Now Loading...

NEWS

『アルペジオ』yasuhide ono 作品展

2019.05.24|Blog

『アルペジオ』at poefu

自然との調和
日常との調和
衣服との調和

さまざまな和音(アルペジオ)の調を思考しながら五線譜を美しく染め上げていきます

yasuhide ono作品展
5月18日(土)〜26日(日)
期間中は全日営業
*17日(金)は設営準備のため店休日

作家在廊予定日18日(土)19日(日)26日(日)

期間中は作家自らがインドに赴き買い付けた
多彩な天然石を使用した様々なアクセサリー
繊細な金工細工のリングやネックレスにはヘキサゴン(六角形)の新たな作品がメインに並びます
作家の原点であるマクラメ編みは土着的な要素を盛り込んだ作品性の強い一面を
シンデレラリングこと水晶リングはポイント・ラウンドで100点近い豪華な内容で
yasuhide ono作品を多数ご覧いただけます

〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-2-3松屋ビル1階・2階
poefu(1階)fuga(2階)
03-6913-8019/03-6913-9212

13時〜19時30分

知らなくてもいいこと

2019.05.24|Blog

例えば渋谷で人と待ち合わせたとしましょう。

待ち合わせの相手から「15分ほど遅れます」との連絡に

待っている時間を何気なく街行く人に目を移します。

。。。。。

おそらくものの10分もすれば気付いてしまうでしょう。

。。。。。。。。。。

「どうやらタピオカミルクティーが流行っている」ことに。

 

世の中の流行りからきっと一番遠いところにいるはずの

デザイナーが作る美しいワンピースのご紹介です。

 

TOKIHO

「SOLO-Ⅳ」

Cotton Silk Grosgrain Onepiece

smoke / black

1(one)szie

¥38,000+tax

 

TOKIHOデザイナー吉田季穂(ときほ)さんは

東京在住ですが人が多く集まる街にあまり出かけません。

それは世の中で今何が流行っているのかという事だけでなく

自らの意志とは裏腹に多くの情報が無意識に入ってきてしまうから。

 

TOKIHOのお洋服にリピーターが何より多い理由は

美しいシルエットに的確な運動量と動きやすさ。

いかにもパタンナー出身のデザイナーらしい理由です。

ベーシックな色合いと一見するとシンプルなデザインですが

目を凝らしていくとデザイナーの中に日々湧き上がる疑問や

流行とは無縁の美しいものへの記憶の残留がそこかしこに

痕跡のように刻まれていることに気付きます。

 

「襟って。。。何なんでしょうね。。。。。」

そう何度も何度も独り言のように呟いていた今春夏の展示会。

前回「PRESENCE-Ⅱ」でも伝えたエピソードを更に続ければ

「もともとの衣服を辿っていけば襟は存在しなかったはずで

その後に”洋の服”というものの多くに襟が付くようになって。。。

その一方で”和の服”には殆ど襟というものが無い。。。。。。。」

ぼそぼそと独り言のような呟きは続きます。

 

その襟に対する疑問を何度も頭の中で反芻しながら行き着いた

「退化」という独自解釈の襟はまさに痕跡と呼ぶに相応しい。

 

「SOLO−Ⅳ」

初めてpoefuでTOKIHOを取り扱い始めた頃から

マイナーチェンジを繰り返す名作ワンピース「SOLO」の4作目。

女性らしく華奢で柔らかな肩曲線と吸い付くような首周りは健在。

印象的な「退化した襟」の存在がこれまでの「SOLO」以上に

それを美しく孤高にTOKIHOらしく見せてくれます。

 

袖が身頃に格納されるようなショートスリーブ。

小さく刻んだスリットは4作目に新たに加わった機能ディテール。

 

これまでの「SOLO」シリーズで多く用いてきた

ヘンリーネックデザインは背面ボタン仕様に。

 

DSC_0536 (400x266)

DSC_0534 (400x266)

参考までに上2つの画像が「SOLO-Ⅰ」

もちろん「襟って何でしょうね。。。」という疑問から

前面から背面に移行したのは自然の成り行きです。

 

上下で大きさを変えたボタンは思考の末に辿り着いた

着脱に対する有効性とボタンとしての機能を十二分に果たすもの。

ネックの先端部分のみ抜けて見えるので開けてみましょう。

 

ボタンの大きさだけでなくボタンホールの角度

内側の比翼の重なり具合まで全てを考慮した徹底ぶりです。

思考の末の「襟の退化」は「背面の進化」に繋がります。

 

身体のラインを拾わない程度のスッキリとした上半身と

ウエストから大きく広がるAラインシルエットとドレープ。

タックやギャザーの技法を用いることなく布の有り様と

パターンのみで仕上げたミニマルさが見事です。

 

ミニマルで美しい佇まいを改めて前から見てみましょう。

 

裾が。。

 

何だか。。。

 

おかしいですね。。。。

 

突然ですがデザイナー吉田季穂さんの家にはテレビがありません。

「見ないから」という理由の先にはもちろん

自身の作品であるお洋服に影響を及ぼさないためです。

 

自らの意思でテレビを見ることはありませんが

古い画集や写真集を眺めては深い思考の海に潜り込みます。

その思考の中で時に蘇るのが「記憶」です。

前身から後身にかけて鍵のようにフックした特異なデザイン。

これはデザイナーが生まれ育った富山の生家の蔵にある

古い朝鮮箪笥の側面を留める鉄製の金具のデザインに由来します。

自身の記憶の中にある美しい機能美をお洋服に痕跡として留めます。

多くの人が目にするテレビの世界ではなく

彼だけにしか描き出せないオリジナルデザインがそこにあります。

 

 

超高密度に織られた細かな畝のある平織り布のグログラン。

夏の麦わら帽子を飾るリボンは殆どがこのグログラン織り。

長年たくさんの服地を見てきましたが天然繊維だけで織られた

しかもシルク混のグログラン織りの服地は初めて見ました。

「どこから見つけてくるのだろう」毎シーズンそう思う

ベーシックながらTOKIHOらしい興味深い生地提案です。

やはりこちらもゴワッとした見た目の表情を良い意味で裏切る

着用時の軽さと柔らかさが共存する特異な生地感。

シルクの自然な光沢感がカジュアルに華を添えてくれそうです。

ハリのある生地感は洗濯強度に優れているのでデイリーにおすすめです。

また夏場でも肌離れも良く一年を通して着用可能です。

 

 

smoke

その名の通りやや曇りがちなグレージュ。

淡色が少ないTOKIHOの中にあって「らしさ」を感じる一色。

OUTER:Tabrik Asymmetry Hem Onepiece 泥藍

PANTS:humoresque Silk Shirring Pants(sold)

SHOES:TACHINO CHIE「OCULI」Button Shoes

HAT:Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat

ほぼ一年を通じて着用可能なシンプルデザインのワンピース。

一枚での着用はもちろんワンピース同士の重ね着にも。

 

black

シルク混の鈍い艶感にグログランのテクスチャー。

表情性のあるブラックは使い勝手の良い一色になりそうです。

OUTER:-M- Silk Robe Gown

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

今春よりお取り扱いが始まる新しいブランド。

スタイリスト小暮美奈子さんが手がける-M-(ミディアム)の

シルクローブガウンにラフでいて美しいサンダルを。

上質な素材感で夏らしい着崩しモノトーンコーデ。

 

 

 

少し余計なお世話かもしれないのですがこの物語を書くにあたり

「今巷でタピオカミルクティーが流行っているの知ってますか?」

今週訪れた来秋冬の展示会でデザイナー吉田さんに聞いてみました。

 

「えっ!そうなんですか。。。。知らなかった。。。あ!

だから最近コンビニにタピオカミルクティー売っているんですね!」

 

poefu(私)より流行から遠いところにいるデザイナーTOKIHO(吉田)さん。

コンビニに置いてるのは知っていたと得意げな吉田さんにもですが

何よりコンビニにいる吉田さんを想像すると何だか笑えてきてしまいました。

 

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

ぜひご利用下さい。

 

夏を待てない

2019.05.20|Blog

poefuでは「見渡す限りの美しさ」でお馴染みのOPERAスカート。

Pois E(ポイズ エ)デザイナー平岡あゆみさんのA面は帽子作家。

毎年夏を待たずに完売してしまうので今年はお早めのご紹介です。

 

Pois E

「VIOLA」BAO Canotier

ivory / black

S(one)size

¥19,000+tax

 

BAO(バオ)と呼ばれるココヤシの葉を加工した天然草。

硬質な素材感はシルエットの美しい帽体を作ることが出来ます。

驚くほどに軽量で日々の帽子としての被りやすさがおすすめです。

 

Canotier(キャノチエ)はフランス語で言うところのカンカン帽。

円筒形のクラウン全体を包み込む幅広のリボンとエンドの始末が

クラシカルでいてPois Eらしい印象的なデザインです。

 

TOPS:Honnete FOR 姉妹伴 Irish Linen Gather Onepiece

PANTS:humoresque Silk Shirring Inner Pants(sold)

SHOES:R.U.「Sue」Long Vamp Shoes

既にお気に入りの春夏帽子を幾つかお持ちの方へおすすめのホワイト。

幅広リボンをアクセサリー感覚で印象的なポイントに。

 

 

TOPS:humoresque Silk Wide Gather Blouse

DENIM:minä perhonen「always」Denim

SHOES:TACHINO CHIE「OCULI」Button Shoes

BAG:minä perhonen「cuddle」Leather Bag

メンズライクなデニムに少しフェミニンなシルクブラウス。

上質なレザーのバッグとシューズで普段着をカジュアルアップ。

キャノチエは元々メンズのクラシカルな帽子が起源なので

メンズライクなお洋服の方にも被っていただければと思います。

 

 

 

Pois E

「CONSORT」PARABUNTAL

natural

S(one)size

¥30,000+tax

 

タリポット椰子の枝の芯繊維を編み上げたパラブンタル。

細やかな編地が美しくパナマに並ぶとても高価な素材です。

また1つの帽体を作り上げるのに数ヶ月を要する事や

近年良質なものが殆ど市場に出回ることのない稀少性で

25年のアパレル人生で私も個人的に今回初めて目にしました。

ただどこかで見覚えのある不思議な既視感を憶えるのは

おそらくアンティークの帽子で近いものを見たのかもしれません。

 

展示会で見たサンプルは何とも素晴らしい色艶をしていました。

数年前まだ良質なパラブンタルが手に入った頃に制作されたもので

経年変化で全体に少し色が濃くなりアンティークのような佇まいでした。

その美しい感動域の色艶にいつか出会える日を楽しみに

長く愛用いただける方やアンティークがお好きな方におすすめです。

 

OUTER:Tabrik Asymmetry Hem Open Front Onepiece 泥藍

INNER:TOKIHO「SOLO-Ⅳ」Cotton Silk Grosgrain Onepiece

PANTS:humoresque Silk Shirring Pants(sold)

SHOES:TACHINO CHIE「OCULI」Button Shoes

アンティークのような風情が漂う美しい帽子。

同じ気配を感じるTabrikやTOKIHOにTACHINO CHIEのお靴。

古いものや美しいものを愛する作家やデザイナーを

ひとつのコーディネートで巡り逢わせる楽しみ。

 

ONEPIECE:evam eva Silk Georgette Onepiece

PANTS:humoresque Silk Shirring Inner Pants(sold)

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe T-starap Shoes

BAG:minä perhonen「cuddle」Leather Bag

上質なパラブンタルの素材にシルクやレザーが良く似合います。

おめかししてのお出かけ着の日除けに是非合わせてみて下さい。

 

実用的で日々のお洒落を楽しむ「VIOLA」

時と共に愛着を刻みながら美しさに魅了される「CONSORT」

 

夏を待てないPois Eらしいお帽子。

 

ONLINESHOPアップ準備中です。

しばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかえりなさい

2019.05.16|Blog

「いつかレザーで展開されたらいいなあ。。。」

なんとなく夢想していたことが現実となる喜び。

展示会から楽しみに待っていたお品物のご紹介です。

 

。。。。と前回ご紹介から約2年3ヶ月ぶり待望の入荷です。

 

minä perhonen

cuddle purse 「calf leather」

black

¥34,000+tax

 

しっとりと手に吸い付くような柔らかい素材感のカーフレザー。

マットな仕上げのブラックレザーは時を刻むごとに

より美しい変化を楽しんで頂けそうです。

purseはちょうどてのひらに乗るくらいのサイズ感。

 

ライニングにも同レザーの色違いを使用しています。

口金は古色仕上げのブラスを使用しています。

内部は3つの部屋に分かれ

片側にはPASMOやSUICAなどのICカードを入れても。

 

ダブルがま口の小銭入れが中央に付属します。

 

 

minä perhonen

cuddle pouch 「calf leather」

black

¥42,000+tax

 

DSC_0350 (3)

お化粧ポーチや小さめサイズのクラッチバッグとしても。

色々な使い勝手を想像できそうなpouch。

 

DSC_0303 (3)

背中合わせの猫を象った愛らしい口金の留め金具。

 

 

ポーチは間仕切りが無く容量もあるので使い方は自由に。

手鏡などを収納するのに便利なポケットが付属します。

 

 

 

minä perhonen

cuddle bag 「calf leather」

black

¥55,000+tax

 

ひととおりの手荷物が収納できるちょうど良いサイズ感。

様々なシーンに欠かせない存在になりそうなbagタイプ。

レザーなのに驚くほどに軽いので普段使いにも。

 

ブラス製の口金にネームタグはプリントで。

ライニングにも同じくレザーを使用しているため

強度面でも安心してご利用いただけます。

携帯電話などの収納に便利な内ポケットが付属します。

 

 

 

ONEPIECE:evam eva Silk Georgette Onepiece

PANTS:humoresque Silk Shirring Inner Pants(this color sold)

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe T-strap Shoes

HAT:Pois E「CONSORT」PARA BUNTAL Hat

ハレの席を中心としたフォーマルシーンでのお鞄に。

シンプルでベーシックでいてお洒落なレザーハンドバッグは

ワードローブに欠かせないものになってくれそうです。

 

 

TOPS:humoresque Silk Wide Gather Blouse

DENIM:minä perhonen「always」Denim

SHOES:TACHINO CHIE 「OCULI」Button Shoes

HAT:Pois E「VIOLA」Bao Canotier Hat

デニムをシルクブラウスと立野さんのお靴でカジュアルアップ。

普段着に合わせればミナとともにある「特別な日常」の始まりです。

 

 

cuddle=寄り添うという素敵な名前のお品物。

テキスタイルのものももちろん素敵ですが

様々なシーンでお役立ていただけそうなレザーのcuddle。

 

きっと大切に使えば愛着とともに

一生をともに寄り添ってくれる存在になってくれそうです。

 

約2年3ヶ月ぶりの再会。

「おかえりなさい」

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用ください。

 

二の足を踏めないかもしれないので

2019.05.13|Blog

春夏に欠かせないhumoresqueのお品物が届きました。

ちょうど今日届いたばかりのお品物のご紹介。

なぜだか今回ばかりは急いでいます。

 

****************************************************************

いつもならお客様がいらっしゃらないタイミングをみて

NEWSやインスタグラム用の人物撮影を何カットも撮影後

ONLINESHOPの詳細説明用の置き画像を撮影して

パソコンに取り込んだ膨大な量から選びだしたOKカットの

色や傾きなどの画像補正をして。。。という長い作業をしながら

頭の中ではNEWSでご紹介するお洋服の物語の内容やタイトルを練ります。

 

そしてここからが一番時間を要します。

NEWSでの紹介文は2〜3時間で書ける時もあれば

何度も何度も書き直しながらも中々まとまらない場合は

一週間近くかけて書き上げている場合もあります。

もちろん雑誌の連載のように締切りがあるわけではありませんが

紹介文を書いている間にそのお品物が店頭完売をしてしまい

ONLINESHOPでご紹介出来ない事もあったりします。

****************************************************************

 

ずいぶん前置きが長くなってしまいましたが

poefuでhumoresqueをお取扱いし始めてから

前述のそんなこんなでご紹介出来ないままになっていた

個人的にも一番愛用しているお気に入りのご紹介です。

 

humoresque

Silk Shirring Inner Pants

white / black

Free(one)size

¥35,000+tax

 

 

シルク100%。

インナーパンツとしては最も贅沢な生地かもしれません。

ただ肌に触れるものとしては最も適しているのも事実です。

お洗濯をすることで表面に生まれるキメ細かなシボが

肌に触れるか触れないかのような心地よい涼感を生んでくれます。

多くを言葉にするよりも是非一度体感してみて欲しい。

そう切に願うほどモノ作りに妥協の出来ない

humoresqueらしい究極の生地選びです。

 

透け感や耐久性という面で単体のパンツ着用はおすすめしません。

透け感はほぼないブラックは短め丈のチュニックなどにも。

ホワイトはやや透け感がありますのでご留意下さい。

一年を通して着用な生地感なので秋冬のコートの裾から

チラリと顔をのぞかせても素敵だと思います。

 

私のワガママから始まったブラウスでお馴染みの生地です。

実はもともとはこのインナーパンツに使用されていたもので

ブラウスを仕立て欲しいと言ったのが始まりです。

 

透け感のある白やリネンのお洋服が増える春夏。

レギンスが苦手という方には特におすすめです。

足のシルエットがそのまま出ることも無く

裾のシャーリングデザインもポイントで可愛い

そして何よりも履き心地が本当に本当に素晴らしい。

 

TOPS:Honnete FOR 姉妹伴 Irish Linen Gather Onepiece

HAT:Pois E「VIOLA」BAO Canotier Hat

SHOES:R.U.「Sue」Long Vamp Shoes

こちらも春夏欠かせないHonneteアイリッシュリネン。

透け感のあるリネンやラミーが多くなる季節に備えて。

 

 

ONEPIECE:evam eva Silk Georgette Onepiece

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe T-strap Shoes

もちろん透け感の無いワンピースでも。

冠婚葬祭オールマイティーに着用可能なシルクのワンピースを

普段使いに着こなすためのポイント使いとして。

 

 

インナーパンツとしては高価なお買い物と思われるかもしれません。

実際に店頭でも毎シーズン「二の足を踏まれる」方も多いです。

それでもご購入いただいた方の殆どが色違いを購入されるほど

その履き心地の素晴らしさと使い勝手の良さを実感されています。

 

さてタイトル「二の足を踏めないかもしれないので」です。

「今年こそ店頭以外でもご紹介を!」と意気込んでいたにも関わらず

展示会前に別件でデザイナー渡辺さんとお電話で話していた際に

「シャーリングパンツ今春夏はリリースしない予定です」

。。。。。と衝撃の一言。。。。。。。。。

実際に展示会にも並んでいませんでしたが

私と数軒のバイヤーさんからの猛烈な熱意に根負けして

なんとか今春夏は作ってくださるとのことでひと安心。

もちろん来春夏は現時点では未定ということもあり

「二の足を踏めないかもしれないので」というタイトルになりました。

 

この隠れた名作シルクシャーリングインナーパンツは

4年前にhumoresqueのお取り扱いを始めた頃からさりげなく

というより実は何度も何度も着画像に登場しています。

その存在に気付いたお客様が店頭で実物を試着して

やはりその素晴らしさに実感されることも度々です。

 

 

今回ばかりは急いでご紹介をと思う反面4年分の想いや

過去画像を見返しているとやはりいつも通りに長文になりました。

一番の魅力はその履き心地ですが体感することは出来ないので

多数の過去画像で使い勝手の良さはご覧いただければ幸いです。

 

 

ゆっくりとお買い物を楽しんでいただけることが何よりの本望です。

もしかすると「二の足を踏めないかもしれない」ので

今日のお品物紹介だけはどうぞお許しください。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

 

...234...102030...