガス焼きした後に

ハリを持たせる特殊な後加工を二重に施しています。

シャツ地よりもやや厚手でシャリ感があり夏場以外に着用が可能です。

(色目は着画像が実物に近いものになります)

 

 

全体の雰囲気や外郭は前作と同じように見えていても

ボタンを留めてみるだけでもその差は歴然としています。

 

前身と後身の間に大きめのハギを末広がりの台形で入れています。

脇ハギが身体の側面(厚み)を自然に受け止めると同時に

前身頃の分量がスッキリと収まるよう視覚的に映る仕組みに。

身体に沿いつつもストレスの少ない立体的なシルエットです。

 

ポケット下から開放された布が大きく波打つ流麗なドレープ。

スッキリとした上半身とは対照的に分量感のあるヘムラインが

スカートのように広がる美しいAラインシルエットです。

 

 

 

ドローコードはアウターらしからぬ華奢なデザインのままで。

前作と違うのはやや高めの位置に変更されたこと。

上下の異なるシルエットバランスを強調する高さです。

 

 

デザイナーが「ドロシーシャツコート」にかけた一つの魔法。

右前身頃に見えるコードが往復しボタンを留めなくても

なぜかフロントが留まって見えるという摩訶不思議。

左前身頃裏に隠されたループがその魔法の種です。

「ドロシーコート」でも魔法はとけないままにしてあります。

ドローコードが往復する右前身を強めに絞るのがオススメです。

poefuではこの着こなし方を「オオモリ」と呼んでいます。

一番最初に「ドロシーシャツコート」を購入してくれた

お客様の大森さんがこの着こなしでお洒落に現れた日。

7年たった今でも鮮明に蘇ります。

 

 

INNER:Tabrik FOR poefu Reversible Pleats Blouse

FIR MUM:Strange Pocket Cotton Twill Wide Pants

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe T-strap Shoes

春に欠かせないメンズライクなチノベージュのパンツと白ブラウス。

前作よりもAラインの末広がりが強調されたことで

ワイドパンツやキュロットもちろんスカートにも好相性です。

 

 

INNER:humoresque All in Onepiece Stripe

INNER:CLOSELY Cotton Silk Rib Tanktop

SHOES:beatiful shoes「MARYJANE」One Strap Heel Shoes

BAG:TACHINO CHIE「M.F.B」Vegetable Tanned Leather Bag

前作「ドロシーシャツコート」と今春からの「ドロシーコート」の

一番に大きく異なる印象をスタイリングで分かりやすく。

生地感やディテールの変化は大人っぽいキレイめコーデのアウターとしても。

 

 

デザイナーが進みたい道と未来予想図。

実は2年ほど前から新たに再構築することについて

デザイナーとは何度も話し合いを重ねていました。

お店側の立場としてはずっと同じであり続けて欲しいという想い。

2シーズン目よりお取り扱いを始めsusuriの成長過程や紆余曲折

7年での大きな飛躍を身近に感じてきた家族のような想い。

バイヤーとしては7年の時を経た今だからこそ出来る

名作の進化系をお客様に見て欲しいという想い。

様々に複雑な想いが絡み合いながらの2年でした。

 

 

 

君(ドロシーシャツコート)がいない初めての春。

 

君の面影を少し残して美しくなった君(ドロシーコート)がいる初めての春。

 

 

ONLINESHOPでもご紹介しております。

是非ご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

薔薇色の人生

2019.03.09|Blog

先日3月5日にpoefuは8周年を迎える事が出来ました。

各ブランドやメーカーさま デザイナーや作家さまはもちろん

何よりもたくさんのお客様からのご愛顧や支えあっての

8年という時の重なりに心から感謝申し上げます。

 

そしてオープン当初からお取り使いをさせていただいておりました

minä perhonenは今春を最後にpoefuでの展開が終了します。

日本国内を中心に日々深刻化するお洋服の過酷な生産背景。

poefuだけでなく日本国内のセレクトショップ約70店舗での

展開が今春夏で終了となってしまいます。

 

poefuでは最後となるminä perhonenのお洋服のご紹介です。

 

 

minä perhonen

「rosy」

Silk Flower Embroidery Skirt

navy / gray

36〜40 size

¥68,000+tax

(モデル身長153cm)

 

シルクのみに許された上質な光沢。

滑らかでハリ感のあるシルクタフタをベース生地に

ぽってりとした厚みのあるコットン刺繍糸の対比が美しいテキスタイル。

薔薇たちの幾層もの花弁を表現する刺繍糸の軌跡は

機械刺繍には全く見えないほどの躍動感に満ちあふれています。

デザイナー皆川明 氏が描いた原画のひと筆ひと筆の意思を辿り

刺繍糸が途方もない時間をかけて描いた旅路の絵地図のようです。

 

 

navy

 

不規則に並べたウエストタックが見せてくれる陰影は

無地にひと時も同じ顔を見せない豊かな表情を与えます。

 

ヘムラインには折り込むような二段のティアードスタイル

このさりげない施しにより布のタワミが出ること無く

刺繍の柄面もシルエットもしっかりと出すことが出来ます。

 

OUTER:nitca FOR poefu Sheep Leather Rider’s Jacket(sold)

INNER:Fabrique en France 1×1 Rib Cotton Turtle L/S T

PANTS:humoresque Silk Shirring Pants(launched soon)

SHOES:minä perhonen「magnolia」Leather Mule(sold)

(モデル身長153cm 38size着用)

シルクのスカートにレザーのライダースジャケット。

ワードローブにあまり無い天然素材同士の組み合わせです。

そしてフェミニンとマニッシュなアイテムの組み合わせ。

例えばデニムとバレエシューズの関係性のように

対極にありそうなアイテム同士は組み合わせてみると

意外にもベストマッチだったりするものです。

 

 

OUTER:ironari FOR poefu サクラコート八千代

INNER:susuri HEMULEN Shirt

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe T-strap Shoes

(モデル身長153cm 38size着用)

さりげなくブルーからネイビーのワントーンコーデと

サクラ(コート)の下に薔薇で二つの花を咲かせてみました。

お花見をお洋服とともに楽しめる季節ですね。

 

 

 

gray

タックインとタックアウトはお好みのバランスで。

春夏はウエストマークが高くなることでスタイルも良くなり

「スカートが主役」のタックインの着こなしが多くなるかもです。

刺繍面を中心にして3分割される上下は無地面。

トップスやシューズはその無地面に合わせるイメージで。

そう考えると無地スカートのように気軽に着こなせそうです。

 

OUTER:susuri HEMULEN Shirt Onepiece(this color sold)

INNER:assiette Cotton Silk Lace Blouse(this color sold)

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

(モデル身長153cm 36size着用)

春コート代わりに羽織ったシャツワンピース。

オープンフロントになることが多くなる穏やかで暖かい春の日。

ワンピースから自然にのぞく薔薇の刺繍が春らしい雰囲気に。

 

 

OUTER:Ebony Ivory Random Pleats Jacket

INNER:Tabrik FOR poefu Ramie Reversible Pleats Blouse

SHOES:beautiful shoes「MARYJANE」One Strap Heel Shoes

BAG:poefu FOR poefu Almighty Leather Basket

(モデル身長153cm 36size着用)

+ジャケットで春の入学式や式典用のスカートとしても。

大切な記憶や記録の中にミナのお洋服がある幸せを。

 

 

 

15年前

「将来もし独立して自分のお店を持つようなことがあれば

ミナペルホネンをセレクトしてみたい」

まだ京都にいた頃そんなことを夢想していました。

 

その2年後スタイリスト大森伃佑子さんから

「来年京都にミナの直営店が出来るよ」と聞いた瞬間

私は自分の夢が潰(つい)えてしまい その場で号泣してしまいました。

 

その翌年2007年にminä perhonen京都店がオープンしました。

オープン前日私達はオープニングレセプションの

ケイタリングスタッフとして会場のお手伝いをしていました。

三木鶏卵のだし巻き卵や出町野呂商店のお漬物をはじめ

京都らしいおもてなしのお料理の数々を来場者に振る舞う係です。

 

当時友人でもありもちろんファッションの師でもあった

大森伃佑子さんがそれらの料理を手際よく大皿に盛り付けていく

センスはトップスタイリストらしい圧巻の美しさでした。

 

デザイナー皆川明さんとの「はじめまして」もその日のことでした。

京都での独立が叶うことは無いという個人的な絶望と引き換えに

皆川明さん本人と出逢うという新たな夢の始まりを得た忘れられない日。

 

それからpoefuオープンまでの出来事は拙著『幸服の重ね着』に書いたとおりですが

西荻窪にpoefuがあるのは皆川明さんからのひと言

「馬喰町か西荻窪がいいんじゃない?」が始まりです。

 

15年前に京都で描いた夢は8年前に西荻窪で現実となりました。

 

そして1年ほど前に今春夏での展開一旦終了のお知らせが来ました。

15年分の思いと8年分の感謝は言葉にもならず

最後の展示会では最もミナを知り愛するデザイナーのひとり

長江青ちゃんの前で涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

 

 

minä perhonenは今年24年目を迎えます。

「せめて100年続けたい」

その「せめて」もの大義にはまだ76年もの永い月日があります。

現在でさえ国内を中心とする物作りの状況や環境は日々深刻化するばかりです。

その状況に反比例し難度の高い表現をテキスタイルに求め続けていく事。

たった数着のコートやワンピース分の長さを織るだけで

数十日という途方もない時間を要するものもあります。

テキスタイルだけでなく縫製やさまざまな面での深刻な状況は

お洋服作りだけでなくブランドそのものの存続や未来さえ危ぶまれます。

 

「せめて100年続けたい」

ミナが描くその夢を今は心から応援したいと思うのです。

 

 

minä perhonenを知ることで手にすることで

身につけることで日常は不思議な高揚感に溢れ始めます。

 

15年前の私たちがそうであったように

8年前のpoefuがそうであったように

poefuでミナを知っていただいた方がそうであったように

 

ミナとともにある日々は「薔薇色の人生」の始まりです。

100年後の未来の人たちにもこの薔薇色の道が続くことを願い

今日は涙をこらえてミナに「ありがとう」を伝えたいと思います。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

 

 

123...102030...