Now Loading...

Blog

さて どう羽織りましょうか

2019.07.02|Blog

本格的な夏の訪れに日除けや冷房対策に。

自由度の高いデザインの涼やかな羽織のご紹介です。

 

Tabrik

Ramie Side Pleats Cache-coeur Onepiece

white / black

Free size

¥42,000+tax

 

身生地にはラミーをプリーツ部分はポリエステルの別布使い。

ラミー(ちょま)は主にアジア圏に自生する麻繊維。

見た目の涼感に加え特異なシャリ感は肌にはりつかず

細番手糸にも関わらず強度面や速乾性にも優れるため

真夏の衣類に最も適したものと言えます。

 

 

カシュクールタイプのローブワンピース。

別布で切り替えた前身頃脇のポリエステルプリーツや

ぐるぐると巻きつける長いウエストコードのタッセルエンド。

シンプルながらTabrikらしさのあるデザインです。

 

カシュクールとして着こなす際は

右脇のホールにウエストコードを通して

ぐるぐる巻いて好きな位置で結わえます。

 

やや前振りの絶妙な位置に添えられたサイドプリーツ。

ヘムにかけてのプリーツのドレープと開き具合

両脇が自然に下がり重なり合う透け感の格別な美しさ。

 

重ね着しやすいドロップショルダー。

スリーブデザインはシンプルに。

 

(モデル身長153cm)

INNER:HENRI Cotton Rib Camisole

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

HAT:coeur femme BAO Canotier

PARASOL:Tabrik Linen Stripe Parasol

ヨーロッパから見たオリエンタルイメージのカシュクール。

それはTabrikのお洋服そのもののイメージに重なります。

サンダルに麦藁帽子に日傘でコロニアル風の着こなしで。

 

 

カシュクールで重ね合わせずコードを巻き付けた着こなしで。

 

(モデル身長167cm)

INNER:Tabrik (Sample)

PANTS:Khadi and Co「STAR」Wide Pants(sold)

SHOES :TACHINO CHIE「OCULI」Button Shoes

Accessory:samulo(Sample)

ブラックにネイビーやブルーはシックな夏色の着こなし。

Vゾーンに合わせてアクセサリーをジャラジャラと重ねつけて。

 

 

ウエストコードをインナーの背面に回し前で結わえた着こなし。

コードに引っ張られたカシュクールワンピースは

内側にロールしプリーツだけが側面に残ります。

インナーをどれくらい見せるかに応じてコードを調整してください。

 

(モデル身長153cm)

INNER:Ironari Cotton Satin Slit Onepiece

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe Sandal

HAT:Pois E「OLGA」Straw Hat

コードのタッセルやプリーツのディテールを

印象的に見せる着こなしなのでインナーをホワイトに。

 

 

 

Tabrik

Reversible Back Pleats Onepiece

yellow / black / white

Free size

¥45,000+tax

 

モノトーンコレクションの中に「はっ」とする鮮やかな色。

Tabrikがシーズンに選ぶ差し色は個人的にも好きです。

暑さが増すほどに着ることが きっと楽しくなるyellow。

柔らかなポリエステル楊柳はサラサラの肌当たり。

マットで優しい染め上がりが化繊感の無い色合いです。

 

背面に細やかなプリーツの別布をパネルで切り替えたワンピース。

プリーツは風をまとって開いたり閉じたり。

動く度にプリーツは開いたり閉じたり。

そんな動きのある美しい見た目だけでなく

運動量も加味された優れたTabrikらしいデザインです。

 

poefuでは「二段袖」と呼んでいるスリーブデザイン。

ラグランの型付けに肘辺りからのボリュームスリーブ。

二分割することで肩周りは女性らしく華奢なまま

袖のボリューム感だけが巧く表現されています。

 

(モデル身長153cm)

INNER:Veil Cotton French Sleeve T

SKIRT:Pois E「OPERA」Skirt greige

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

HAT:Sashiki Raffia Blade Twist Ribbon Crochet

トップス部分だけボタンを留めて。

透け感のある素材にペチコート代わりに合わせたスカート。

トップス部分だけボタンを留めることで

柔らかな素材が揺れ動く度にスカートが見えます。

 

 

blackとwhiteは身生地にラミーを使用しています。

プリーツ部分はyellowと同じくポリエステルになります。

夏場のお洋服に最も使用されるリネン(亜麻)とはまた違った

ラミー(ちょま)はアジアなど温暖湿潤地域の麻繊維。

繊維の中で最もシャリ感があると言われるラミーは

肌にはりつかず洗濯強度や速乾性にも優れるため

真夏も快適に過ごすことが出来るのでおすすめです。

 

もちろん羽織としてだけでなくワンピースとしても。

 

首に沿う小さな襟から刻んだVネックもお馴染みのデザイン。

 

オープンフロントのトップボタンは1つ

そこから間隔を開けて2つずつのボタンが並びます。

「特に意味は無い」と言って笑うデザイナーの手島さんですが

ディテールのそれぞれが独自の美意識でまとめられています。

 

繊維長が細く自然に穏やかな艶感を帯びるラミーの特性。

blackは光を受けて墨黒っぽく落ち着き上品な色合いに。

ポリエステルプリーツとの静かなカラーグラデーション。

 

身生地のラミーよりやや短く切り替えたプリーツ部分。

裁ち切られたプリーツ部の動きに一層の強弱を与えています。

 

(モデル身長153cm)

PANTS:humoresque Silk Shirring Inner Pants(sold)

SHOES:TACHINO CHIE「OCULI」Button Shoes

BAG:TACHINO CHIE「M.F.B」Leather Hand Bag small

HAT:Pois E「CONSORT」PARABUNTAL Hat

着る人の着用感だけでなく見た目にも涼感のある

ラミーならではのオールブラックのコーディネート。

アンティークのような雰囲気のあるTabrikのお洋服に

Pois Eパラブンタルのハットがとても良く似合います。

 

 

今日のタイトルは「さて どう羽織りましょうか」でしたね。

自由性の高い羽織りを前後逆に羽織ってみましょう。

プリーツを前にするとラウンドネックプルオーバーのように。

 

 

テーマの「羽織り」に合わせて着こなしてみます。

上から二段目2つ並びのボタンだけを留めています。

 

トロンプ・ルイユ(だまし絵)のような見た目と

動く度に背面からインナーやボトムスが見えるのが面白い。

アウターを着ることの無い季節と前後リバーシブルという

稀有なワンピースだけに許された着こなしの楽しみ方。

 

 

(モデル身長153cm)

INNER:HENRI Cotton Rib Camisole

PANTS:NO CONTROL AIR Kabocha Pants

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe Sandal

HAT:Sashiki Optimo Crown Panama Hat

BAG:Tabrik(Not For sale sample)

華やかなプリーツが開くシンプルな見た目の

前面からは想像もつかない背面のコーディネート。

インナーをスカートやワンピースに変えてみたり

「ちらり」と見えるのを利用して色や柄を加えたりも。

 

ジメジメした梅雨と夏の猛暑も快適でおしゃれに。

「さて どう羽織りましょうか?」

 

ONLINESHOPでもご紹介しております

是非ご利用下さい。

 

 

笑達 作品・似顔絵展『むげんの彩』

2019.06.28|Blog

ある日夢枕に現れた
背中一面に樹木が生い茂る
大きな大きなイノシシ「いろどり山」
それは自らの住まいとなる山の化身

草木を揺らす風は
目に見えるかの如き心地よさで
雲も満天の星さえも
手を伸ばせば届きそうな山の上

四季の移ろいは
未知なる色とりどりを集める
夢幻とも夢現ともつかぬ
無限の色が永遠に続く山の上

『むげんの彩』at minerva
-笑達 作品・似顔絵展-
6月22日(土)23日(日)24日(月)
6月28日(金)29日(土)30日(日)
昨年生まれ故郷の和歌山に
終(つい)の住処を求めた笑達さん
そこに当たり前としてある人々の暮らしや自然
そしてある日夢枕に現れた「いろどりやま」の物語
導かれるように携えた新たなるダイナミックなタッチや色で描かれた作品たち
上記会期中はpoefu3階「minerva」で笑達さんの作品を多数展示しております
入場は自由ですがご予約のお客様の似顔絵を描いていますので予めご了承の上でご来場下さい

*笑達さんの似顔絵をご希望の方は事前にご予約をお願いしております

fūga 03-6913-9212
こちらの電話番号でのご予約のみとなります
ご予約に関する詳細は下記をご覧ください

〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-2-3松屋ビル1階・2階
poefu(1階)fuga(2階) minerva(3階)
13時〜19時30分
03-6913-8019/03-6913-9212

*************************************************************

*************************************************************

今夏も笑達さんがpoefuに来てくれます

6月22日(土)23日(日)24日(月)

6月28日(金)29日(土)30日(日)

似顔絵の受付けは6日間となります

6月30日(日)

13:00−14:00 ×

14:00−15:00 ×

15:00−16:00 ×

16:00−17:00 ×

17:00−18:00 ×

18:00−19:00 ×

*************************************************************

笑達 似顔絵 料金表

◎カードサイズ 127×178mm(写真2L サイズ)

1人¥3,240 / 2人¥4,320 / 3人¥5,400 / 4人¥6,480

(木枠フレーム¥4,320 / 古材フレーム¥6,480別途)

◎B5 サイズ

1人¥6,480 / 2人¥8,640 / 3人¥10,800 / 4人¥12,960

(木枠フレーム¥8,640 / 古材フレーム¥9,720別途)

◎大判サイズ

S 242mm×333mm

1人¥12,960 / 2人¥17,280 / 3人¥21,600 / 4人¥25,920 /

5人¥30,240

(木枠フレーム別途¥10,800 / 古材フレーム¥14,040別途)

M 380mm×455mm

1人¥20,520 / 2人¥24,840 / 3人¥29,160 / 4人¥33,480 /

5人¥37,800 / 6人¥42,120

(木枠フレーム¥14,040 / 古材フレーム¥16,200別途)

L 500mm×606mm

1人¥28,080 / 2人¥32,400 / 3人¥36,720 / 4人¥41,040 /

5人¥45,360 / 6人¥49,680

(木枠フレーム¥17,280 / 古材フレーム¥21,600別途)

*************************************************************

ご予約は店頭とお電話の2通りでの受付となっております。

6月10日(月)13時より

店頭は2階fūga

お電話ではfūga 03-6913-9212のみでの受付となります。

電話受付時間は営業時間内の13時〜19時30分になります。

営業中につきお電話に出れない場合がありますので

その際はお時間をあけて再度お電話をよろしくお願いいたします。

カードサイズとB5サイズは当日お持ち帰りが可能です。

大判サイズは後日に店頭受け渡しor発送となります。

ひと組に付き約30分〜1時間を頂いております。

お電話でのご予約の際に以下の6点をお申し付け下さい。

1.   お名前

2.ご希望日

3.開始時間

4.人数

5.ご希望のサイズ

6.   当日ご連絡がつくお電話番号

の6点をお知らせください。

*************************************************************

*************************************************************

笑達(しょうたつ)
1982年 和歌山県出身。


19歳から似顔絵を描きはじめ、

現在までに描かせてもらった人数は30,000人以上。

クレパスを使い、目の前の人の存在と、その魅力をそのまま似顔絵に描く。


2001年より京都の路上で似顔絵を描きはじめる。


2005年 似顔絵作家集団『WORLD1』設立。


2012年 独立、『&NIGAOE』設立。

似顔絵作家“笑達”として個人活動を開始。

全国各地で似顔絵制作、個展多数。

6月のお休みと企画展と入荷情報

2019.06.24|Blog

○6月の店休日

1日(土)2日(日)6日(木)

13日(木)19日(水)21日(金)

 

○TOKIHO 2019AW Order Exhibition at fūga

6月7日(金)〜11日(火)

来秋冬のTOKIHOサンプルが全て並ぶオーダー会となります

 

○『むげんの彩』笑達 作品・似顔絵展 at minerva

6月22日(土)23日(日)24日(月)

28日(金)29日(土)30日(日)

作品の展示とご予約優先の似顔絵展になります

「布海(ふかい)」Tabrik展と同期間開催となります

 

○『布海(ふかい)』Tabrik展 at fūga

6月22日(土)〜30日(日)

期間中全日営業

今春夏を中心に多数のTabrikのお洋服の販売会となります

「むげんの彩」笑達 作品・似顔絵展と同期間開催となります

 

6月24日(月)

ONLINESHOP

○susuri

・へンズドレス

 

6月16日(日)

ONLINESHOP

○Khadi and Co

・「SARA」カーディガンブラウス

 

6月10日(月)

ONLINESHOP

○humoresque

・レーヨン リネン シルク ギャザースカート

・シルク ギャザースカートロング

poefu

○semeno

・2019春夏コレクション

ハーキマーダイヤモンドやローマングラスビーズを中心にした

2019コレクションが多数入荷しました

 

6月8日(土)

poefu

○Cardo Fabrica

・ショルダーレースブラウス

・リバーシブルエンブロイダリーブラウス

・リバーシブルエンブロイダリーワンピース

○Sashiki

・ラフィアブレード キャノチエ ナローリボン

・ラフィアブレード キャノチエ バックリボン

・ラフィアブレード クロシェ

・ラフィアブレード キャペリン

・パナマ オプティモクラウン ハット

 

 

 

世界の車窓から

2019.06.24|Blog

世界の車窓から

今日はイタリア・トスカーナを出発します。

 

susuri

Hens Dress

black

0 / 1

¥37,000+tax

(モデル身長153cm 0size着用)

 

毎シーズン魅力的なワンピース(ドレス)を多彩に展開するsusuri。

このワンピースは約5年前にsusuriデザイナー齋藤龍也氏が

訪れたイタリア・トスカーナ地方で車窓から眺めた

田園風景に思いを馳せ生まれたワンピースドレスです。

 

肌の露出を控えたボディコンシャスなトップデザイン。

 

袖口にはピューター(錫)製のsusuriオリジナルボタン。

スズランの花が吊り下がるようなイメージで

あえて中空にせずに作り上げた拘りのボタンです。

 

高めの位置で切り替えたウエストから優雅に広がる

Aラインスカートのような佇まいの下半身部分。

 

「ドレスの見た目だけど普段着としても着てほしい」

という意図で選んだのはリネンとバンブー(竹繊維)。

ふっくらとしたリネンの風合いとバンブーのシャリ感と鈍い艶感。

平織りですが経糸の本数がやや多く打ち込みの良い織りで

縮絨をかけたように斜め方向に独特のシワ感が入り

とても風合いのある仕上がりがデザイナーのお気に入りです。

適度な厚みは一年を通しての着用が可能で

ドライな肌当たりは夏場も快適にお過ごしいただけそうです。

ほんの僅かに透け感があります。

もともとシワのある表情の生地感はお洗濯も楽ちんです。

 

 

 

SHOES:R.U.「Sue」Long Vamp Shoes

BAG:minä perhonen「forest parade」Cuddle Bag

HAT:coeur femme Hinoki Hat

6月は結婚式などお呼ばれのセミフォーマルにも役立てて。

 

 

デザイナーがイタリア・トスカーナ地方 を旅した際に見た

車窓に流れる田園風景に着想を得たワンピースドレス。

ブランド立ち上げ当初よりsusuriデザイナーの意識下に

常にある物語の住人のような牧歌的な佇まい。

「ドロシーシャツコート」や「ヘムレンシャツワンピース」

とは一味違うシンプルで美しい静かな名作。

定番の少ないsusuriでは4期に渡り愛されきた名作ですが

名残惜しくも今春夏が最後の展開予定となります。

 

ちょうど先月ポルトガルの旅に出たデザイナー。

次回はポルトの街中を走る路面電車の車窓から見た

風景を描き出すのかもしれません。

 

世界の車窓から

またいつかお会いしましょう。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

 

『布海-ふかい-』Tabrik 展

2019.06.22|Blog

何処までも続く
憂いに涙を溶かした
藍色の海に漕ぎ出づる
風のギャザーを道標に
波のプリーツで舵を切る
墨色の雲が降らした雨は
私の居場所を知らせてくれる
涙枯れ海果つる先に辿り着きし
何處の国の土に我が旅衣を還さん

 

『布海(ふかい)』at fuga
6月22日(土)〜30日(日)
会期中は全日営業
22日(土)23日(日)デザイナー 手島紋さん在廊

「不知衣(しらぬい)」から一年ぶりに
何處の国のものとも知れぬ
何時の時代のものとも知れない
罪深き美しさのTabrikのお洋服が
再びfuga店内を埋め尽くします
墨・泥・藍などの天然染料で染め上げたリネンやラミー布を中心に
様々なプリーツが涼を運ぶお洋服たちとともにお待ちしております

 

 

「空気」感

2019.06.16|Blog

「カディのお洋服を着たことがありますか?」

 

Khadi and Co

「SARA」Khadi Cardigan Blouse

S size

pink(powder) / white(jamdani dot)

¥29,000+tax / ¥32,000+tax

 

自身のブランド名にするほどインドが世界に誇る

手紡ぎ手織り布 khadi(カディ)に魅せられたデザイナー

ベス・ニールセンの手がけるKhadi and Co。

今回ご紹介するカーディガンブラウスに使用されているのは

Khadi and Coの中で最も薄手のライトカディコットン。

機械式の自動織機では切れてしまうほどの細番手コットン糸。

手紡ぎ特有の膨らみやムラ感のある美しき細糸に触れながら

一枚のブラウス分にどれだけの時間を要するのだろうと

想像するだけでも愛着の始まりを告げてくれます。

 

pink(メーカー表記はpowder)

powderと名付けられた淡い淡いピンク。

薄化粧を施したように儚げな色合いが美しい。

 

ラウンドカラーからシャープに刻んだVネック。

曲線と直線をミックスさせた女性らしいネックライン。

襟元からタックギャザーで柔らかく身体を包み込みます。

 

ギャザーのように細かく刻んだタックから開放されるAライン。

 

SKIRT:humoresque Rayon Linen Silk Gather Skirt

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

カディコットンの柔らかな風合いを際立たせるパウダーピンク。

ブラウスを主役にするかボトムスを主役にするか。

シンプルな夏コーデはその時々の気分に応じて。

 

 

 

white

無地の中に浮き出る水玉のような楕円柄模様は

サリーにも用いられるジャムダニ織という伝統的なもの。

うっすら透けることで見える柄は夏の涼を運んでくれます。

 

INNER:Henri Cotton Rib Camisole

SKIRT:ゴーシュ Linen Cotton Gather Skirt

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe Sandal

ループボタンを外してカーディガン代わりに。

着ていることを忘れるくらいに軽量なライトカディコットン。

タンクトップやキャミソールと重ねるだけで

上品で最良な日除けとしても活躍してくれそうです。

 

 

DENIM:minä perhonen「always」Denim

HAT:Sashiki Optimo Crown Panama Hat

そのまま足元をデニムとスニーカーに代えるだけでも

大きく印象を変えてくれるシンプルなデザインの

白いブラウスの効果はとても偉大ですね。

 

 

 

「カディのお洋服を着たことがありますか?」

感動域へと誘う着心地を言葉にすることは難しい。

ただ言えるのはデンマーク人であるKhadi and Coデザイナー

ベス・ニールセンの人生を変えるほど

自らのブランド名にするほど

カディに魅せられたことは事実に他なりません。

着用感を感じることの無い驚きの軽さは

そっと身体に触れるかすかな布の気配だけを残し

まるで空気をまとっているそんな気分かもしれません。

 

普段は意識することのない空気の存在。

決して見ることは出来ない空気が可視化されたような

カディのお洋服を着て唯一無二の空気を感じてみてください。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

「ビビディ・バビディ・ブゥ!」

2019.06.10|Blog

デザイナーが布に魔法をかけます。

「ビビディ・バビディ・ブゥ!」

 

humoresque

Rayon Linen Silk Gather Skirt

black / natural

36 / 38 szie

¥45,000+tax

(モデル身長153cm white 36size・black 38size着用)

 

humoresqueデザイナー渡辺由夏さんは

本当に美しい布を見極めることが出来るデザイナーの一人。

その布選びや布作りには妥協がありません。

それもそのはず渡辺さんのファーストキャリアは

白金台店舗オープンから約8年にわたり

minä perhonenと過ごしたことが大きく影響しています。

 

レーヨン・リネン・シルクそれぞれの素材が

互いをいかしあう素晴らしい三者混のシャンタン風生地。

テクスチャーのある生地が得意な群馬県桐生市の機屋(はたや)で

織られたhumoresqueオリジナルのテキスタイルです。

経(たて)糸には長繊維フィラメント糸のレーヨンを使用し

光沢や落ち感に加え着用時の肌当たりの良さを生み出します。

緯(よこ)糸にはリネンとシルク糸を交互に打ち込みます。

凹凸やネップ感のあるシルクとリネン糸の風合いが

無地の平織り布にとても豊かな表情を与えます。

一年を通じて着用可能でご自宅でもお洗濯いただけます。

 

black

前に出過ぎることのない役割をわきまえたような程よき光沢感。

お洋服に最も欠かすことの出来ないシンプルな色であるがゆえ

拘りは細部にいたりblackは染色のみ京都で行っています。

生機(きばた)に織った布を一度晒(さら)し真白にして

吊り染めという技法で手間をかけて染めています。

布を平らにした状態で染め上げることで均一に美しく染まります。

 

ややハリのある生地感をいかしながらボリュームを控えめに

絶妙な分量感のAラインシルエットでシンプルなデザイン。

イタリアを中心にハイメゾンが使用するような上質な生地。

 

(モデル身長153cm 38size着用)

TOPS:Tabrik Glitter Print Blouse with Tassels

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

HAT:Pois E「OLGA」Straw Hat

涼感のあるアイテムや生地感で夏のオールブラックコーデ。

麦わら帽とゴールドの箔プリントに肌の色をさりげなく合わせて。

 

 

natural

ミルキーで優しい雰囲気のnatural。

精錬紡糸シルクではなく繭くずや残糸を集めて紡績した

副産物の色合いが混じり合うことで生まれる

自然な生成り色のシルクが淡い色を作り出しています。

適度な厚みはありますが僅かに透け感があります。

 

ウエストはゴムシャーリング仕様ポケットは両サイドに付属します。

ヘムは縁返しを大きくとってAラインシルエットを美しく。

 

(モデル身長153cm  36size着用)

TOPS:Khadi and Co「SARA」Cardigan Blouse

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

女性らしい柔らかな雰囲気なら淡色コーデ。

パウダーピンクの空気のように軽いブラウスに白のレザーシューズ。

タックイン・タックアウトはその日の気分や

合わせるアイテムで色々試しながらお楽しみ下さい。

 

 

humoresque

Silk Long Gather Skirt

dark green

36 / 38 size

¥60,000+tax

 

山梨の機屋で織られたシルクのボイルタフタ。

タフタは薄手に平織りした絹織物でハリ感が特徴ですが

超極細番手のシルク糸を使用し布に仕立てる前に

強度を保たせるための撚糸(ねんし=ボイル)を施すことで

ハリ感と柔らかさを併せ持っています。

先染めのダークグリーンはhumoresqueオリジナルカラー。

ダークグリーンだけでなくネイビーやチャコールグレーのようにも

見る角度によって印象を変えるとても深みある色合いです。

最もhumoresqueらしいのはこの高品質な生地に

あえてシワ感を入れてカジュアルに提案していることろです。

タフタのそのままの表情では見えてくることのない陰影が

より重層的な色の気配を生み出しつつ

普段着に気負わず着ることを可能にしてくれています。

薄手の生地のため僅かに透け感があります。

一年を通じての着用とご自宅でのお洗濯も可能です。

 

(モデル身長153cm 36size着用)

TOPS:Cardo Fabrica Shoulder Lace Corset Blouse

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

上質なシルクスカートをサンダルで美しく着崩して。

 

 

裾周りは3m超のたっぷりとした贅沢な要尺使い。

インドローコードを左脇で結わえるウエスト仕様。

36サイズは〜約94m 38サイズは〜約100cmまでと

生地が薄手でソフトなタフタなので大幅にサイズ可変します。

 

(モデル身長153cm 38size着用)

TOPS:UNIVERSAL TISSU Filet Lace Blouse

SHOES:Vialis Pointed Toe Raffia Mule

シルクの艶感にマットなリネンで異素材感を。

シワを気にせずにはける上品なスカート。

しかもシルクだなんて本当に素晴らしい。

 

 

本当に美しい布を見極めることが出来るデザイナー。

自身が思い描く最良の美を備える布のための魔法。

「美備(ビビ)ディ・バビディ・ブー!」

とけない魔法がかけられた美しいスカートを皆様に。。。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

 

 

TOKIHO 2019 AW Order Exhibition

2019.06.07|Blog

TOKIHO

2019 AW Order Exhibition at fūga

6月7日(金)〜11日(火)

 

 

来秋冬のサンプルが全てご覧いただけるご予約会です

 

あわせて今春夏のものを中心に多数のTOKIHOが並びます

 

また期間中はデザイナー吉田季穂氏が撮影した

モノクローム写真も展示しておりますので

短い期間となりますがどうぞお楽しみ下さい

 

「襟ィ My Love」

2019.05.30|Blog

poefuに初めてご来店いただくお客様が足を止めて

静かに思考の海に潜りそれぞれの想いに耽ける大切な場所。

「クロッシェ」・「ポワンドガーズ」・「メッヘレン」…..

200年以上も昔に作られたレースの襟やラペットを飾った壁面。

 

 

Khadi & Co

「Venus」

Double Collar Lace Blouse

white

S size

¥25,000+tax

 

大振りなレース襟はさながらアンティークのように。

輪郭を縁取るように一回り小さくした襟を二重に乗せて。

 

パネル毎の切り替えを繋ぎ留めるクロッシェレース。

マシンレースですがポッテリとした質感は

アンティークにも見劣りしない雰囲気のあるものです。

キャップショルダー風の肩線と身頃の合わせ部分

フロントからヘムラインにつながるフレーミング仕様。

ふんだんにレースを使いながらも自然体に見えるような

デザインとパターンが何気なく延長線上で出逢う素晴らしい構成。

 

キャップショルダーによるスッキリとした肩線に対して

レース下でタックボリュームを入れたラグランスリーブ。

Khadi and Coらしい秀逸なスリーブデザインです。

 

PANTS:FIR MUM Interresting Pocket Wide Pants

SHOES:Vialis FOR poefu Pointed Toe Sandal

HAT:Pois E「BOLD」BAO Roll Brim Hat

BAG:minä perhonen「anemone」Lesson Bag

チノパンツやデニムなどデイリーに欠かせない

メンズライクなパンツにシンプルコーデで十分な可愛さ。

何枚あっても困らない白シャツのバリエーションを

ワードローブに加える感覚で取り入れてほしい一枚。

 

カディ。

織機にかけることが出来ないほどに高番手の細い糸で織られた

世界中のデザイナーや作家を魅了し続ける

手工業が盛んなインドが世界に誇る手紡ぎ手織りの生地です。

一般的なカディコットンに比べてリネンのようなハリ感がありますが

おそらくクロッシェのレースリボンを縫製しやすくするために

生地段階で糊付けをしていることでのハリ感と推測します。

一度お洗濯をするだけで柔らかなカディの風合いが蘇ります。

デザイナーであるベスニールセンがブランド名に選ぶほどの

カディの軽さと着心地の良さを是非体感してみて下さい。

 

SKIRT:Pois E FOR poefu「OPERA」Skirt Cotton Charcoal

SHOES:R.U.「Sue」Long Vamp Shoes

BAG:minä perhonen「memoria」egg bag

フェミニンな雰囲気ならもちろんスカートに。

ヘムラインのレースを見せたいのでタックインは無しで。

このままでスニーカーに少しカジュアルに着崩しても。

 

 

OUTER:Tabrik Asymmetry Hem Onepiece 薄墨

SHOES:beautiful shoes Barefoot Sandal

ブラウスのアンティークの雰囲気に寄せてTabrikを。

6月はたくさんのTabrikをご紹介予定です。

 

「襟って何なんでしょうね…」

そうTOKIHOデザイナーが呟いた疑問の直後の

「襟ィ My Love」

どちらも大好きなpoefuは欲張りかもしれませんが

お洋服は本当に奥が深くて楽しいものですね。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

 

 

 

5月のお休みと企画展と入荷情報

2019.05.30|Blog

5月の店休日・・・7日(火)8日(水)14日(火)17日(金)

5月1日(水)は15時〜の時短営業となります

 

企画展

○『poefu4畳half』at 赤坂蚤の市

4月29日(月祝)

(4月29日西荻窪の実店舗は店休日となります)

 

○『all you need is life』at fūga

「ANSPINNEN」「fruits of life」pop up shop

5月4日(土)〜6日(月祝)

 

○『アルペジオ』at poefu

「yasuhide ono」作品展

5月18日(土)〜26日(日)

 

 

入荷情報

5月30日(木)

ONLINESHOP

○Khadi and Co

・ダブルカラー レースブラウス

 

5月28日(火)

ONLINESHOP

○susuri FOR 姉妹伴

・ハイドワンピース

 

5月24日(金)

ONLINESHOP

○TOKIHO

・「SOLO−Ⅳ」コットンシルクグログランワンピース

 

fūga

○humoresque

・コットンシルクギャザーショートスリーブブラウス(sold)

・イタリーコットンワイドパンツ

・レーヨン リネン シルク ギャザースカート

・シルクロングギャザースカート

 

poefu

○UNIVERSAL TISSU

・フィレレースリネンブラウス

・フィレレースリネンワンピース

・フルギャザーブラウス

毎夏ご好評をいただいている「可愛いだけじゃダメかしら?」シリーズ

デイリーに欠かせないアイテムを是非お楽しみください

 

 

5月23日(木)

poefu

○susuri FOR 姉妹伴

・ハイドワンピース

今春夏も姉妹伴で別注したsusuriの隠れた名作ワンピース

ONLINESHOPでもご紹介予定なので楽しみにお待ち下さい

 

5月19日(月)

ONLINESHOP

○Pois E

・「VIOLA」BAO Canotier

・「CONSORT」PARABUNTAL Hat

 

5月16日(木)

ONLINESHOP

○minä perhonen

・「cuddle」レザーパース・ポーチ・バッグ

 

5月14日(火)

ONLINESHOP

○humoresque

・シルクシャーリングパンツ

 

5月13日(月)

ONLINESHOP

○Pois E

・「OPERA」スカート

fūga

○humoresque

・シルクシャーリングパンツ

素晴らしい履き心地のシルクのインナーパンツ

是非一度お試しください

 

5月12日(日)

fūga

○kaval

・ハイカウントローン オープンギャザーカシュクールワンピース

・ハイカウントローン サルエルワンピース

・ハイカウントシルク オープンギャザーワンピース

poefu

○UNIVERSAL TISSU

・リネンフルギャザーブラウス

毎春夏ご好評いただいているブラウスが5色展開に

今シーズンも「可愛いだけじゃだめかしら」をお楽しみください

 

5月10日(金)

ONLINESHOP

○TOKIHO FOR poefu

・「PRESENCE-Ⅱ」コートワンピース

 

5月1日(水)

fūga

○kaval

・ハイカウントラミー オープンギャザーワンピース

○minä perhonen

・「cuddle pouch」calf skin

・「cuddle pouch」forest parade

・「cuddle purse」calf skin

・「cuddle purse」forest parade

待望のカーフレザーの「cuddle」シリーズ

「cuddle bag」は入荷までしばらくお待ち下さい

○khadi and Co

・「VENUS」レースカラーブラウス

今春夏お気に入りのアンティークのような佇まいのブラウス

是非店頭でご覧ください

○TACHINO CHIE

・「OCULI」ボタンシューズ

立野さんのお靴の取扱いが始まりました

美しさとともに素晴らしいフィッティングもお楽しみください

○beautiful shoes

・「MARYJANE」ワンストラップヒールシューズ

・「BAREFOOT SANDALS」