Now Loading...

NEWS

側面から生まれたB面

2018.10.04|Blog

ヘムレンシャツワンピースと対を成すワンピース。

ヘムレンシャツワンピースを仮にA面とするならば

それはまるでB面の隠れた名曲のようなワンピース。

 

susuri

Donor Onepiece

burgundy / garter blue

M(one)size

¥35,000+tax

 

継続的にリリースされる定番アイテムが少ない

susuriコレクションの中で4シーズン目を迎える

デザイナー自身お気に入りのドナーワンピース。

 

bargundy

ヘムレンシャツワンピースと同じく生地そのものは変えず

毎シーズン色のみ変化するドナーワンピース。

深みのある赤系の中に程よいブラウンの気配が

秋の風情を優しく感じさせてくれます。

 

ドロップショルダーに肩下がりの曲線。

ゆとりのあるサイズ感は重ね着を容易にしてくれつつも

脇下でゆるやかなシェイプを入れ美しいAラインを描きます。

 

シャツワンピースが得意なsusuriらしい

どの角度から見てもシルエットの良さがあります。

 

 

共布で仕立てたドローコードのループと脇線の間

パネルのパターンメイクが身体の側面を包み込みます。

立体の身体を二枚の布で挟みこむのではなく

四枚の布でより自然に立体に沿うように仕立てられています。

 

 

ドローコードで結わえてのブラウジングスタイル。

ハリ感のあるタイプライタークロスの直線的な印象に

ギャザーや曲線で柔らかな雰囲気が加わります。

 

 

右前身頃裏に隠された秘密のループ。

 

左前からコードをループに通し元に戻って

左前だけをブラウズしながらコードを結わえて着こなします。

 

アシンメトリーなフロントの表情が

シンプルなドナーワンピースに違ったリズムを与えてくれます。

 

アシンメトリーなフロントのままローブコート羽織って。

 

OUTER:TOKIHO FOR poefu

「LIGHTNESS-V」Wool Linen Coat

INNER:Pois E「PAZ」Linen Robe Coat

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

長め丈を利用してモノトーンからボルドーをのぞかせて。

一枚のワンピースとしてはもちろん

一年を通して様々な着こなしでお楽しみいただけそうです。

 

 

パリっとした生地感が特徴のタイプライタークロス生地。

一年を通して着用可能な程よい生地厚です。

ヘムレンシャツワンピースが東炊きの後染めに対して

ドナーワンピースは糸から染める先染めになります。

染色に関しても両者は対をなしているようです。

 

 

 

garter blue

チャコールグレーとネイビーが行ったり来たりする

先染めならではの絶妙な中間色をねらったガーターブルー。

コーディネートがしやすいドナーワンピースが

印象的な色味でありながらより合わせやすい色合いで。

 

日々の気温変化が著しい初秋。

とは言えまだコートという程でも無い季節。

一重の羽織として大活躍します。

 

実はインナーにタップリとした分量感のこんなニットを着ています。

 

そんなインナーを着ているようには見えないくらいに

とてもスッキリとした印象のドナーワンピース。

 

INNER:ゴーシュ Baby Alpaca Crew Neck Wide Knit

PANTS:ゴーシュ カツラギ Wide Pants

STOLE:Itoi Collection by Yuri Park Cashmere Stole

SHOES:R.U.「Camille」One Lace Gillie Shoes

全体を淡い色調でまとめながら鮮やかなストールをアクセントに。

インナーのグレーにもストールのピーコックブルーにも

どちらの色調にも調和するとても便利な一枚です。

 

 

春夏秋は一枚のワンピースとしても羽織としても

冬は差し色使いのインナーとしても。

とても使い勝手の良いドナーワンピース。

 

ヘムレンシャツワンピースのような

見た目の分かりやすさや派手さはないものの

きっと色々な着こなしを楽しみながら

しみじみと少しずつ良さを感じるワンピース。

もしかするとデザイナー自身がお気に入りの理由は

静かに聴かせる通好みなB面の名曲ということなのかもしれません。

 

ドナーという名の通り元々は医療服から着想を得た

susuriデザイナーのマニアックな側面。

 

マニアックな側面から生み出された通好みなB面の名曲。

芸術の秋にしみじみと聴いてみてはいかがでしょう。

 

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用下さい。

 

9月の入荷とONLINESHOP

2018.09.28|Blog

9月28日(金)

ONLINESHOP

○susuri

・チンカラーワンピース

 

9月18日(火)

ONLINESHOP

○susuri

・ルパシカワンピース

 

9月17日(月)

fūga

○TOWAVASE

・「Permanent TOWAVASE」

リネンハンドステッチキルティングローブ

 

9月16日(日)

fūga

○Andrew Driftwood 2018 A/W start

・Balmacan Coat Tea dye (W/S/M)

・Hospital Coat Tea dye(W/S/M)

・Doggy Bag Jacket(W/S/M)

・Doggy Bag Waist Coat Tea dye(M)

今秋より本格的に展開がスタートするAndrew Driftwood

ウイメンズサイズだけでなくメンズサイズのご用意もございます

孤高の空想旅人が作る全てが1点物の作品を是非お楽しみください

○GASA*

・GASA*×ANTIPAST

『花壇のお花のスケッチ』ハイソックス

 

poefu

○Cardo Fabrica

・ラクーンウールカーディガン

アライグマの柔らかな毛並みのニットカーデ

リーズナブルで可愛いのでデイリーにどうぞ

 

9月15日(土)

ONLINESHOP

○TOWAVASE

・「Hand Smock」カディコットンハンドスモックドレス

 

fūga

○minä perhonen

・「rosy」ソックス・ハイソックス

・「choucho」ハンカチ

○NO CONTROL AIR

・テンセルコットンフィブリルノーカラーシャツ

・テンセルコットンフィブリルシャツ

・テンセルコットンフィブリル「美しさの予感」ワンピース

・テンセルコットンフィブリルDPOブラウス

いずれもNO CONTROL AIRを代表するアイテムばかりでおすすめです

 

poefu

○susuri

・ドナーワンピース

・ドナーブラウス

・ミィワンピース

○SANFRANCISCO

・キャロットパンツ

○minä perhonen

・「good old」ミニバッグ

○assiette

・東炊きコットンシルクローブ

 

9月14日(金)

ONLINESHOP

○kaval FOR poefu

・スペシャルオープンギャザーワンピース

 

9月9日(日)

ONLINESHOP

○minä perhonen

・ベビーカーフミュール

 

9月8日(土)

fūga

○GASA*

・「Becky」テントラインコート

上質でひたすらに可愛いGASA*らしいコートです

NATIVE VILLAGE

・「Sword」バルーンリブコート

上質でひたすらにカッコいいNATIVE VILLAGEらしいコートです

 

○FIR MUM

・レーヨンポリテレコT

名作おじいちゃんTともうひとつのFIR MUMの名作T

是非店頭でご覧ください

 

poefu

○susuri

・エクローグワンピース

・FOR 姉妹伴パストラルワンピース

名作パストラルワンピースは今回姉妹伴で復刻別注です

 

9月6日(木)

poefu

○ゴーシュ

・ソフトサージフライフロントジャケット

・ソフトサージロングローブジレ

・ソフトサージナローストレートパンツ

・ソフトサージウールワイドパンツ

 

9月3日(月)

ONLINESHOP

○TOWAVASE

・「Permanent TOWAVASE」シルクキルトローブコート

・「Permanent TOWAVASE」シルクキルトジャケット

 

9月2日(日)

ONLINESHOP

○CHRISTIAN PEAU

・3way レザートートバッグ

○MARINEDAY

・リネンキャンバスシリンダーバッグ

poefu

○ゴーシュ

・リーバーシブルフードダウンコート

・リバーシブルダブルブレストダウンコート

○CHRISTIAN PEAU

・3way レザートートバッグ

○ironari

・バイヤスキーシャツ

○assiette

・コットンシルクレースブラウス

○MARINEDAY

・リネンキャンバスシリンダーバッグ

 

9月1日(土)

fūga

○kaval

2018 A/W start

・タイプライタークロスオープンギャザーワンピース

・タイプライタークロススタンドカラーワイドギャザーブラウス

poefu

○UNIVERSAL TISSU

2018 A/W strat

・尾州ウールヘリンボーンスリットチェスターコート

 

 

無言のアイデンティティ

2018.09.27|Blog

ワンピース一枚を楽しむ初秋。

「今秋一番の絶景」と呼ぶに相応しいくらい

それはそれは静かな景色の中に佇む美しい一枚。

 

susuri

Chin Collar Onepiece

black

M(one)size

¥33,000+tax

 

シーズンのテーマ性とは少し離れたところで

susuriが意欲的に取り組む聖職者の衣服イメージ。

シンプルで無駄のない佇まいがそのあり方を示します。

 

身体のラインを拾わない大きく末広がる美しいAラインと

対極を成すような狭めの肩線とセットインスリーブ。

肌の露出を避け包み隠すような聖衣服のシルエット。

 

中心線からやや左に並ぶ印象的なハイネック。

まるで心の奥底にある旅先の何処の国の教会で出会ったような

既視感の引き出しを静かに開けてくるような郷愁は

具象化をいつも妨げるsusuriらしさに溢れています。

 

意図しているのか いないのか。

ボタンを外した襟元は左に大きくずれその存在感を

より大きく印象的なものにしてくれます。

 

袖口を絞り込むタックがカフスに介入するオリジナリティ。

カフスと剣ボロを一体化させたような合理性は

聖職者の制服のような佇まいをより感じさせてくれます。

 

静かな佇まいの中でささやかなおしゃれを楽しむように

沿えられた特殊加工を施した黒蝶貝のボタンは

ウエーブ加工という特殊加工を施したもの。

滑らかですがボーダーのように見える鏡面が反射します。

 

susuriらしさを象徴する背面デザイン。

背面の身体湾曲に合わせた放射ダーツですが

本来内側で綴るダーツ成形を外側にステッチアウトしています。

ブランドとしてのアイデンティティは6年の時を経て

susuriのお洋服であるということを無言で示し続けます。

 

遠州(静岡)で仕立てたsusuriオリジナルテキスタイル。

マットブラックのタイプライターネップクロスという生地。

組織はあくまでもタイプライタークロスですが

やや甘く織り上げたネップ感のある生地は

高品質なブロードのように柔らかくしなやかです。

まるでハイネックやキッチリとした肩成形から

大きく末広がる美しいドレープを生み出す

このワンピースのために仕立てられたような生地です。

 

 

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

BAG:poefu Leather Basket Bag

ワンピースのイメージに合わせてR.U.のシューズと

シェイカーボックスのようなバッグでシンプルに。

 

OUTER :susuri Rubashka Onepiece(sold)

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

ハイネックをいかした重ね着で。

もちろん一回り寒くなればカーディガンやコートを重ねて。

 

 

それはそれは静かで美しいワンピース。

どこかで見たことあるような既視感の引き出しを開ける

それでいてどこにも無いsusuriらしさに溢れた一枚。

 

無言のアイデンティティを背面に秘めた

それはそれは静かで美しいワンピース。

 

ONLINESHOPでもご紹介中です。

是非ご利用ください。

 

 

企画展「美味」

2018.09.22|Blog

9月21日(金)より始まる企画展のご案内です。

 

 

センス
その意味そのままに
=感覚的であるそれを
具体的な言葉で説明することは
とても難解であろう

時間も国境も飛び越えて
時には紀元前にまで遡り
地球の裏側のアンティークパーツたちが
一つの作品の中で巡り逢う
samulo・semenoのアクセサリー

その絶妙な集積のバランス感覚は
デザイナー宮本和昌にしか生み出せない
センス以外のなにものでもない

今回のテーマは『美味』
古来「美しい」はもっと広義であったにせよ
おいしいを「美しい味」と表現したセンスは
やはり計り知れない

このセンスという言葉にならない難題を
ファイアンスフィーヌと呼ばれる
美しきアンティークの器たちに盛り付けながら
私なりに言葉を添えてみたいと思うのです

poefu 7th anniversary
myth:7-B-1
『美味』at fuga
9月21日(金)〜30日(日)
期間中 店休日はありませんが
9月29日(土)はfugaのみ営業となります

semenoは2018A/Wコレクションのご予約会
samuloは本展に合わせて制作いただいた作品を中心に一点物の展示即売会になります
また本展ではヨーロッパのアンティークの器やビストログラスに加えてアンティークリネンを販売いたします
期間中も常設のお洋服はご覧いただけます

〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-2-3松屋ビル1階・2階
poefu(1階)fuga(2階)
13時〜19時30分
03-6913-8019/03-6913-9212

その小さな灯火

2018.09.18|Blog

今秋冬susuriがテーマに選んだのはロシア。

ロシア出身のアンドレイ・タルコフスキーの映画

『ノスタルジア』にインスパイアを受け

「Light a candle」とテーマ付けた今秋冬susuriコレクション。

 

 

「一本のロウソクの火を消すこと無く

泉を渡りきることができたならば世界が救われる」

映画の大きな主題のクライマックスに向かいながら

「映像の詩人」と評されるタルコフスキーならではの映像は

まるで夢の中の出来事のように霞にかけた

モノクロームやセピアの世界に

時折訪れる現実のように鮮明に色が現れては消えていきます。

 

 

susuri

Rubashka Onepiece

M(one)size

¥45,000+tax

 

モノトーンに浮かび上がるベージュイエローとビビッドレッド。

まるでかすかな灯りの気配が本当にそこにあるかのような

墨黒のベースと残像のように残る白のモノトーンの対比は

色の在り処を鮮明にそして強く印象づけています。

 

どこか懐かしい感覚に誘われる草木のプリント図案。

それは古い書物の中で描かれた挿絵のような雰囲気で

心の引き出しの何処かにあるノスタルジーをくすぐります。

 

美しくプリントが乗る布地は滑らかな証拠です。

生地そのものは真夏以外に着用可能な生地感で

しなやかさと柔らかさが併せもった上質な質感は

着心地の良さを視覚でも感じていただけるはずです。

「Light a candle」のテーマに沿う象徴的な

テキスタイルはもちろんsusuriオリジナル。

 

 

スタンドカラーとセンターから少し横に外した前立て。

ロシアの民族衣装に着想を得たワンピースには

今シーズンsusuriが新たに取組むブロッキングが施されます。

 

異素材感を主張するコットン別珍のブロッキング。

あえてパッチという表現ではなくブロッキングとしているのは

ベースのプリント生地の上から貼り付けているのではなく

パズルのようにそれぞれの布をパーツ縫製しているからです。

縫製工場泣かせのとても手間のかかる作業です。

 

更に詳細に見るとショルダーのブロッキングパーツは全て曲線で

肩線から袖に介入しているのでとても面倒な縫製になります。

 

一枚で仕立てられたブロッキングは肩に馴染むように美しい。

ウエスト部分はダーツでは無く外付けでアウトタックを取り

あえて見える方法でわずかにシェイプを入れたデザイン。

 

もう一度前からすーっと流れるようなさりげないシェイプ。

肩と呼応して女性らしい柔らかな曲線の連続と

ウエストタックから裾にかけての美しいスカートシルエットの

始まりを告げる予感のようにドレープの起点になっています。

 

近づいてみるとこんな感じです。

 

共布で仕立てたベルトを結わえるとクラシカルな印象に。

更に美しいドレープとブラウジングを楽しめます。

???

背面にも中心からずれた位置に別珍の前立て。

ドロシーシャツコートに始まる常に背面を意識したデザイン。

susuriのアイコンとも言えるお馴染みの背面の遊びが

さりげなく印象的で着る人を楽しい気持ちにしてくれます。

 

全てのボタンに採用されている別珍の包みボタン。

タックでつなげた袖カフには2つのボタンが並びます。

 

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

秋の訪れ一枚の美しさを思う存分楽しんで。

花柄のような甘さはなく色数も抑えているので

柄物をきてみたいという方にもおすすめな一着です。

 

OUTER:TOWAVSE「Permanent TOWAVASE」

Silk Hand Stitched Quilt Jacket(sold)

SHOES:OFFICINE CREATIVE Lace up Boots

カーディガンや短め丈のアウターでスカート使い。

 

 

まるでプルオーバーのように見える前立てデザインですが

実はフルオープンスタイルです。

 

INNER:susuri Chin Collar Onepiece

SHOES:R.U.「Jo」One Lace 2way Lace Long Vamp Shoes

秋を楽しむおしゃれな羽織ものの一枚として。

ワイドパンツやデニムでマニッシュなコーデでも◎。

 

 

 

susuriをファーストコレクションからの全て

約6年に渡り見続けていることから言えば

ここ2年のsusuriにはあきらかな変化が見られます。

 

コレクションの殆どがオリジナルのテキスタイルになり

国内の機屋を巡り染色の現場に足を運ぶだけでなく

量産に向かない個人のニット作家との共作服で

新しい既製服のカタチを表現し驚かせてくれます。

そして今回のブロッキングをはじめとして

こちらが想像しない新しい試みを毎回仕掛けて続けてきます。

 

ちょうど時を同じくして

poefuを訪れてくださるお客様から

「susuriのお洋服を見に来たのですが。。。」

という名指しのご指名をいただくことが多くなりました。

 

映画『ノスタルジア』の中で世界を救うための

ロウソクを運ぶ主人公はタルコフスキー自身を

描いているのではと評論家は分析します。

 

同時に私にはその映画の主人公とタルコフスキー

susuriデザイナーがクロスオーバーしてならないのです。

 

振り返るとその抽象濃度が高いお洋服に

言葉につまり続けたsusuriに出会って間もなくの6年前。

この映画「ノスタルジア」も同様です。

具体的な何かをつかめないままに

不思議と心に残像のように刻まれる映像美の記憶。

 

 

一本のロウソクの微かな灯火に照らされた世界。

モノクロームの中にぼんやり浮かび上がった果実は

鮮やかな赤色であったことを教えてくれます。

 

一本のロウソクの微かな灯火に照らされた世界。

モノクロームの中にぼんやりと浮かび上がったお洋服は

迷走するアパレルを救うのかもしれません。

 

ONLINESHOPでもご紹介しております。

是非ご利用ください。

 

 

...234...102030...