Now Loading...

Blog

SILVER & GOLD

2017.01.09|Blog

dsc_0233-2

Tabrik

Glass Beads mini bag

silver / gold

one size

¥18,000+tax

 

キラキラとガラスビーズが並ぶ巾着タイプの小ぶりなお鞄。

フランスのアンティーク巾着鞄から着想を得ていますが

Tabrikらしくどこか時代も国籍も不明な独特な雰囲気が漂います。

 

dsc_0235-2

とても拘りのあるベース布はこの鞄のために作られたオリジナル。

細番手のリネン糸を二本取りにしたものと

無数のビーズを通したポリエステル糸を

ニット用の手横編機でじっくりと時間をかけてボーダー状に編んでいます。

 

dsc_0241-2

人力に頼ることで細かな制御が可能な手横編機に拘る理由は

アンティークと同じ時代背景の理想的な編み地を実現することで

メゾンで仕立てたような高級感のある仕上がりになるからです。

 

dsc_0131-2

dsc_0130-2

とても小さなサイズ感に映りますが

携帯電話と小さなお財布が収納できる大きさです。

 

dsc_0233-2

普段使いだけでなく二次会やフォーマルなシーンにも。

和装にも似合いそうなのは無国籍な表情のTabrikならではです。

 

SIVER & GOLD アクセサリーを選ぶ感覚で

お好みのお色をお選びください。

 

ONLINESHOPでもご購入いただけます。

是非ご利用ください。

 

12月の入荷とONLINESHOP

2016.12.23|Blog

12月23日(金祝)

EEL より

クベルコートが入荷しました

CHRISTIAN PEAU より

完売しておりましたレザーバッグが再入荷してまいりました

 

12月18日(日)

ONLINESHOP

○ジョンストンズカシミアニットキャップを2点アップいたしました

 

12月16日(金)

○fūga

EEL よりサクラコート・サクラコート藍をこめて

ironari by EEL よりノーカラーサクラコートが届きました

(FOR poefu サクラコート八千代は1月中頃を予定しております)

Needles よりヒザデルパンツ

Needles Sports Wear より

マイクロリップストップ ツイスト バルーンスカートが入荷しました

春にして君を想うEEL名作サクラコート来春もお楽しみください

 

12月15日(木)

○ONLINESHOP

Itoi collection by YURI PARK ファーカシミアニットをアップしました

12月12日(月)

○ONLINESHOP

TOKIHO ウールリネンショートコートをアップいたしました

 

12月10日(土)

○ONLINESHOP

Tabrik 4タッセルレースリバーシブルスカートをアップいたしました

 

12月8日(木)

○poefu

Tabrik より

ウールニット×リネンワンピース・ベルベット×リネンワンピース

ニットソーガウンコートなどが入荷しました

Tabrikのブランドを象徴する面白い切り替えや

袖先のボリュームが可愛いニットガウンコート

是非店頭で御覧ください

 

12月6日(火)

○ONLINESHOP

EEL エレベストをアップいたしました

○fūga

サイズ欠けしておりましたDANSKO Professionalが入荷しました。

 

12月3日(土)

○ONLINESHOP

ジョンストンズ オブ エルガンより

カシミアニットロンググローブをアップいたしました

○poefu

evam eva よりraising linen robeが入荷いたしました

少し早い梅春物ですが冬はコートのライナー代わりにも

とてもおすすめなローブです

 

素敵な言い訳

2016.12.18|Blog

2016年も残すところ2週間となりました。

12月に入ってからお客様からお聞きすることの多い

「一年頑張った自分へのご褒美に」という素敵な言い訳。

その素敵な言い訳を理由にお気に入りのお品物を

poefuで選んで頂けることを心から幸せに思います。

 

dsc_0779-1

Johnstons of Elgin

Cashmere Rib Knit Hat

grey / charcoal grey

Free ( one ) size

¥11,000+tax

 

1797年の創業から220年に渡りカシミアを中心に

織物やニット製品を作り続けるファクトリーブランド。

その長い歴史の中には名だたるデザイナーズブランドの

ニット製品を手がけてきた実績がありHERMESもそのひとつです。

お洋服屋さんになったころからずっと変わらない憧れのブランドです。

dsc_0791

畦のように凹凸のあるリブ編みは柔らかな伸縮で

頭を締め付けること無くちょうどよいくらいのフィット感です。

 

dsc_0836

dsc_0833-1

シンプルで飽きの来ないデザインだからこそ上質な本物を選びたい。

きっとそう思って頂けるカシミアリブニット。

カシミア素材のニットキャップは冬の乾燥する肌が敏感になる

これからの季節に最も重宝します。

 

 

 

dsc_0783-1

Johnstons of Elgin

Cashmere Pom Pom Rib Knit Hat

light brown / ecru

grey / black / navy

Free ( one ) size

¥15,000+tax

 

dsc_0785

dsc_0792

ニットで仕立てたポンポンがとても贅沢なタイプ。

どこかノスタルジックで秋冬らしいあたたかみのあるデザイン。

 

dsc_0846-1

dsc_0858-1

dsc_0853-1

dsc_0878-1

dsc_0867-1

ポンポンの重みで少し後ろに下がるデザインなので

かぶる深さでシックリとくる位置を見つけてみてください。

 

本格的に「寒くなるから」という大切な言い訳に

ジョンストンのカシミアなら「永く愛用できそうだから」

そんな最高の言い訳もしやすいはずです。

素敵な言い訳をたくさん見つけながら

たくさんのお気に入りを見つけてください。

 

ONLINESHOPでもご購入いただけます。

是非ご利用ください。

 

全然違う

2016.12.17|Blog

kavalというブランドに運命的な出逢いを果たした日

疑問に感じ何度も聞いてしまったこと。

「どうして1から全ての生地を作り出すのか?」

kavalのお洋服作りは糸一本から選び出すことから始まるのです。

ミナペルホネンが一からテキスタイルを作り出す理由は

もちろん「絵柄」や「図案」を表現するためだからです。

毎シーズンkavalのコレクションに欠かせない

タイプライタークロスをはじめとした白いブラウス生地を

1から作り出すのは他ブランドにはあり得ないことです。

それは例えるなら白いコピー用紙を一から作るようなもの。

 

私の質問にデザイナーはこともなげに答えます。

「全然違うものになるからです」

 

未熟な私にはkavalで使用するタイプライタークロスの違いを

まだまだ雄弁に話すことは出来ませんが

この生地はこの世には存在し得ない明らかに「全然違う」もの。

そんな「全然違う」生地で仕立てたスカートのご紹介です。

 

dsc_0436-1

kaval

Wool Linen Herringbone Skirt

beige

Free ( one ) size

¥42,000+tax

(モデル身長153cm サスペンダーは別売りになります)

 

dsc_0717-1

まるでアンティークの布を見ているかのような

ウールリネンのヘリンボーン。

メーカーの色表記はbeigeとありますが

マスタードのような深みのある色合いです。

生地に近づいて見てみましょう。

 

dsc_0912-1

dsc_0913-1

dsc_0914-1

不思議なことにベージュはもちろんマスタード色が見当たりません。

カーキやブラウンの多色メランジが紅葉した秋の山野のように

美しい色調和を奏でながらこの生地全体の色を作り上げているのです。

 

今回もウールリネンの混紡生地ですが

TOKIHOで感じたカリカリとしたドライタッチではなく

しっかりとした打ち込みでジャケットやコートにも使えるくらいの

地厚さとウエイトにもかかわらず

柔らかさと生地そのものにふくらみのある生地感です。

ご自宅でのお洗濯が気軽に出来るので

どのように育っていくのかも楽しみのひとつになりそうです。

 

dsc_0399-1

dsc_0473-1

とてもスッキリとしたウエストマークから

イン・アウトの2タックが作り出すとても美しいAライン。

ブレイシーズスタイルと呼ばれる前後に6つの

サスペンダーボタンが付属するとてもクラシカルなデザイン。

 

dsc_0400-1

dsc_0480-1

dsc_0481-1

サイズ調整をするためのアジャストバックルと

前かがみの運動量を考慮したV字型の腰帯。

機能とデザインが一体化した作りになっています。

そして何よりもどの角度から見ても美しいシルエットです。

 

dsc_0433-1dsc_0434-1dsc_0437-1dsc_0426-1dsc_0427-1dsc_0425-1

dsc_0424-1

生地の柔らかさがドレープにより一層美しく見せてくれます。

 

dsc_0491-1

OUTER:evam eva Raising Linen Robe

INNER:evam eva Cashmere Knit Tunic

SHOES:R.U One Lace

腰回りがスッキリとしているので

細身のアウターと合わせても綺麗です。

ヘリンボーンの素朴さを着丈の長い

リネンローブの黒が引き締めてくれます。

 

dsc_0506-1

OUTER:TOKIHO Wool Linen Short Coat

INNER:evam eva Cashmere Knit Tunic

SHOES:R.U One Lace

お手持ちのアウターの長さもシルエットも様々。

スカートの見える長さが変わるだけですが

アウターを主役にするかスカートを主役にするかで

存在感のあるスカートなだけに印象は大きく変わると思います。

 

dsc_0454-1

OUTER:EEL EREVEST

INNER:evam eva Cashmere Knit Tunic

SHOES:OFFICINE CREATIVE brown

インナーはそのままにアウターとシューズを変えて。

秋冬にしか楽しめない色合わせやコーディネートを。

 

dsc_0467-1

OUTER:INVERALLAN FOR poefu 4A Special

INNER:evam eva Cashmere Knit Tunic

SHOES:OFFICINE CREATIVE brown

エレベストを手編みのニットに変えて。

ニットONニットのフォークロア調の着こなしは

クラシカルな表情のスカートに良く似合います。

 

あえてインナーを同じに印象の異なる着こなしでご紹介をしてみました。

 

dsc_0434-1

一から作り出されたこの「全然違う」生地と同じで

合わせるものによって見え方も「全然違う」ものになります。

たくさんのお洋服があるはずなのに同じようなものがあふれる時代。

kavalにしか作り得ない「全然違う」を是非体感してみてください。

 

ONLINESHOPでは詳細にご紹介しております。

是非ご利用ください。

 

沈黙のわけ

2016.12.15|Blog

日本国内で初めてカシミア糸を紡績した東洋紡糸。

イタリアに拠点を置きニットデザインを専業してきたYURI PARK。

ニットに欠かせないカシミア紡績の国内随一の紡績会社と

ニットに魅了されニットをこよなく愛するデザイナーとの出会い。

最高の素材と最高のデザイナーとのコラボレートブランド

「糸衣」(いとい)。

 

突然のブランド休止から1年。

今秋冬「糸衣」は全てを一新し新たなブランドとして

私達の目の前に現れました。

 

展示会にはデザイナーYURI PARKさんをはじめ

東洋紡糸の社長さんも接客にあたります。

これまでの糸衣の展示会とは全く異なる

不思議な緊張感に展示会場は包まれています。

 

これまでの「糸衣」とは全く異なるコレクション。

まだ世に出ていないカシミア糸やスーパー160メリノウールなど

見たことも触れたことも無い言葉を失う高品質なニット糸。

 

その中でひときわ目を引いたカシミアニットのご紹介です。

 

dsc_0547-1

Itoi Collection by YURI PARK

Fur Cashmere Whole Garment Knit

blue / camel / black

¥38,000+tax

(モデル身長153cm)

 

dsc_0737-1dsc_0744-1dsc_0745-1

新品種交配をしていない原種のカシミア山羊だけに拘り

SAPNAAと呼ばれるバルキーな糸を使用しています。

もちろん東洋紡糸オリジナルのカシミア糸です。

 

展示会での所見はカシミアでは無いという予感。

本来ニットで毛羽立っているのはシェットランド羊や

アンゴラ兎やモヘア山羊の獣毛ニットが一般的で

元々が肌触りの良いカシミアを毛羽立たせる理由はありません。

ただ触れた瞬間にカシミアであることが分かるうえに

明らかにそこにはこれまで触れてきたカシミア以上の

極上の肌触りがあります。

 

dsc_0558-1

YURI PARKのニットデザインは大きくふたつに分かれます。

手横編機と呼ばれる手作業で生み出されるコレクションと

胴周りに縫製が無いホールガーメント手法のコレクションです。

このニットにはホールガーメントが採用されています。

 

dsc_0810-1dsc_0811-1

もともとは立体的な身体のシルエットに合わせて

着る人の形に馴染んでいくホールガーメント。

縫製箇所が無いということでストレスも少ないという

特徴も併せ持った拘りの製法のひとつです。

 

dsc_0735-1

dsc_0553-1

やや着丈の長いAラインシルエット。

極上のニット糸の柔らかさはもちろんですが

肩線の丸みはYURI PARKデザインの得意とするところです。

 

dsc_0561

OUTER:evam eva Raising Linen Robe

PANTS:evam eva Not Skirt But Pants

SHOES:R.U One Lace black

起毛感のあるあたたかな風合いのニット。

冬場の寒色はさし色として使いやすくおすすめです。

 

dsc_0582-1

元々が肌触りの良いカシミアをあえて起毛させた理由。

ファーカシミアと名付けられた製品は毛皮をイメージしています。

カシミアは獣毛の中でも最も繊細な繊維の一つです。

毛羽立ちが起きやすく繊細な毛が絡み合うのもそのためです。

カシミアの特性をあえて逆手にとって加工を施すことで

表情製の豊かさと手に触れた際の感動的な肌触りを生み出しています。

 

dsc_0589-1

dsc_0585-1

STOLE:Studio Donegal Donegal Tweed Stole

SKIRT:Tabrik 4 Tassel Lace Skirt

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

温かみのあるキャメルにアイルランドのドネガル糸で織られた

素朴な大判ストールを合わせて。

秋冬らしい色合いをモノトーンの足元で引き締めて。

 

 

dsc_0812-1

dsc_0817-1

dsc_0819

dsc_0827

OUTER:Tabrik Knit Robe Coat

SKIRT:maison de soil Silk Cotton Skirt

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

モード感のあるblackはモノトーンで。

ファーカシミアの表情がシンプルな中にも

豊かな表情性を魅せてくれます。

 

dsc_0749-1dsc_0754-1

Itoi collection by YURI PARK

Fur Cashmere Stole

camel / black

one size

¥22,000+tax

(着画像撮影次第NEWS再更新いたします)

 

一年間の沈黙のわけ。

それは未だかつて誰も見たことも触れたこともない

この世に存在しない感動域のニットを生み出そうとするための

大切な充電期間だったのだとこのニットは無言で語りかけてきます。

 

ホールガーメントニットは

ONLINESHOPでもご購入ただけます。

是非ご利用ください。

そして人生は続く

2016.12.12|Blog

今春からpoefuのセレクトに加わった「TOKIHO」。

デザイナー吉田季穂(ときほ)さんはパタンナー出身。

シルエットの美しさに反して動きやすいという

この上なき反比例。

そして「どこから見つけてくるのだろう?」

たくさんのお洋服も布も見慣れているはずなのに

まるでアンティークの布を見ているかのような

独自の感性で選ばれた素晴らしいテキスタイル。

 

今秋冬最後に届いたショートコートのご紹介です。

 

dsc_0507-1

TOKIHO

LIBERA-Ⅱ

Wool Linen Short Coat

light brown

size 1

¥50,000+tax

 

dsc_0758-1

これまでに触れたことの無いような

カリカリと乾いた手触りの独特の質感。

ウールとリネンそれぞれの素材がいかされたツイル。

わたの状態から染色されるトップ糸の様々な色が混じり合い

穏やかで優しいブラウンにグレーを混ぜ込んだような

とても奥ゆかしい色が作り出されています。

 

試着の段階では少しゴワゴワとして着心地は

敏感な方だとウールのチクチク感を

かすかに首周りなどに感じるかもしれません。

 

9月28日にご紹介した一重のワンピースコート

「ALISON」14Button Coatと同じ生地です。

 

「人生となるもの」

その時にご紹介したTOKIHOのテーマを

このテキスタイルは色濃く写します。

着はじめて1週間もするとカリカリとした質感は消え

全体がフンワリと産毛のような毛羽で包まれ始めます。

もちろんチクチクすることもなくむしろソフトな肌当たりです。

 

手を曲げる位置にはその人のクセと

共に過ごした時を写し取るようにシワが刻まれていきます。

 

インナーを変えていくことで秋口から春先までの3シーズン

長い季節に対応する素晴らしい生地に変化をしていきます。

わずか一週間でこの変化を感じ取れるので

シーズンを重ねるごとに更なる変化に興味が湧いてきます。

 

dsc_0508-1

dsc_0289-1

dsc_0390-1

スッキリとした見た目に反して

厚手のニットまで重ねることが可能です。

手をあげても突っ張ることの無い素晴らしいパターンの

袖付けはフリーダムスリーブデザイン。

襟周りはステンカラーともジャケットラペルとも異なる

スタンドカラーのようなデザインです。

 

dsc_0510-1

dsc_0511-1

dsc_0512-1

dsc_0518-1

dsc_0516-1

 

dsc_0506-1

INNER:evam eva Cashmere Knit Tunic

SKIRT:kaval Wool Linen A line Skirt

SHOES:R.U one lace black

TOKIHO同様にアンティークのような布使いの

kavalウールリネンのスカートに。

シンプルな中にも大いなる存在感のある

お洋服たちとのコーディネートに心躍ります。

 

私自身この生地のコートを今秋冬愛用しています。

TOKIHOのテーマ「人生となるもの」が

袖を通すたびにその言葉通りであることを教えてくれます。

poefuという人生の一部となりはじめた「TOKIHO」。

そして人生は続いていきます。

 

−人生となるもの−

古くからある人々の痕跡。

肖像写真、音楽、芸術、建築、家具、衣服。

それらからは、豊かな心や生きることへの責任を感じ、当時の生活を空間見たような気がします。

人々の衣類は生活の中で汚れ、当然のように破れ、

各々に直しながら、身体の一部として大切に身に着けています。

物はものを越えて、人生の断片となっていきます。

 

私は“人生となるもの”を念頭に日常のための衣服を制作しています。

汚れても破れても思い思いに直しながら、着続けてもらいたいという思いがあります。

深い感情と共にある 擦り切れた一枚の肖像写真の様に

幾度となく 人のこころに平穏をもたらした 音楽の様に

時に 日常の生活の中に光をさした 芸術の様に

住み慣れた 居心地の良い 部屋の様に

使い古され 角が落ちた 家具の様に

 

私は、その様な感情のものをつくりたいと考えます。

 

吉田季穂

 

ONLINESHOPでもご紹介をしております。

ぜひご利用ください。

 

「うまく言えませんが素敵なお洋服ですね」

2016.12.10|Blog

春からpoefuに新たに加わったブランドTabrik(タブリク)。

何か古いお洋服をベースにしているわけでもなく

メンズのように特別な薀蓄があるわけでもない。

それでいて不思議に思うのは展示会を重ねて見続けると

それぞれのお洋服に“Tabrikっぽさ”があるということに気付く。

 

Tabrikのお洋服は着る人によって感じ方は様々で

だから明確な言葉を見つけられないのかもしれません。

ただTabrikを着た人の言葉をお借りすると

「うまく言えませんが素敵なお洋服ですね」

とお気に召していただく瞬間に立ち会うことが多くあります。

 

dsc_0367

Tabrik

4 Tassel Lace Reversible Skirt

black

one size

¥36,000+tax

 

dsc_0211

シーズン毎に生地や長さを変えながらリリースされている

Tabrikを象徴するスカートです。

 

dsc_0230

両サイドに付属するタッセルレース(紐)を

カマーウエストに自由に巻きつけていくスカート。

 

dsc_0212

大きく脇下がりのあるヘムデザインは

スカートが揺れるたびに様々な表情を見せてくれます。

 

dsc_0236dsc_0237dsc_0245dsc_0233

 

dsc_0264

FIR MUMのアウターでもご紹介したことのある

日本が世界に誇る生地産地 尾州一宮のテキスタイル。

フンワリと柔らかく織られた風合いのある

下地の白が見え隠れする細やかな格子模様の織り生地。

 

dsc_0258

表裏が曖昧な生地を利用してリバーシブルで

着用できる仕様で仕立てています。

 

dsc_0260

ライトグレーで印象が大きく変えることが出来ます。

べルベットのカマーウエストやタッセルレースの

ブラックがライトグレーと対照的にとても良く映えます。

 

dsc_0370

「うまく言えませんが素敵なお洋服ですね」

 

このNEWSを書くにあたって何とかうまく言えないものかと

デザイナー手島さんに色々聞いてみましたが

本人もこのスカートやTabrikそのものを雄弁に語ることはなく

「すいません。。なんだかうまく言えなくて。。。」

はんなりとした京都弁でそう締め括られてしまいました。

 

「うまく言えませんが素敵なお洋服ですね」

春からお取り扱いを初めて2シーズン。

今はまだうまく言えませんが

このスカートが素敵なことは確かなのでどうぞお許し下さい。

 

ONLINESHOPではより詳細にご紹介をしております。

是非ご利用ください。

弟の反抗期

2016.12.05|Blog

poefuがオープンした2011年初めての冬。

店頭に並んでいた主なアウターはわずかなものでした。

nitca コクーンコートにHonneteマント。

そしてEELのエレベスト。

 

dsc_0955

EEL

EREVEST

navy / camel / charcol grey

XS〜L size

¥39,000+tax

(モデル身長153cm XS size 着用)

 

EELデザイナー高橋寛治さん

一人っ子の私にとって5歳下の弟のような存在。

企画展も別注も時には私が口にした望むお洋服も形にしてれます。

私のわがままをいつも叶えてくれる頼もしい弟。

poefu二年目の秋冬に多くの支持を得た「エレベスト」。

春夏の「サクラコート」秋冬の「エレベスト」。

その2つの名作が当時殆ど知られていなかった

EELというブランドの存在を知って頂くきっかけでした。

三年目の秋冬展示会を迎える前

「今秋冬はエレベストを作ることをやめようと思います」

可愛い弟は突然そう切り出したのです。

いくつかの理由に納得できない訳ではありませんでしたが

poefuは始まったばかり もちろん猛反対をしました。

その後も何度か説得をしたもののデザイナー高橋さんの意志は固く

惜しまれつつも廃盤となってしまいました。

いつも私の思いを必ず叶えてくれていた弟の初めての反抗期から

約四年を経てエレベストは今秋冬復活しました。

 

dsc_0198-1

navy

dsc_0208-1

 

dsc_0579

dsc_0580

INNER;Honnete Velvet Boat Neck L/S Pullover

SKIRT:evam eva Not Skirt But Pants

SHOES:DANSKO Professional Brown Brown

ネイビーと相性の良いブラウンを合わせて秋冬らしい

温かみのある色合いのコーディネート。

 

 

 

dsc_0220-1

camel

エレベストが名作と思う理由は

ひとつひとつのディテールへの細かな拘りと丁寧な作りにあります。

そして着用時のシルエットの美しさに加えて

そのものの温かさと見た目の可愛さももちろんのことです。

それでは名作を詳細に見ていきましょう。

 

dsc_0956

dsc_0954

dsc_0218-1

チンガードが立体的なフードは首と顎元をすっぽりと隠してくれます。

マフラーいらずのとても温かなフードです。

dsc_0953

立ち上がりとコロンとした丸みが可愛いです。

dsc_0219

フードは取り外しが可能です。

スポーツウエアーやアウトドアブランドのジップ着脱ではなく

あくまでもお洋服に合わせたボタン着脱の仕様です。

 

dsc_0959

フードが無いだけで全く違う見た目のとてもスッキリとした佇まい。

dsc_0215-1

直接肌があたる首周りにはそれぞれのエレベストの

三色に合わせた共色の裏地をはっています。

裏地の白を使わないのは汚れを目立たせないことにあります。

 

dsc_0211-1

裏地は高密度に織られた厚手のコットンヘリンボーン。

 

dsc_0962

dsc_0963

dsc_0217

ベジタブルタンニンで鞣された厚手のレザーループでとめるナットボタン。

ボタンもレザー色ももちろん色合わせを怠りません。

 

dsc_0210-1

比翼裏にはUNIVERSAL真鍮製ジッパーが付属します。

比翼仕立てボタン+ジップのフロント二重仕立ては

防風性能が格段にアップします。

 

dsc_0952

INNER:evam eva Azeami Moc Neck Knit (sold)

SKIRT:minä perhonen「wolf&flower」Skirt (sold)

SHOES:OFFICINE CREATIVE brown

ワッフルのような色合いが温かみのあるキャメル。

エレベストとOFFICINEのブーツとスカート。

poefuの始まった頃を思い出します。

今も変わらず大好きなコーディネートです。

メンズライクに合わせてももちろんですが

ワイドパンツやキュロットにバレエシューズやサボ。

フェミニンに着崩すこともとても簡単です。

 

 

dsc_0195-1

charcoal grey

 

dsc_0973

dsc_0974

IINER:evam eva Cashmere Knit Tunic

DENIM:minä perhonen「always」

SHOES:R.U one lace black

メンズライクなデニムに+1アイテム。

evam evaのニットチュニックで+1。

チャコールグレーとデニムの間に淡色を挟んで

女性らしい柔らかな色合わせを。

 

dsc_0603

「エレベスト」実はダウンベストではありません。

ポリエステル綿(わた)をぎゅうぎゅうに詰めて

ダウンにも劣らない保温性を持たせながら

ふくらみを抑えてあるのでとてもキレイなシルエットです。

 

dsc_0604

dsc_0608

dsc_0609

dsc_0602

dsc_0599

INNER:Honnete Velvet Boat Neck S/S Pullover

INNER:Fabrique en France Cotton Rib Turtle L/S T

SKIRT:minä perhonen 「wolf&flower」Skirt (sold)

SHOES:R.U one lace navy

GLOVE:GLEN GORDON 「あの手袋」Long

マニッシュなエレベストにはスカートがとても似合います。

袖周りが少し寒い場合は「あの手袋」や大判ストールで。

 

 

EELを代表する名作「サクラコート」幻の名作「エレベスト」。

「ベスト界の頂点を極めたい」

世界最高峰のエベレストにあやかってつけた

EELらしいお洋服の名前。

そう言って登り始めたのは2009年のことでした。

当時は誰も知らなかったEELは「サクラコート」とともに

お洋服が好きな人なら誰もが知るブランドの仲間入りをしました。

 

弟の反抗期から4年が経って今なお色褪せない名作のひとつ。

 

「ベスト界の頂点を極めたい」

弟はそんな大それたことを話しながらこう続けたのです。

「イールのベスト→イールベスト→イーレベスト→エーレベスト→エレベスト!ばんざーい!ばんざーい!」

愛すべき大切な弟はいつもそんなことばかり言っています。

お洋服は楽しいということをいつも私に教えてくれる弟。

EELと共に EELと伴に EELと友に。

 

ONLINESHOPではより詳細にご紹介しております。

メンズサイズも少しご用意しておりますので

大切な方への贈り物にもぜひご検討ください。

 

雲の毛布にくるまりたい

2016.12.02|Blog

デザイナー自らが一本の糸を選び出すことから

布を作り出しお洋服に仕立て上げる。

ひと目ではわからない途方もない時間と手間をかけて

作り出されるkavalのお洋服たち。

 

厳選した最高品質の毛糸を使って

柔らかく柔らかくゆっくりと編み立てて

洗いをかけて更に柔らかく仕上げたニット。

dsc_0179-1

まるで雲の毛布にくるまれているような着心地は

着ていることを忘れてしまうくらいに軽くてあたたかくて。

 

dsc_0170-1

カシミア80%セーブル20%混紡。

古くから高級毛皮として知られるイタチ科のセーブルを

毛糸使いで贅沢に混紡したkavalらしいニット糸。

 

 

dsc_0135

kaval

Cashmere sable Knit Long Cardigan

charcoal grey

one size

¥58,000+tax

 

dsc_0161-2

ポケット付きのAラインロングカーディガン。

ユニセックスで男女ともに着て頂ける

とても自由度の高いワンサイズです。

 

dsc_0121-1

dsc_0123-1

ゆとりのあるシルエットと柔らかな生地感のドレープが

美しいニットのコートのような佇まい。

 

dsc_0126-1

dsc_0128

 

dsc_0136-1

末広がりから裾周りでわずかにすぼまるバルーンシルエット。

dsc_0137

INNER:n100 Fine Cashmere Border Round Neck T

PANTS:FIR MUM Swim Wear Latine Semi Wide Pants

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

全体をモノトーンにしてシンプルに。

一枚のニットカーデが主役の存在感で。

 

dsc_0345-1

真冬の訪れの前に重ね着を存分に楽しんで。

インナーを問わない伸縮性の豊かなニットはその日の気分で。

鮮やかな赤のTabrikのリネンローブは襟元をしまいこんで

フロントと裾周りのポイント使いレイヤード。

dsc_0352-1

dsc_0366-1

OUTER:Honnete Italian Melton Shawl Collar Coat

INNER:Fabrique en France Cotton Rib Turtle Neck T

INNER:Tabrik Linen Twill Dress

PANTS:evam eva Wool Knit cache-coeur Tuck Pants

SHOES:DANSKO Professional Brown Brown

カシミアセーブルの温かなニット。

確かな温かさがコートのうちがわで

主役に負けない名脇役ぶりを発揮します。

 

雲の毛布にくるまれる幸せを味わってください。

 

ONLINESHOPでもご紹介をしております。

是非ご利用ください。

 

デニムよりも使える水着

2016.11.30|Blog

デニムよりも使える水着

もちろん本日も水着のご紹介ではありません。

 

本来は水着に使う糸を使って織られた

ほぼ一年を通して着用頂けるパンツのご紹介です。

 

dsc_0151-1

Swim Wear Ratine Almighty Pants

black

XS

¥24,000+tax

(モデル身長153cm )

 

dsc_0161

本来は水着に使う糸を「編み物」ではなく

あえて「織物」として仕上げています。

独特のハリ感と鈍いツヤのあるラチネと呼ばれる織組織。

縦横の双方向に伸縮する着心地の良いストレッチ生地です。

 

dsc_0144

生地のハリ感をいかしたセミワイドシルエット。

体型を問わず色々なお洋服にもあわせやすいくらいの

適度なゆとりのあるシルエットと言えます。

dsc_0145-1

 

 

dsc_0256-1

3タックのウエストはゴムシャーリング仕様ですが

腰帯をきちんと作っているのでウエストマークがスッキリします。

dsc_0252-1

膝下からやや内側にテーパードしたR曲線と

股上実寸は約60cmと驚きの深さですが

一番内側のタックで前がせりだして

股下部分は中へ入る優れたパターン構成です。

 

 

dsc_0142-1

もう一度見てみましょう。

一番内側のタックで前がせりだして

股下部分は中へ入る優れたパターン構成ですが

お分かりいただけますでしょうか。。。

 

 

dsc_0257-1

背面にはフラップ付きのポケットがひとつ付属します。

FIR MUM とNO CONTROL AIRのパンツに多く見られる

片側だけのアシンメトリーデザイン。

平置きしてみるとヒップ部分が

とても立体的に作られていることが分かります。

 

dsc_0149-1

着画像で見るとそれは更に良くわかります。

 

 

デメリットを色々と考えてみたのですが

適度な生地厚があることで

“真夏だけが少し暑そうかもしれない”

ということだけでしょうか

ただ本来は水着の糸で織られた生地ですから

何も気にすること無く洗濯機でざぶざぶと洗えるので

本当に暑い真夏の時期だけということになりそうです。

 

dsc_0223

水着糸を織ったこの生地のもうひとつの魅力が撥水性です。

雨や梅雨時期にもおしゃれを楽しんで頂けるパンツです。

 

 

dsc_0150-1

OUTER:nitca FOR poefu「美しきだまし絵」Jacket Short

INNER:n100 Fine Cashmere Border Round Neck T

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

カジュアルになりがちなイージーパンツですが

きれいめのお洋服やお仕事でのきちっとした印象でも。

 

dsc_0138-1

OUTER:kaval Cashmere Sable Knit Long Cardigan

INNER:n100 Fine Cashmere Border Round Neck T

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

インナーやお靴をそのままに

ジャケットからニットのロングカーディガンに変えて。

上着で印象がガラッと変わって見えるのは

パンツが主張をしすぎていない万能で合わせやすい証拠です。

 

dsc_0155-1

OUTER:evam eva Wool Short Coat

INNER:n100 Fine Cashmere Border Round Neck T

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

パンツを印象づけるにはショート丈のアイテムを。

今秋冬店頭では一番ご好評をいただいている

「5年分の宿題」ことevam evaの温かいショートコートを。

ワイドパンツだけでなくスカートにももちろん。

 

dsc_0157-1

OUTER:UNIVERSAL TISSU Tweed Shop Coat

INNER:n100 Fine Cashmere Border Round Neck T

SHOES:OFFICINE CREATIVE FOR poefu navy

インナーとシューズはそのままで

ツイードのメンズライクなショップコートで。

このパンツがとてもコーディネートしやすい理由は

合わせるアイテムとの異素材感が出るからです。

この時期はウールやカシミアなどと合わせることで

コーディネートに素材の抑揚が出てくれます。

dsc_0158-1

あえて少し光をあてて素材感を見てみましょう。

ウールや革靴との素材感の違いがとても良い感じです。

 

真夏の暑すぎる時期以外の長期間を着ることが出来て

雨や梅雨時期さえもオシャレなままでいられる。

汚れても洗えばすぐに乾くので旅のおともにも。

普段着だけでなくキレイ目にもお仕事にもオールマイティな優れもの。

 

もしかするとデニムよりもずっと登場回数が多くなりそうな

水着の糸を使用したちょっと変わっているだけのパンツです。

 

ONLINESHOPではより詳細にご紹介しております。

是非ご利用ください。