Now Loading...

NEWS

1月22日(月)はpoefuのみ営業中

2018.01.21|Blog

−大切なお知らせ−

1月22日(月)は都合により

1階「poefu」のみの営業となります。

ご迷惑をおかけ致しますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2018.01.21|Blog

世に溢れる流行りのものではない。

そのブランドを代表する象徴的な存在。

 

例えば

minä perhonenタンバリンのテキスタイル。

n100エクストラファインカシミアのニット。

EELサクラコートやオリオンコート。

ゴーシュ数々の名作パンツ。

 

言うなればそれはデザイナーや作り手の想いと

それぞれの個性が発揮された「顔」のようなもの。

 

susuriの「顔」と言えばもちろんこのコートです。

 

susuri

Dorothy Shirt Coat

dry corn / black / FOR poefu white

S / M / MM ( Men’s M ) size

¥32,000+tax

( モデル身長153cm

dry corn M size着用 black ・white S size着用)

 

dry corn

ドライコーンと名付けられた印象的な濃色ベージュ。

高密度バーバリークロスは着用時にはハリ感がありますが

着込むほどに柔らかく変化していくツイル生地です。

 

マットなブラックチョコレートのような首振りボタン。

アウターには珍しい直径10mmの小さなボタンが11個並びます。

 

INNER:evam eva Feather Onepiece

SHOES: R.U. 「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

オープンフロントで。

早春のベージュコートには濃色のインナーもおすすめです。

 

メンズライクな前身頃。

Tシェイプラペルのジャケット襟下には

12個めのボタンが隠されています。

下襟についたループをとめて着こなします。

美しい前下がりとショートポイントの襟を立てて。

Tシェイプラペルの襟下に隠されたもうひとつのボタン。

 

あえてボタンを止めずに前身頃を合わせてラフに襟を立てて。

 

見返しをひっくり返してガウン調に。

 

 

 

左前身頃中央あたりの見返しに不思議なループが隠されています。

もちろんウエストドローコードを通してみましょう。

片方だけをギュッと結わえて。

前から見ると右側にだけドローコードが見えるちょっとした魔法。

「オズの魔法使い」の登場人物ドロシーになぞらえて。

 

 

black

色がブラックになるだけで大きく印象が変わります。

 

合わせるアイテムや色によって更に色々な表情を見せてくれそうです。

 

INNER:ゴーシュ 1/50 Organic Cotton Shirt with Pocket

SKIRT:humoresque Cotton Linen Gather Skirt

モノトーンに春色のスカートをはいて。

スカートにもパンツにも合わせるボトムスシルエットを問わないコートです。

 

 

FOR poefu white

ボタンもステッチも全て真っ白に仕上げた別注色のホワイト。

モノトーンでモードにコーディネートしても

ホスピタルジャケットや画家のアトリエコートなど

ワークウエアのイメージでメンズライクな着こなしにも。

INNER:n100 Cotton Border Jersey L / S T

DENIM:minä perhonen 「always」Denim

SHOES:DANSKO Professional black oiled

メンズの白いシャツを気軽に羽織る感覚で

定番的なアイテムとのコーディネートで。

 

susuriというブランドを象徴するドロシーシャツコート。

お手持ちのアイテムとのコーディネートがしやすく

合わせるアイテムによって色々な表情を見せてくれる。

ただその便利さだけではなかなかブランドの「顔」とまではならない。

 

ドロシーシャツコートのもうひとつの「顔」は背面にあります。

 

大きめにとられたヨーク下中央に寄せられたギャザー。

かなりローウエストに位置するウエストドローコードのループも

本来あるべきの脇線ではなく後ろ身頃に付属しています。

 

ヨーク部分に付けられたハンガーループは

クラシックなディテールを大きく逸脱してデフォルメされています。

このディテールはブランドのアイコンとして

ドロシーシャツコート以来いくつかのアイテムに採用されています。

 

 

小さなボタンの可愛らしさで一見気付くことのない

シャツコートと名付けられたメンズ仕立てを施した前身頃と

その一方で女性らしいギャザーデザインと

シャツのクラシックディテールであるハンガーループを

デフォルメデザインしたモード感。

 

まるで二重人格のように前と後ろが異なるアシンメトリー。

アンドロジナスのようにメンズレディース共通のデザイン。

ふたつの「顔」を持ったsusuriを象徴するコートです。

 

 

*FOR poefu navyは2月中旬〜末頃の入荷を予定しております。

入荷まで引き続き店頭・ONLINESHOPでもご予約を受け付け中です。

既にご予約のお客様は今しばらくお待ち下さい*

 

 

ONLINESHOPでは1月22日(月)AM10時よりご紹介予定です。

楽しみにお待ち下さい。

 

1月の入荷とONLINESHOP

2018.01.21|Blog

1月21日(日)

ONLINESHOP

○kaval

・カシミアセーブルニットストール・ロングカーディガンをアップいたしました

 

1月20日(土)

poefu

○Vialis

・FOR poefu ポインテッドトゥーTストラップシューズが届きました

初めてお取り扱いのTストラップは様々なオケージョンに

スムースレザーのblackとredでご用意をしております

 

1月19日(金)

fūga

○ironari by EEL

・FOR poefu(poefu別注)サクラコート八千代が入荷しました

walnut・blueに加えて今春夏はnavyをご用意しております

○EEL Products.

・FOR poefu(poefu別注)サクラコート千代が入荷しました

○FIR MUM

・ハイカウントナイロンウエザーパンツテーパード・キュロット2型

・ストレッチナイロンパンツナロー・ワイド2型

・ストレッチナイロン1ボタンコートが届きました

 

poefu

○susuri

・ドロシーシャツコートが届きました

(FOR poefu(poefu別注)navyは2月中旬入荷予定です)

 

 

雲の毛布にくるまれて

2018.01.20|Blog

デザイナー自らが一本の糸を選び出すことから始まり

この世に存在しない布を作り出しお洋服に仕立てる。

ひと目ではわからない途方もない時間と手間をかけて

作り出されるkavalのお洋服たち。

 

 

カシミアとセーブル 厳選された最高品質の2種の毛糸。

柔らかく柔らかくゆっくりと編み立てたあと

洗いをかけて更に柔らかく仕上げたニット。

まるで雲の毛布にくるまれているような着心地は

着ていることを忘れてしまうくらいに軽くてあたたかくて。

 

カシミア80%セーブル20%の混紡糸ニット。

古くから高級毛皮として知られるイタチ科のセーブル。

希少で個体そのものが小さなことからカシミアよりも

高価と云われるセーブルを毛糸使いで贅沢に

カシミアに混紡したkavalらしいニット糸。

 

 

kaval

Cashmere sable Knit Long Cardigan

charcoal / brown / beige

one size

¥58,000+tax

 

ポケット付きのカーディガンはゆとりのあるサイズ感で

kavalらしい発想のユニセックスワンサイズ。

女性が着ると膝上丈のゆったりとしたカーディガン

男性が着ると少し長め丈のカーディガンとして着て頂ける

とても自由度の高いワンサイズです。

 

charcoal

INNER:Itoi Collection by Yuri Park

Baby Cashmere Pullover Knit

PANTS:evam eva Wool Angora Knit Not Skirt But Pants

SHOES:DANSKO Professional Oiled Brown black

全てをニットのお洋服で温かみのあるコーディネートに。

ゆとりのあるシルエットと柔らかな生地感のドレープが

美しいニットのコートのような佇まい。

 

 

brown

INNER:evam eva Feather Onepiece

SHOES:DANSKO Nubuck Size Zip Boots

ニットらしいカーキとブラウンの中間色が美しい。

キレイめな印象のワンピースをあえて素朴なアイテムで

普段使いのカジュアルな着こなしで。

 

beige

裾に向けてゆるやかに広がりすぼまるバルーンシルエット。

 

INNER:humoresque Cashmere Turtle Wide Knit

SKIRT:humoresque Cotton Linen Gather Skirt

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

個人的に大好きなベージュにピンクの組み合わせ。

黒のカシミアタートルで甘くなりすぎないように引き締めて。

 

 

 

kaval

Cashmere Sable Knit Stole

brown / charcoal / mustard

Free ( one ) size

¥38,000+tax

 

70㎝×200㎝の大判ニットタイプのストールですが

それでいてカシミアセーブルの柔らかな生地感で

とても巻いていただきやすいストールです。

直接地肌に触れるストールは雲のように軽くて柔らかな

着け心地はもちろん温かさも格別です。

 

OUTER:kaval Cashmere Fish Tail Coat ( sold )

PANTS:evam eva Wool Angora Knit Not Skirt But Pants

SHOES :OFFICINE CREATIVE FOR poefu Lace up Boots navy

カーキがかったブラウンはモノトーンとも相性良し。

ボリューム感とドレープを意識して巻いてみました。

 

 

OUTER:nitca Sheep Leather Rider’s Jacket

INNER:Itoi Collection by Yuri Park

Baby Cashmere Pullover Knit

PANTS:evam eva Side Pocket Cullotes

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu Lace up Boots navy

ボトムスで色合わせをしながら濃色コーデで

マスタードカラーのストールをポイントで主役に。

一巻きして黒のアウターを背景に縦に垂らすことで印象的に。

 

 

OUTER:susuri Dorothy Shirt Coat

INNER:evam eva Feather Onepiece

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

シックなチャコールグレーはショール使いで春アウターに重ねて。

 

いくら途方もない時間と手間がかかろうとも

kavalデザイナーがいちから布を作り出す理由。

それはどこにもないものを作り出したいからに他なりません。

 

どこにもない全く違う布という実感は

きっと手に触れ着たり巻いたりすれば

すぐにお分かりいただけるはずの雲の毛布(ニット)。

 

その幸せをぜひ実際に味わってみてください。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

ぜひご利用ください。

 

どちらがお好き?

2018.01.15|Blog

リバーシブルのお洋服。

その響きに何だか得した気分になるのは私だけでしょうか。

 

でも実際には意外とリバーシブルで着ることがない。。。

 

さてこのブラウスはどうでしょうか。

 

Tabrik

Ramie Reversible Blouse

balck / white

Free ( one ) size

¥33,000+tax

 

シャリシャリとした生地感が特徴のラミー。

リネンとはまた違った質感の麻素材です。

薄手の生地ですが強度のあることで知られるラミー。

どちらかというと春夏シーズンに多く見られるものですが

デザイナー手島さんが愛してやまないラミーなので

Tabrikではシーズンを問わずに使用しています。

 

トップボタンの無いラウンドカラー。

柔らかなラウンド曲線と前下がりの小さなVネックの直線。

愛らしさとクールな印象が共存するTabrikらしい首元。

 

2つ並んで1つとばしてまた2つ並べて..

楽譜に並んだ音符のように心地よいリズムを刻む

Tabrikのデザインアイコンのひとつである印象的なボタン配置。

アンティークのようなコットンシルクの包みボタン。

 

ラグランスリーブの袖つけに肘上で切り替えを入れた二段袖。

袖付けのラグラン部分をスッキリとしたシルエットで仕上げ

肘下はギャザーでボリュームを持たせる絶妙なバランス。

こちらもTabrikのデザインアイコンのひとつです。

 

背面中央にはプリーツ加工を入れた生地が挟んであります。

ラミーとはまた違った異素材の艶感がとても良い雰囲気です。

着丈より一回り短くすることで切り替え部を強調しています。

 

PANTS:kaval FOR poefu Seeta Pants

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

Tabrikらしいディテールに溢れた一枚ですが

全体の雰囲気はシンプルなので色々なお洋服に合わせて。

 

 

さて本題のリバーシブルです。

 

 

 

表裏ではなく前後でのリバーシブル仕様になります。

ちょうどポリエステルプリーツの切り替えが

ボトムスのベルト位置にくるよう長さになっているので

こちらを前に着るとまるでブラウスを羽織っているかのように見えます。

 

ホワイトはライトグレーの切り替え生地になっています。

 

もちろんタックインスタイルでも。

薄手のラミーの生地感がかさばらずに裾の分量をいかして

ふんわりとしたブラウジングスタイルも素敵です。

 

PANTS:evam eva Wool Angora Knit Not Skirt But Pants

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu Lace up Boots navy

ラミーとニットパンツで異素材感を強調して。

軽めの素材感はボリュームのあるパンツやスカートにも。

 

 

背面での着用時の背面はTrompe-l’oeil(だまし絵)のようです。

 

Tabrikらしさに溢れたリバーシブルのお洋服。

皆さんはどちらで着るのがお好みでしょうか?

 

ONLINESHOPでもご紹介しております。

ぜひご利用ください。

 

 

 

123...102030...